FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・鈴林録 5

     ←蒼天剣・鈴林録 4 →蒼天剣キャラクタ ドット絵その1;晴奈
    晴奈の話、第508話。
    逆転敗北。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……終わった、わね」
     屈強な男性の脚ほどもある石の槍を背中から突き立てられ、天狐はピクリとも動かない。
    「ええ……」
     小鈴はもう一度、心の中でレイリンに呼びかける。
    (レイリン、コレで封印できたの?)
     が、杖は応えない。いや、また小鈴の手から、杖がなくなっている。
    「……!」
     いつの間にか、天狐のすぐ前にレイリンが立っていた。
    「天狐の姉(あね)さん」
    「……」
    「あなたを、再封印します。それがお師匠から、アタシに与えられた仕事だから」
    「……」
     レイリンの周りに、ぼんやりと青白い光が集まってくる。
    「本当は、もっとお話してみたかったけど……」
    「……」
     青白い光が、天狐に伝わっていく。
    「アタシは克大火の弟子って言っても、お師匠様の詳しいコトは何も知らないの……。だからちょっと、姉さんと話してみたかった」
    「……」
     レイリンはふっと、寂しそうな顔を見せた。

     その時だった。
    「……オレから話すコトは何もねえ、お前なんか知ったコトか」
    「!?」
     天狐を貫いていた石の槍に、ビキビキとひびが走る。
    「ケ、ケケ……ッ」
     天狐の笑い声と共に、力なく揺れていた尻尾の一房がぽん、と弾けて消えた。
    「この尻尾は伊達じゃねえんだよ」
    「なっ……、ま、まだ息が!?」
     思いもよらない事態に、レイリンは慌てている。青白い光も、その輝きを鈍らせていく。
    「一房、一房が魔力結晶なんだよ、コレは……ッ! 一つ魔力に変換すりゃ……」
     石の槍は粉々になり、天狐の戒めが解けた。
    「肉体は完全復活できるってこった! 油断したな、鈴女!」
     残った八つの尻尾が毛羽立ち、紫色の光球が悠々と立ち上がった天狐の前に形成される。
    「『ナインヘッダーサーペント』!」
     光球は九つの稲妻へと変化し、目の前のレイリンを撃ち抜いた。
    「ひっ……」
     ジャラララ、と甲高い音を立てて、レイリンは弾き飛ばされた。
     音を立てたのは、彼女が体中に身に付けていた鈴の音だった。

     呆然とする小鈴たちを見て、天狐は悪辣な笑みを浮かべた。
    「そー言やさぁ、そこのエルフさんよぉ」
    「あ……う……」
    「散々オレのコト、バカにしてくれてたよなぁ?」
    「ひ……」
    「忘れたとは、言わせねーぜ?」
    「あ……」
     家宝であり、長年愛用してきた魔杖であり、かけがえのない友人のように思っていた「鈴林」を失い、小鈴の思考はとめどなく乱れていく。
     天狐の問いかけに最早、まともに答えられる状態ではなかった。
    「たっぷり……、落とし前付けてもらうぜ……!」
    「い……、いや、いやああっ……!」



    「む、……?」
     自分たちの周囲の空気が変わったことに、晴奈は気付いた。
    「……」
     明奈たちも気付いたらしい。
    「また、ワープしたようですわ」
    「そうらしいな。……!」
     晴奈はトマスを置いてきたことを思い出し、慌てて駆け出した。
    「トマス!? どこだ、トマス!」
     だが、廊下の様子は明らかに様変わりしており、トマスたちの姿はなかった。
    「……しまった……!」
     晴奈の脳裏に、あのトゲ虎たちに襲われ、喰われるトマスたちの様子が浮かんできた。
    「何と言う不覚……!」
     晴奈の顔から、血の気が引いていった。
     と――。
    「晴奈……、晴奈……」
     どこからか、自分を呼ぶ声が聞こえてきた。
    「誰だ……?」
     女の子の声であり、トマスたちでは無さそうだった。また、明奈たちの声でもない。
    「来て……早く……」
     廊下の少し先から、その声はする。晴奈は一度、明奈たちに無言で顔を向ける。
    「……」
     明奈もフォルナも、無言でうなずいて返す。三人は、声のした方へと進んでいった。
    「……お主は」
     そこに倒れていたのは、レイリンだった。
    「天狐の姉さんにやられちゃった、アハハ……」
    「姉さん? どう言うことだ?」
    「ゴメンね、説明する気力、ないの。……送るから、姉さんを何とかして」
    「……天狐の元へと、行かせてくれるのか」
    「うん。……いいトコまで行ったんだけど、倒せなかった。……後残ってるの、晴奈だけだから。お願い……」
    「……相分かった」
     そう答えた途端、晴奈の姿はそこから消えた。
    「お姉さま……」
     残された妹たちは、倒れたレイリンに問いかける。
    「あなたは、大丈夫ですの?」
    「……ギリギリ……かな……。もし晴奈が……やられちゃったら……全滅するかも……」
     それだけ言って、レイリンは目を閉じた。
    「あ……」
     残ったのは、鈴の大半を失って黒く錆びた、「鈴林」だった。

    蒼天剣・鈴林録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・鈴林録 4】へ
    • 【蒼天剣キャラクタ ドット絵その1;晴奈】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    天狐の実力は一応、彼女の努力の賜物です。
    単にこの場合、他者を舐めてかかっています。
    驕るのは克一門の特色なのかも。

    NoTitle 

    馬鹿でも偶然にも力を掘り当てた・・・というのが正しいのですかね。この類は。自らの努力で真なる力を手に入れた…わけではなさそうですね。そういう力は大体暴走して自滅するものですが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・鈴林録 4】へ
    • 【蒼天剣キャラクタ ドット絵その1;晴奈】へ