FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・調伏録 1

     ←キャラ紹介;トマス、ネロ、ジーナ(第8部) →蒼天剣・調伏録 2
    晴奈の話、第509話。
    真打登場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「よくも散々、けなしてくれたな……! テメエだけは絶対、この場で消し飛ばしてやるッ!」
     天狐は語気を荒げ、小鈴へとにじり寄る。
    「いや……、いやっ……」
     小鈴は顔面蒼白になり、後ずさる。
    「くそ……!」
     バートが背後から散弾銃を撃ち込もうと構えたが、天狐が振り返ってギロリと睨みつけ、それを止めさせる。
    「一々邪魔してくんじゃねえよ……! お前はそこでじっとしていやがれ!」
    「うっ……」
     その真っ赤な瞳に射抜かれ、バートは立ちすくむ。ジュリアも銃を構えかけていたが、天狐の威圧に気力が潰され、腕が上げられない。
    「さあ、死ね……!」
     天狐は右手を振り上げ、呪文を唱え始めた。

     が、途中で詠唱をやめ、振り返る。
    「……ん……?」
     天狐はきょろきょろと辺りを見回し、警戒した表情を見せる。
    「まだ、オレに刃向かうヤツがいるのか……?」
     天狐は小鈴に背を向け、苛立たしげに叫んだ。
    「いい加減にしやがれ! いい加減、諦めて大人しくしとけや、あぁ!? オレサマにゃ誰も、勝てやしねえんだよ!
     姿を見せやがれ、そこの火ぃ点いてる女!」
     火、と聞き、小鈴の困惑を極めた頭に理性が戻ってくる。
    「せ、晴奈……?」
    「いかにも」
     天狐の正面から、静かに晴奈が歩いてきた。
    「何だお前、そのバカみてーに暑苦しいオーラは……?」
    「オーラ、と言うのが何かは分からぬ。だが、私の心が熱く、熱く燃え盛っているのは確かだ」
     晴奈は「蒼天」を構え、天狐と対峙した。
    「そして、この刀も」
     晴奈の言葉と共に、「蒼天」に火が灯る。それを見て、天狐は舌なめずりをした。
    「火の魔術剣か……。つくづく、オレの目も鈍ってたもんだぜ。まだこんな、骨のありそうなヤツが残ってたとはな、ケケケッ」
    「天狐とやら、一つ問う。お前は何者だ? 人間か? それとも妖怪変化、怪物の類か?」
    「どれもハズレだ。オレは克天狐、伝説の瑞獣の名を冠する、この世で最も強い『悪魔』だ」
    「悪魔、か。そして、克姓を名乗ったな。お前は『黒い悪魔』克大火と何か関係があるのか?」
    「質問ばっかしてんじゃねーよ。オレからも聞いといてやる。……お前、名前は何て言うんだ?」
     晴奈は少し間を置いて、ニヤリと笑った。
    「我が名は黄晴奈。焔流の剣士だ。腕には十分、十二分に覚えがある。相手にとって不足は無いぞ、妖(あやかし)。
     私が貴様に喰われるか、それとも貴様が私に調伏されるか。試してみるか……?」
     晴奈の挑発に、天狐もニヤリと笑って返した。
    「いいだろう。テメエも喰らって、オレの血肉にしてやらあ……!」
     天狐は八つの尻尾をバシバシと毛羽立たせ、鬨(とき)の声を上げた。
    「勝負だ、黄晴奈!」
    「望むところだ、克天狐!」

     先制したのは、天狐の方だった。
    「『スパークウィップ』!」
     天狐の掌から何筋もの稲妻がほとばしり、晴奈に向かって伸びていく。
    「はッ!」
     くい、と走る方向を変え、晴奈は電撃をやり過ごそうとする。
    「は、甘いぜッ! 電撃が避けられっかよ!」
     天狐の言う通り、避けたはずの電撃は晴奈の握る刀へと向かって曲がってきた。
    「……ッ!」
     曲がってきた電撃が、晴奈に直撃する。
    「が……ッ」
    「何だよ、いきなり終わりか? 口ほどにもねー」
     天狐は鼻で笑い、晴奈に背を向けた。
    「さて、と。さっきの続、き、……え」
     天狐の動きがビクリと揺れ、止まる。その腹からは、青白く光る「蒼天」の先端が飛び出していた。
    「ご、ごふ……っ」
    「甘く見るな……!」
     天狐のすぐ背後に、晴奈が立っていた。
    「な、何で……。直撃、したはず、だろ……っ」
     天狐は口から血をダラダラとこぼしながら、困惑した表情を見せる。
    「確かに、した。だが、気を失うほどの痛みではなかった」
     晴奈は「蒼天」を天狐の体からずるりと抜く。
    「は、う……、あ、っ」
     天狐は口と腹・背中の傷口からビチャビチャと血をこぼしながら、膝を着いた。
    「……なめ、て、たぜ、っ」
     天狐の尻尾がまた一房、弾けて消えた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【キャラ紹介;トマス、ネロ、ジーナ(第8部)】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    壮絶な死闘のはじまりです。
    剣士、晴奈の集大成とも言うべき戦いとなります。

    NoTitle 

    ・・・・ここまで来ると。
    戦闘、対決、決闘。
    それ以外に言葉はいらない。
    そういう世界になりますね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;トマス、ネロ、ジーナ(第8部)】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 2】へ