FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・調伏録 2

     ←蒼天剣・調伏録 1 →蒼天剣・調伏録 3
    晴奈の話、第510話。
    魔術斬り。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     晴奈に稲妻が直撃した瞬間――。

     魔術や物理法則に疎い晴奈は、「電撃は直線的なものであり、避けてしまえば当たるまい」と考えていた。だが電撃には伝導性――電気が通るものに近付いていく性質――がある。
     避けたはずの電撃が、くいと方向を変えて晴奈に向かってきた。
    (まずい!)
     そこで晴奈はとっさに、「蒼天」を構えた。
    「が……ッ」
     次の瞬間、びりっと言う衝撃とともに、両手の感覚が無くなる。
    (ぐああ、あ、……あ、あれ?)
     ところが、その衝撃が腕で止まる。そもそも衝撃自体がわざわざ叫ぶほど痛いとは、感じてもいない。
    (まさか、腕が焼き切れたか!?)
     しかし見てみると、腕も手も、指もちゃんと残っていた。その手は「蒼天」をしっかりと握りしめているし、握る感覚も戻っている。
    (もしかすると、この刀……?)
     晴奈の脳内に、一つの仮説が浮かんだ。



    「ケ、ケケ……! ちょっとばかり、手を抜いちまったかぁ……!?」
     天狐はまだ腑に落ちないと言う顔をしながらも、再び呪文を唱え始める。
    「今度はしっかり焦がしてやるぜぇ……! 『サンダースピア』!」
     先程の稲妻を一まとめにしたような、極太の電撃が晴奈に飛んで行く。
    「……りゃあああッ!」
     晴奈はその電撃に向かって、一直線に駆け出した。
    「へ……、お、おい、バカかテメエ!?」
     まさか真正面から向かってくるとは思わず、天狐は目を丸くした。
    「……まさか!?」
     ここでようやく、天狐も気付いた。
    「はッ!」
     晴奈は電撃に向かって、「蒼天」を振り下ろす。ほんのり紫色を帯びた雷の槍が青白い「蒼天」の刃先に触れた途端、真っ二つにされた。
    「まずっ……、『マジックシールド』!」
     電撃を割って進んだ晴奈を見て、天狐は慌てて魔術で防御する。が、この魔術の盾も、ガリガリと音を立てて引き裂かれていく。
    「もしかして、……いや、もしかしなくても、それは……ッ!」
    「いかにも!」
     完全に魔術が破られ、刀の切っ先が天狐の額を掠めた。
    「う……っ」
     血が勢い良く噴き出し、天狐の顔は見る見るうちに真っ赤になる。
    「それを作ったのはもしかしなくても、大火だな……!」
    「そうだ。『晴空刀 蒼天』、紛れも無く克大火の作だ」
    「……ケ、ケケ、あの黒子め、……ケケッ」
     天狐は顔の血を拭いながら、ケタケタと笑っている。
    「その刀、魔術まで切り裂ける。……そう、だな?」
    「どうやら、そのようだな」
     血を拭い終えた天狐はひょいと後ろに跳び、晴奈と距離を取る。
    「最初の一撃も、大部分が斬られてテメエ自身にほとんど届かなかったってワケか。
     ……半端な攻撃魔術じゃ、無意味ってワケだ」
     そう言って、天狐はパン、と胸の前で手を合わせた。
    「でもな、神器造りは大火の専売特許じゃねーぞ! 出でよ、『混世扇 傾国』!」
     合わせた手を離すと、そこには金色に輝く鉄扇が現れた。
     天狐は鉄扇を振り上げ、晴奈に襲い掛かってきた。
    「なんのッ!」
     晴奈は刀を上段に構え、鉄扇を受ける。
     金色の鉄扇と蒼色の刀がぶつかり合い、晴奈と天狐の間にその二色が瞬いた。



     晴奈と天狐が戦っている間に、小鈴たちは神殿内を急いで回っていた。
     天狐が戦闘中で余裕を失っているならばループも起こらず、エルスたちを助け出せるかもと考えてのことである。
    「やっぱ、あの天狐が原因だったのね。どこも、ループしない」
    「ああ。……飛ばされた他の奴らも、同じことしてたみたいだな」
     各所の柱には血や刃物で付けたらしい印が付けられており、ここでようやく、小鈴たちは神殿内の全体像を把握することができた。
    「結局、教授の地図通りだったのね」
    「そうらしいわね。地下2階部分も、1階とほぼ造りは同じ。違うのは……」
     自分たちでマッピングした2階地図には、中央部分がぽっかりと抜けている。ここへ進む道は、地下1階・2階には無かったのだ。
    「と言うコトは……」
    「ここが、この神殿の『核』のようね」
    「2階からさらに下へ行く階段もあったし、3階か、それより下階層から入れるかも知れないな」
    「そーね。……それよりも、まずは」
     小鈴は後ろを振り返る。
     その目には横になったネロとフェリオ、困惑している明奈とフォルナ、そして黒ずんだ「鈴林」が映っていた。
    「……まずは、応急処置よね」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・調伏録 1】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ファンタジーにおいてもリアリティを求めているため、
    何かしら描写をする度に細かく考えています。
    立ち回りのシーンなんかも、実際に自分の部屋の中でポーズを取っていたり。

    NoTitle 

    ふうむ。
    伝導性か。。。
    ここまで計算できる戦闘が私も書けると良いのですがね。
    戦闘はグッゲンハイムでも花形なので、読んでいてとても勉強になります。

     

    おはようございます。

    さすがと言ってもらえて嬉しい限りです。
    これからもよろしく、お付き合いください。

     

    おはようございます。

    天狐の憎たらしいのとセイナの男らしい(ちゃうだろ)
    戦いにわくわくしたり、方や小鈴たちと一緒になってハラハラしてる自分がいる。

    さすがの蒼天剣だと思いました。

    また来ます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・調伏録 1】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 3】へ