FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・調伏録 4

     ←蒼天剣・調伏録 3 →蒼天剣・調伏録 5
    晴奈の話、第512話。
    魔法陣の「核」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     天狐の返り血を浴びながらも、晴奈は怯まない。
    「まだ生き返るつもりだろう……!?」
     その言葉の通り、噴き出ていた血はすぐに止まる。七房あった尻尾も、いつの間にか六房に減っている。
    (まだだ! 畳み掛けろッ!)
     天狐が立ち直る前に、晴奈はさらに追い打ちをかけようとした。
     だが、振り下ろした刀は空を切る。
    「……ッ!?」
     目の前から敵が消え、晴奈は瞬時に周囲を見渡す。
    「手強いな、テメエは……」
     天狐は晴奈に向けて、右手をかざしている。
    「結構魔力使うから、あんまり撃ちたくなかったが……」
     天狐の手から、紫色の光球が発生した。
    「形振り構っちゃいられねーよな、……『ナインヘッダーサーペント』!」
     光球は九条の稲妻に形を変え、晴奈へと向かっていく。
    「く……っ」
     晴奈は刀を構え、迫り来る稲妻を斬り付けようと試みる。
     だが、何条かは断ち切れたものの、流石にすべてを斬ることはできなかった。
    「ぐ、あああ……っ」
     稲妻の一つが晴奈に直撃する。晴奈は煙を上げながら、弾き飛ばされた。



     まだ真っ黒なままだったが、それでも小鈴は「鈴林」を持って、下層へと降りていった。
    「……」
     普段は明るく、陽気な小鈴が、一言も発しないでいる。
    「……」
     空気が重苦しく、誰も声を出せない。
     と、廊下の先に物々しい扉が待ち構えていた。
    「扉……?」
    「今まで、扉のある部屋なんか無かったよね」
     トマスの言葉に、明奈とフォルナがうなずく。
    「ええ、ございません」
    「何か、重要なものがしまわれているのでしょうか」
    「可能性は高い。……行ってみよう」
     一行は恐る恐る、その扉に手をかけた。
    「……鍵がかかってる」
    「行き止まり、のようね。……駄目元で撃ってみましょうか」
     ジュリアが散弾銃を構え、扉に向けて弾を放つ。だが予想通り、扉はビクともしなかった。
    「やっぱり無理、か。……滅茶苦茶怪しいのになぁ」
     バートが残念そうに、扉を蹴る。
    「仕方ないわね。戻りましょうか」
     ジュリアがつぶやいた、その時だった。
    「『鈴林』……?」
     ボロボロになり、半分以上が弾け飛んではいたが、それでも残っていた鈴が、ちり……、と弱々しく鳴った。
     途端に、扉が音も無く開く。
    「……!」
    「入れ、ってコトなのね」
     小鈴は意を決し、中へと進んだ。
    「……なに、これ」
     部屋は地下2階・3階の吹き抜けになっているらしく、天井が非常に遠く見える。
     そして部屋の中央には祭壇らしきものが備えてあり、そこには巨大な黒水晶の柱が立っていた。
    「尋常じゃない大きさね……。これが、この魔法陣の『核』部分かしら」
    「多分、ね。……ん?」
     小鈴は黒水晶の中に、何か影のようなものがあるのに気付いた。
    「……『ライトボール』」
     光球を作り、その黒水晶を照らす。
    「……っ!?」
     中には、天狐と同じくらいの少女が入っていた。



    「ハァ、ハァ……」
     天狐は魔術を放った姿勢のまま、微動だにしない。いや、できないのだ。
    「流石に、使いすぎた……」
     九尾あった尻尾も、既に五尾となった。
    「……これ以上は勘弁だぜ、猫女ぁ……」
     そうつぶやき、晴奈の吹っ飛んでいった方向に目をやるが、姿は無い。
    「……チッ」
     天狐は構えを解き、その場に伏せる。
    「コレで決着させてやんよ……、『ナインアイドチャーミング』!」
     魔術を発動させた瞬間、天狐の視界は一変した。
    (どんなにうまく隠れてよーと無駄だ……。コイツは、目視以外の『センサー』をオレの体に作る。
     音波感知……風向感知……振動感知……熱感知……オーラ感知……見つけた)

     既にこの時、晴奈は「星剣舞」を放っていた。
     敵のあらゆる警戒・知覚をかいくぐり、防ぎようの無い多段攻撃をぶつける「不可視の剣舞」。
     天狐もその目では、晴奈を見つけることはできなかった。だが、それを上回る索敵能力が彼女に、「不可視の剣舞」を見ることを可能にした。
    「……そこだッ!」
    「……っ……」
     晴奈自身はこの時、まったくの無意識下にある。攻撃に対する警戒心も、そこには無い。
     天狐の攻撃を避けられず、深々と右肩を切り裂かれた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・調伏録 3】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ただ人と人が戦うだけが戦闘にあらず、というところでしょうか。
    ダンジョンめぐりも戦闘の醍醐味かな、と。

    NoTitle 

    ああ、魔方陣の核ですか。
    考えたことなかったですね。
    そういうことを考えるのも戦闘の妙ですね。
    ううむ。
    色々学ばせてくれる文章が多い。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・調伏録 3】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 5】へ