FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・調伏録 5

     ←蒼天剣・調伏録 4 →蒼天剣・調伏録 6
    晴奈の話、第513話。
    有頂天狐。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……あ……」
     気が付いた時、晴奈は右肩に鋭い痛みを覚えた。
    「しま、った……」
     右肩から先の感覚が無い。腕はまだ付いているが、傷は腱か神経にまで達しているらしい。
    「さあ、猫女……。決着と行こうぜ……!」
     天狐がゆらりと、こちらに歩を進めてくる。晴奈はギリ……、と歯を軋ませながら、左手一本で刀を持ち、立ち上がった。
    「まだだ、まだ負けぬ……!」
    「いい加減にしやがれってんだ……」
     天狐の足取りも若干おぼつかないようだ。
     二人はヨロヨロと、互いの距離を詰めていった。



    「コレ……、もしかして、天狐?」
     小鈴は「鈴林」で、コツンと黒水晶を叩く。だが、中の少女には何の反応も無い。
    「顔は似ておりますわね」
    「暗いから種族までは分からないし、黒髪だけど、着ている物と顔立ちは、確かに先程のテンコそっくりね」
    「……とりあえず、ここら辺にはモンスターはいないみてーだな。ネロさんとフェリオ、休ませてやろうぜ」
     皆はバートの提案に賛成し、ネロとフェリオを黒水晶の近くに寝かせた。
    「もしかしたら、さっきまで、僕たちが、戦っていたのは」
     と、ネロが苦しそうにしながらも、口を開いた。
    「『もう一人の』、天狐なのかも、知れないね」
    「もう一人の、天狐?」
    「彼女はどこか、僕たちと、雰囲気が違った。それは外見とか、強さとかじゃなく、その存在自体が。
     何て言うか、まるで人形と、中の綿を、二つに分けてしまったように。ここにあるのは、人形の外側。そして今、セイナが戦っているのは、中の綿なんじゃ、ないかな」
    「それは魂、と言うことでしょうか?」
     明奈の意見に、ネロはわずかに首を振る。
    「いや……、それよりも、もっと形あるものだ。
     ……モンスターが、なぜこんなに、うようよと、神殿の中にいるのか。似ているのかも知れない、理屈は」
    「さっぱり、分からない」
     ネロの説明に、トマスが音を上げた。
     と――。
    「あ」
    「どうした、フォルナ?」
     フォルナが何かに気付き、皆から離れる。
    「あちらに、エルスさんとジーナさんが!」
    「何だって?」
     皆も、フォルナに付いていく。
     確かにフォルナの言う通り、そこには傷だらけになったエルスとジーナが寝かされていた。
    「生きてる?」
    「……みたいよ。目は覚まさないけれど」
     ジュリアの言葉に安堵しつつ、小鈴も二人に近付こうとした。

     その時だった。
    「わ……っ?」
     小鈴が握っていたボロボロの「鈴林」が、何かに引っ張られた。
    「な、何? 何なの?」
     慌てて強く握ろうとしたが、「鈴林」は小鈴の手を抜けて、どこかに飛んで行ってしまった。
    「ちょっと!? 何なの……!?」
     後を追おうとしたが、「鈴林」の姿はどこにも見付けられなかった。



    「……は、は」
     突然、天狐が笑い出した。
    「……?」
     いぶかしげににらむ晴奈に構わず、天狐はケタケタと高笑いする。
    「ケ、ケケ、ケケケッ……! ケケケケ、何とまあ、タイミングのいい!」
    「何だ……?」
    「取り逃がした獲物が、自分からノコノコやってきやがった!
     ……搾り取ってやる……!」
     次の瞬間、天狐の体が赤く光るもやのようなものに包まれる。
    「……なん、……だと!?」
     もやが消えると、そこには元通り九房の尻尾を生やした天狐が、ニヤリと笑って立っていた。
    「これで体調は万全……! さあ、嬲り殺してやる、猫女!」
    「く……!」
     天狐の尻尾がバチバチと毛羽立ち、先程とは比べ物にならない莫大な量の魔力が、天狐の前に集積されていく。
    「お前なんぞ食わねー……。それよりも」
     やがて魔力のエネルギーは電気のそれに換わり、部屋に飛び散った血や汗が一瞬で乾くほどの稲妻へと変化した。
    「跡形も無く蒸発させてやるッ! 消えやがれええええーッ!」
     超高圧の電流は部屋中の空気を一瞬で熱し、爆ぜさせる。
     辺りの柱すべてにヒビが入るほどの轟きを発し、稲妻は晴奈へ向かって飛んでいった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・調伏録 4】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    第8部最大の戦いです。
    存分に楽しんで下さい。

    NoTitle 

    強者同士ですね。
    これだと見応えがあります。

     

    伝説級、神話級の人物だけあって相当手強いです。
    しかし晴奈もなかなかしぶといですよ。
    蒸発しちゃダメですw

     


    天狐が強い、しぶとい!

    セイナが尽きてしまうのではとハラハラします。

    シーンの素晴らしい描写が臨場感をますます高める。

    自分も爆ぜて蒸発しそうです。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・調伏録 4】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 6】へ