FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・調伏録 6

     ←蒼天剣・調伏録 5 →蒼天剣・調伏録 7
    晴奈の話、第514話。
    逆境下の克己心。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「ケ、ケケ……」
     勝利を確信し、天狐は笑い出した。
    「こうでなきゃな……! こうでなきゃ、何が『克』だってんだ、ケケッ」
     天狐は深呼吸し、その場に座り込もうと屈んだ。

     と――。
    《愚か者》
     天狐の頭の中に、最も聞きたくない男の声が響いた。
    「へ……?」
    《敵が死んだかどうか確認もせずに、もう終わったと安心するのか? だからお前は三流だと言うのだ。俺に負けた時も、そうして油断し、敗北したことを忘れたか?
     まだ分からないのか?》

    「何言ってやがる……!」
     天狐は頭の中の声に、叫び返した。
    「あの攻撃で、死なないワケがあるかってんだ!
     テメーならともかく、ただの人間! ただの女! ただの、猫だ!
     生きてるワケがねーだろーがよ!」
     だが、声はもう応じない。そこで天狐はきょとんとし、口を閉じた。
    (え……? 今のって、幻聴、……だったりする?
     ……はは、そうだよな。今アイツは、動けねーと自分でそう言ってたんだから。今は体を治すのに精一杯だろうし、オレの戦いなんか見てる余裕なんか。
     ……そうだよなぁ。こんな、どーでもいいコト――どっかの『猫』なんかと、オレとの戦いなんか――アイツが、わざわざ見に来る理由なんか、……ねーよな)
     天狐はぼんやりと、稲妻を飛ばした方向に目をやった。



    (まずい……これは……!)
     真っ直ぐ向かってくる眩い光に、晴奈は目を細める。
    (死ぬか? これは流石に、死ぬだろうか……?)
     だが、閉じはしない。
    (……いいや! いつか聞いたことがある――神器は、持つ者の力に応えてくれると。
     今力を出さずして、いつ出す? 死んでからか? 馬鹿な! 今出さねば、何の意味も無いだろう!? 今奮い立ち、この電撃を跳ね返さねば、事はどうにもならぬ!
     何もせず撃ち抜かれれば、私は死ぬ。私が死んだら、一体どうなる? 残った皆では、太刀打ちできぬとレイリンは言っていた。そうなれば、皆殺しだ。
     小鈴も、公安の皆も、フォルナも、ネロも、ジーナも、明奈も、エルスも、トマスも。全員、天狐に殺される。
     ……死なせてたまるか! 皆を死なせたりはしない! そのために、私は全力を、全力以上を以って、戦わねばならぬのだ!)
     死を跳ね返そうと決意したその刹那、晴奈の思考は無限に加速する。
     1秒、2秒後には稲妻が到達すると言うその瞬間に、晴奈は己の心の中を一周した。
    (『蒼天剣』! お前が頼りだ! 私の力の限りを、受け止めろおおおーッ!)
     その決意が「蒼天」に移る。「蒼天」の青が濃くなり、輝き始めた。
    「りゃ」
     稲妻が晴奈の目の前にまで迫る。
    「あああ」
     両手で――腱を切られ、動かなかったはずの右手も挙げて――振り上げた「蒼天」が、一際眩く輝いた。
    「ああああああ」
     その光は、稲妻のそれをも圧倒し、押し返し、蹴散らした。
    「あああああああああーッ!」

     目の前が真っ暗になる。
    (あ……?)
     晴奈は自分が死んでしまったかと思い、歯軋りしかける。
    (……いや、違う……)
     次第に、視界が戻ってくる。
    (……凌いだ!)
     強い光で眩んでいた目が、ようやく元に戻る。
     自分の体を確かめたが、腕も脚も、手も足もあり、胸にも胴にも、首の上にも異常はない。
    「……ッ」
     五体に再び力がみなぎる。戻ってきた視界の中に、天狐を捉えたからだ。
    (今度こそ、仕留める……!)
     天狐はこちらを見ていた。が、ぼんやりとした顔をしている。その気力の無い目はまるで、晴奈を捉えていないようだった。
    (……?)
     天狐の様子に一瞬戸惑ったが、晴奈は足を止めない。
    「はああッ!」
     晴奈は間合いを詰め、あらん限りの力を込めて天狐に斬りかかった。



    「……いない、わなぁ」
     天狐はぼんやりと、稲妻が飛んでいった方向に目をやった。その視界には、崩れ落ちた柱と焦げた床しか見えない。
    「そりゃそうだよな、焦げるどころじゃねーもん、あのパワーなら。蒸発したわな、ケケッ……」
     「鈴林」から魔力を搾り取ったとは言え、天狐の体には疲労が濃く残っていた。立ち上がる気力も無く、天狐は依然、その場に座ったままでいた。

     次の瞬間。
    「へ?」
     天狐の視界が、ぽとんと落ちた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・調伏録 5】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    相手が確実に死んだか確認しないのは、
    確認しなかった側の死亡フラグですね。

    潔く死を選ぶ、……と考えると、どちらかと言えば武士道になるのかも。
    詳しい区別は僕にもよく分かりませんが。

    NoTitle 

    確かに、敵が死んだかどうかの確認は必要ですよね。
    あるいは介錯かトドメか。
    そういうのもひょっとしたら、戦場の礼節かもしれませんね。
    苦しみながら死ぬよりかはどうなのでしょうかね。
    その辺になると騎士道になりますかね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・調伏録 5】へ
    • 【蒼天剣・調伏録 7】へ