FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・共振録 1

     ←蒼天剣キャラクタ ドット絵その2;小鈴、雪乃、明奈 →蒼天剣・共振録 2
    晴奈の話、第517話。
    うなだれ小鈴。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「はー……」
     ゴールドコースト、赤虎亭。
    「鈴林」を手放した小鈴は、ミッドランドからこちらに戻って以来ずっと、意気消沈していた。ここでも、店のカウンターに突っ伏して、ため息ばかりついている。
    「ま、ウチの家宝だったもんなぁ。落ち込むのはしゃーない」
     小鈴の従姉妹、朱海は小鈴の肩を優しく叩き、頭の横にトンと酒を置く。
    「んでもすげー話じゃん、あの克に弟子がいて、杖の精のレイリンがその下に付いたなんて。
     5年もすりゃ帰ってくるんだし、気長に待ってやれよ」
    「うん……」
    「ま、その間にさ」
     朱海は薄桃色の封筒をパサ、と酒瓶の横に置いた。
    「お見合いなんかどーよ」
    「……はっ」
     小鈴は顔を挙げ、鼻で笑う。
    「ジョーダン。見合いなんか……」
    「ま、そう言うなって。コレで男っ気つけてさ、自分で相手探すってのも手かもよ」
    「普通は『会ってみたらいい人かもよ』って言わない、ソレ」
    「いやー……。アタシもお見合い、気乗りしない性質だからさー」
    「じゃ、何であたしに振るのよ」
     朱海は困った顔になり、小鈴に耳打ちした。
    「それはホラ、……母さんがうっさくってさー」
    「ああ、叔母さんねぇ。『見合わせ屋』だもんね、あの人」
    「そーなんだよ。アタシもそろそろ結婚しろ、結婚しろって言われるしさー、ここらで別のトコに目ぇ向けさせといたら、そっちに……」「あ」
     朱海の言葉で、小鈴の頭にある閃きが走った。
    「……ん? どした?」
    「ゴメン、ちょっと出てくる。すぐ戻るし」



    「……何でまた、お主と二人きりで買い物に来たのかな、私は」
     晴奈は横にいるトマスに、そう問いかけた。
    「僕じゃまずかった?」
    「いや、そう言うわけでは無い。フォルナと明奈は一緒に出かけたそうだし、シリンと会おうかと思ったら『久しぶりにフェリオ帰ってきたからイチャイチャしたいねん』と臆面も無く返され、ネロとジーナの姿は見当たらない。小鈴も別に用事があると言うし。
     暇だったのが、たまたま私とお主だけだったのだ」
    「リロイは? 今日はずっと宿で休んでる予定だって聞いてたけど」
    「……どうも、顔を合わせ辛い」
     それを聞いて、トマスは口をとがらせる。
    「じゃ、僕ならいいってこと? 僕に会うのは全然何とも無いってことなの?」
    「む……、多少の語弊はあるが、まあ、そう言うことか」
    「そんな……」
     しょんぼりするトマスを見て、晴奈はクスッと笑った。
    「何をうなだれてるのか……。
     まあ、以前も買い物を共にしただろう? あれがなかなか楽しかった。丁度予定が開いているので、誘おうかと思ってな」
    「……うん、それはどうも」
     トマスは晴奈の言葉に満足しかけたが、すぐに「いやいやいやいや」と首を振った。
    「やっぱりさ、セイナも無神経だと思うんだ、僕は」
    「そうか。どこら辺が、かな」
     そう返され、トマスは言葉に詰まった。
    「え……、認めちゃうの?」
     晴奈は肩をすくめ、さらにこう返した。
    「私は自分が無神経と感じたことは特に無い。が、自分の欠点には気付きにくいものだし、人が無神経と言うなら、無神経に見えるのだろう。見えると言うなら結果的に、私は無神経と言うことになる。
     自分の評判と言うものは結局、他人の意見を聞かねば分からぬことだ」
    「大人だなあ」
     そうつぶやいたトマスの額を、晴奈は苦笑しつつペチ、と叩いた。
    「お主もとうに20を超えた大人だろうが。……まったく、……クスクス」
     晴奈は何故か楽しくなり、クスクスと笑い出した。
    「どうしたのさ……?」
    「……いやいや、うん。戦いが一段落したからかな、楽しくてたまらぬ」
     それを聞いて、トマスは顔をほころばせる。
    「うん、そうだよね。多分央南に戻ったら忙しくなるだろうし、今くらいは楽しく過ごそっか」
    「戻ったら、か。……」
     晴奈はふと、心の中に何かまた、ざわめくものを感じた。
    「ん? どうしたの?」
    「……ああ、何でもない。そうだな、確かにまた、忙しくなるだろう。それまでは、楽しむとしようか」
     そう言って晴奈は、ひょいとトマスの手を引いた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.20 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣キャラクタ ドット絵その2;小鈴、雪乃、明奈】へ
    • 【蒼天剣・共振録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    作者である自分の意見としては、晴奈はさほど無神経と思っていません。
    大体、自省する感性がある人は、無神経とは呼ばないと思いますし。
    言われて「そんなことはない」と憤慨するトマスは、やっぱり無神経。

    NoTitle 

    うむ。私も大概な無神経さなんですが。
    それを気にしても仕方ないので。
    言われても、自分の性分としか言いようがないので。
    セイナはどうなのかな。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣キャラクタ ドット絵その2;小鈴、雪乃、明奈】へ
    • 【蒼天剣・共振録 2】へ