FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・共振録 3

     ←蒼天剣・共振録 2 →蒼天剣・共振録 4
    晴奈の話、第519話。
    小悪党を演じる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     と、戸がカラカラと音を立てて開けられ、客が入ってくる。
    「あ、いらっしゃ……、あれ?」
     挨拶しかけた朱海が、意外そうな声を出した。
    「おう、晴奈じゃないか」
    「しばらくぶりです、朱海殿。……む?」
     入ってきた客――晴奈とトマスが、カウンターに座っている小鈴とエルスに目を向けた。
    「小鈴、……それに、エルスも。ここにいたのか」
    「やあ、セイナ」
     にっこりと笑いかけるエルスに対し、晴奈は逡巡する様子を見せる。と、背後にいたトマスが席に着くよう促した。
    「どうしたの、セイナ? 早く座ろう」
    「……あ、ああ」
     仕方なく、晴奈は小鈴の横に座る。トマスも、その隣に続いて座った。
    「え、と、その……」
     晴奈はエルスの顔をチラチラと見たり、目を逸らしたりしている。
    「何かな?」
     対するエルスは、普段通りの笑顔で構える。
    「……その、エルス。この前のこと、だが……」
     そこでエルスと小鈴、朱海は、まだ晴奈に真実を打ち明けていないことに気付いた。
    「ああ。あれ? それなら……」「それならね」
     言いかけたエルスに、小鈴が割り込んだ。
    「エルスさん……、エルス、あたしと付き合うコトになったし」「え」
     そう答え、腕を取った小鈴に、晴奈とトマス、朱海、そして何よりエルスが驚いた。
    「ちょっと、アンタ何を……」「あー、うん。そうなんだ、はは」
     だが、何故かエルスもそれに乗ってしまう。
    「な……っ」
     当然、晴奈は呆然としている。
    「……どう言うことだ」
     そして次第に、晴奈の顔に険が現れ始めた。
    「説明してもらおうか」
    「うん。あの後ね、もう一度内省してみたんだけど、やっぱりタイプかどうかって言われたら、違うんじゃないかなってね。
     それで君には悪いけど、この話は無かったことにさせてもらおうかなって考えてたんだ。そしたらコスズが、『付き合ってください』なーんて言うもんだからさ、思い切って……」
    「……」
     突然、晴奈は立ち上がった。
    「……散々振り回しておいて、それか」
    「うん」
    「ふざけるなッ!」
     晴奈はカウンターに置いてあった酒瓶をつかみ、エルスに投げつけた。
    「ちょ……」
     慌てる小鈴の目の前を飛び、酒瓶はエルスの顔面に叩きつけられた。
    「……っ」
    「ごめんね」
     エルスは鼻からボタボタと血を流しながら、口角をわずかに上げて微笑み、短く謝罪した。
    「御免で済むか、この、この……っ、……っ!」
     晴奈はぐい、とトマスの腕を引っ張り、無理矢理にカウンターから立たせた。
    「いてて、痛いって、セイナ」
    「済まぬが朱海殿、日を改める。今日はもう、こいつの顔を見たくない」
    「ああ、だろうな。またおいで」
    「失礼した」
     晴奈は肩を怒らせ、トマスを引きずるようにして赤虎亭を後にした。

     開いたままの戸を眺めながら、エルスは苦笑した。
    「……はは、そりゃ怒るよね」
    「何バカなコト言ってんだ、アンタ」
     朱海は呆れた目を、エルスに向けた。
    「そりゃ怒るってもんだ。っつーかアタシだったら呆れちまうね。
     何でまた、あんなコトを言ったんだ? しかもアンタと小鈴が付き合う? いつそんなコトになっちまったのさ?」
    「方便だよ、はは。……だってさ、セイナのことだから、ずっと悩んでたと思うんだ。で、今もどう答えたらいいか、困ってたみたいだし。
     変なこと言わせて後々尾を引いたり、こじれたりするのも、ね。ましてや本当に、僕のことを想うようになっちゃ本末転倒だし。それなら……」
    「いっそコッチがきっぱり忘れさせられるよーな状況作ってあげようか、ってね」
     二人から理由を聞いた朱海は、さらに呆れた顔になる。
    「……やれやれ、とんだバカどもだな、お前ら。
     少なくとも鼻血ボタボタ出してるヤツがカッコつけて言っても、欠片も説得力ねー台詞だよ」
    「……そうだね。とりあえず、何か拭くものと、詰めるものを貸してもらっても? まだ止まんないや、はは……」



    「……っ、……っ!」
     晴奈は声にならない唸り声を上げながら、繁華街を進んでいた。
    「早いよ、セイナ……」
     トマスは依然、引きずられている。
    「……ああ、……悪い」
     ようやく我に返った晴奈は、立ち止まってトマスに振り返った。
    「まあ、君が怒る理由も分かるけど……。いくらなんでも、求婚しておいて他の人と付き合うなんて、不実もいいところだ」
    「ああ……」
     晴奈は辺りを見回し、手ごろな椅子を見つけて座り込んだ。
    「トマス、お主もこっちに来い。……何だか昼前だと言うのに、無闇に疲れてしまった」
    「だろうね。……リロイ、災難だな」
     そうつぶやいたトマスに、晴奈は口をとがらせた。
    「災難? あれは自業自得だ。……まったく、真面目に考えた私が馬鹿だった」
    「ま、そうだろうね。……気分転換でもしない?」
    「うん?」
     トマスは笑顔を作り、立ち上がった。
    「ほら、そこに露店がある。飲み物買ってくるから、ここにいてよ。何がいい?」
    「ん……。そうだな、走って喉も渇いたし。オレンジジュースを」
    「分かった」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・共振録 2】へ
    • 【蒼天剣・共振録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この展開については結構悩みました。
    晴奈とエルス、という組み合わせも有りと言えば有りだったので。
    ただやはり、どこかしっくり来ない気持ちもあったので、
    エルスには道化になってもらいました。

    NoTitle 

    まあ、芝居は大切ですが。
    この終わり方もありなのかな。。。。??

     

    毎度戦闘シーン、緊張したシーンばかりでは息苦しいですからね。
    こんな風にのんびり、ゆるゆる過ごさせたりもしないとw

     

    あ~いいなぁ、こんな何気ない日常場面があるとホッとする。
    普段の強いセイナが逡巡している姿なんて想像するだけで楽しい。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・共振録 2】へ
    • 【蒼天剣・共振録 4】へ