FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・共振録 4

     ←蒼天剣・共振録 3 →2010年4月 携帯待受
    晴奈の話、第520話。
    今後の成り行き。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「ふが、はが」
     運ばれてきたサンマ定食を食べていたエルスは、妙な鼻音を出している。
    「……くっ」
    「ふん、ほいひいね(うん、美味しいね)」
    「……ぷ、ぷ」
    「ほふひはの?(どうしたの?)」
    「……くく、ダメ、……もお、エルス!」
     たまらず、小鈴が笑い出した。
    「とりあえず鼻血止まるまで、ご飯食べんのやめときなさいよ……、くく、んふふふ」
    「ふん、やっはひほうひひょうはなぁ。はへひふいひ(うん、やっぱりそうしようかなぁ。食べにくいし)」
    「つか、小鈴。お前治してやれよ」
     朱海がカウンターに頬杖を突き、小鈴に目を向ける。
    「お前の術がありゃ、ちょいちょいっと治せるだろ?」
    「あー……、できるかなぁ。あたし、元々の魔力はそんなに無いし」
    「そうなのか?」
     小鈴は両手を挙げ、顔を曇らせた。
    「今までは『鈴林』の助けがあったから、あんだけ色々できたのよ。アレがない今じゃ……」
     小鈴はエルスに向き直り、呪文を唱えながら右人差し指をちょん、と彼の鼻に乗せた。
    「コレくらい、ね」
    「……十分かな。鼻の通りは良くなったよ」
     エルスは鼻の詰め物を取って、小鈴に笑いかけた。
    「そ。ならいいや、コレくらいでちょーどいいのかもね」
     二人の様子を、朱海はニヤニヤして眺めていた。
    (口から出任せ言った割りに、いい雰囲気出してんじゃんよ、お二人さん)



     オレンジジュースをずず、とすする晴奈の横顔を眺めながら、トマスは尋ねてみた。
    「……じゃあさ、結局今はセイナ、フリーなんだよね」
    「ふりー?」
    「付き合ってる人、いないってことだよね」
    「そうだな。……いや、元からエルスの件も、断るつもりだったが」
    「え、そうなんだ?」
     晴奈はカップを椅子に置き、肩をすくめる。
    「何と言うか、な。エルスを伴侶に、なんて考えても、ピンと来なかったのだ。まったく想像の外と言うか、どうにもそう考えられる相手ではなかった。
     と言うよりも……、私にはまだ想像が付かぬ。自分が誰かの妻になるとか、夫を迎えるとか。小鈴には『もうそろそろ真面目に考えなさいよ』と言われたし、それなりにじっくりと考えてはみたのだが、……やはり私には、現実のことと捉えられぬ。
     ……下手をすると、一生独身かもな」
    「だったら僕と、……あ、ううん」
    「うん?」
     トマスは顔を赤くして、そっぽを向いた。
    「……何でも無い。うん、僕もまだ、そこまで現実的に考えられない、かな」
    「もしかして、……トマス」
     晴奈はぽつりと尋ねようとして、そのまま口を閉じた。
    「何、かな」
    「……何でも無い」
     晴奈は椅子に置いていたオレンジジュースを手に取り、ぼそ、とつぶやいた。
    「……おっと」
    「どしたの?」
     トマスが振り返る前に、晴奈は立ち上がろうとした。
    「飲み干してしまった。次は私が買ってくるよ」
    「あ、いいよ。あの時は君に頼りっぱなしだったから、これくらいのことは僕に任せてよ」
    「……そうか? そんなことなど、気にしなくてもいい、が。……そうだな、お言葉に甘えようか」
     晴奈はにこりと笑って――いつもの彼女が浮かべない、嬉しそうな、素直な笑顔で――トマスの厚意に甘え、カップを差し出した。



     晴奈とトマス、二人のこの様子を、ネロが隠れて見ていた。横にいたジーナは様子をネロから聞き、笑っている。
    「これから、と言う感じじゃの」
    「そうだね。……さて、と」
     ネロはジーナの手を引き、同じように笑ってみせた。
    「テンコちゃんから聞きたいことは聞いたし、そろそろ僕らも旅に出ようよ。コスズさんが来られないのは、ちょっと残念だけど」
    「そうじゃな。……まあ、また会えるじゃろ」
     ネロとジーナは手をつなぎ、晴奈たちから離れていった。

    蒼天剣・共振録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・共振録 3】へ
    • 【2010年4月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    晴奈は「強い」と言うイメージを強く抱いて描写してはいましたが、
    「たくましい」となると、意外にもその要素は薄かったように思えます。
    後に妹、明奈も言及していますが、晴奈は案外打たれ弱いです。

    残りわずかとなりましたが、引き続き「蒼天剣」をお楽しみ下さい。

    NoTitle 

    セイナはたくましいというかなんというか。
    その辺はどうなんでしょうね。
    物語はもうすぐ終わるのでしょうが。
    その物語の後どうなるのかは興味がありますね。
    ・・・てそれは、それで読めばいいのか。

     

    小鈴「花粉症用の魔術ねぇ……、研究してみようかしら。うまく行けば儲かるかもねw」

     


    すいません~~
    花粉症対策に小鈴ちゃん、貸してもらえませんか?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・共振録 3】へ
    • 【2010年4月 携帯待受】へ