FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・有頂録 1

     ←キャラ紹介;克一門(第8部) →蒼天剣・有頂録 2
    晴奈の話、第521話。
    高みに達する。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     ゴールドコーストでの用事も一通り済み、晴奈たちは央南への帰途に就いた。
    「ふう……」
     船の上に備え付けてある椅子にもたれ、晴奈は夕日を眺めていた。
    (色々あったな、こんな短い間に)
     旅をしていた間にも様々なことはあったが、ここ数ヶ月もまた、激動の時期と言えた。
    (北方へ着き、黄海へ帰り、『蒼天』を手に入れ、湖の底へ潜り、黒炎殿の弟子と戦い……)
     考えていくうちに、晴奈の思考が鈍ってくる。
    (ん……、眠たくなってきた。少し、眠るか……)
     晴奈は目を閉じ、短い眠りに就いた。



     夢の中で、晴奈は山を登っていた。
     いつか弟弟子と登った、紅蓮塞の裏山のような山道だった。
    「はっ……、はっ……」
     道のりはさほど辛くは無いはずなのに、晴奈の息は若干上がってきていた。
    「はっ……、はっ……」
     夢の中であるし、歩くのをやめても、誰も咎めはしないと分かっている。だが、晴奈は黙々と道を進んでいく。
    「はっ……、はぁ、はぁ」
     やがて山道は、かつて小鈴と越えた屏風山脈のような、急な斜面に変わっていた。
    「はぁ、はぁ」
     息をするのが、段々辛くなってくる。
    「はぁ、はぁ、ぜぇ、はぁ」
     ふと、晴奈は空を見上げた。
    「はぁ……、はぁ……」
     あの、死の淵で見た墜ち行く星が、空一杯に広がっていた。
    「……っ」
     晴奈はまた、歩き出した。

    (私は……、どこに行こうとしている?)
     自分に問いかける。
    (この道の先に、何がある?)
     問い続ける。
    (何のために……、何を求めて……)
     自分の心は、答えを出してくれなかった。

     やがて、ただ歩くことにだけ専念する。
    「……」
     荒かった呼吸も、落ち着いてくる。
    「……」
     墜ちていた星も、今は朝焼けに紛れて見えない。
    「……」
     ふと、晴奈は気付く。
    「白猫……」
     自分の横に、同じように山道を登る白猫がいた。
    《やあ》
    「久しぶりだな」
    《そうだね。一緒に行こうか》
    「助かる」
     言ってから、晴奈は自分の言葉に疑問を持った。
    (助かる? 何がだ?)
    《それじゃ進もう》
    「あ、ああ」

     二人で山道を登る。
     どうやら、この山は相当高かったようだ。
    「……っ」
     吐く息が白くなる。額に流れていた汗が、湯気に変わっていく。
    《マントあるけど、貸そうか?》
    「ああ、ありがとう」
     白猫から借りた真っ白なマントを羽織り、晴奈はさらに歩き続けた。
    《あ、雪だ》
    「む……」
     鼻先に、ちょんと雪が落ちる。
     いつの間にか、周りは雪によって白く塗り潰され、夕焼けによって鮮やかな橙色に照らされていた。
    「お主は大丈夫なのか?」
    《うん》
    「そうか」
     短く言葉を交わし、また黙々と歩き続けた。

     また、夜が訪れる。
    《キレイな星空じゃないか》
    「そうだな」
     今度は先程の墜ちる星ではなく、本物の星天だった。
    《星天か……。く、ふふっ》
     白猫が笑う。
    「どうした?」
    《ううん、何でも。頂上に着いてから話すよ》
    「そうか」

     降ってはいないが、足元には膝の高さにまで雪が積もっていた。
    《もうすぐだよ、セイナ》
    「そうか」
     確かに白猫の言う通り、道の先には山の頂が見えてきていた。
    《もうすぐ》
    「ああ」
     雪に足を取られながらも、何とか足を上げて進んでいく。
    《もうすぐだ》
    「分かった」

     やがて、二人は山の頂に到着した。
    《おつかれさん》
    「ありがとう」
    《ああ……、いい景色じゃないか》
     白猫が指し示したのは、真上だった。
    《蒼い空だ。ほら、つかんでごらんよ》
    「つかむ?」
    《そう。ほら、手を挙げて》
     白猫の言う通りに、晴奈は右手を挙げてつかむ仕草をした。
    「……?」
     確かに何か、感触はあった。しかし、今までに経験してきたどんな感覚を引き出しても、その感触を言い表すことができない。
    《おめでとう、セイナ。キミは今、天をつかんだんだ》
    「天、を?」
    《そう。蒼天を握り、星天に舞う剣士、黄晴奈。キミは今、どこにいる?》
    「どこに? ……!」
     晴奈は足元を見て、すべてを悟った。
    「頂点。……そうか、頂点なのか、ここが」
    《そう。27歳のキミは今、剣士としてのピーク、頂点に到達した。タイカさんの弟子二人と戦い、勝ったコトで、キミは完成した。
     ここが、ピークなんだ》
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【キャラ紹介;克一門(第8部)】へ
    • 【蒼天剣・有頂録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この世にあまねく人間の多くにとって最も残酷なことは、
    己の頂点が人生の最後ではなく、その半ばで来ることだと思います。
    一度高みに登れば、後は延々と下りが待つだけ。

    ただ、登った山が高ければ高かったほど、
    下りの絶景を楽しむ時間と余裕がある、と言う気もします。
    まだ下りに差し掛かった覚えは無いので、
    本当にそうなのかは断言しかねますが。

    NoTitle 

    ピークがやってきた。
    それでも人生が続く。
    人生とは奥深いものです。
    ピークとはもっともうれしい時期であり、もっとも悲しい時期なのかもしれませんね。

     

    この物語の最大の見せ場にしようと頑張りましたw
    ものすごく哲学的な回になってます。

     

    何か気になる言葉ですねぇ・・・。
    白猫さんは?
    う~~ん・・・気になる、気になる、すごーく気になるにポチっとな。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;克一門(第8部)】へ
    • 【蒼天剣・有頂録 2】へ