FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・有頂録 3

     ←蒼天剣・有頂録 2 →蒼天剣・有頂録 4
    晴奈の話、第523話。
    体じゃなく、心が触れ合う。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     晴奈が落ち着いたところで、白猫はすっと立ち上がった。
    《そろそろ降りようか》
    「……ああ」
     白猫の差し出した手を借り、晴奈は立ち上がる。
    「……」
     と、下に向かって歩こうとした足が止まる。
    《どうしたの?》
    「……すまない、白猫。もう戦いたくないと、そうは言った。
     でも、後もう少しだけ、戦わないといけない」
    《もう少し? ……ああ》
     白猫はきょろ、と辺りを見回し、ある一点――雲間からほの見える、別の山の頂を指差した。
    《あの子だね。あの、仮面の子》
    「ああ。巴景とは、決着を付けないといけない。それだけは、避けては通れないんだ」
    《そうだね。あの子も、キミと同じところに登ろうとしているし、間もなく達せられるだろう。後、1年以内に》
    「そうか」
     続いて白猫は、別の場所を指差した。そこにも山のシルエットが、ぼんやりと見える。
    《それから、……アイツだね。あの『鉄の悪魔』、アル》
    「そう。あの男こそ日上を、『ヘブン』を操り、世界を蹂躙する真の邪悪だ。
     それを見て見ぬ振りなんて、例え私がどんなに老いさばらえて、頂点から遠く離れたとしても、到底できない。
     巴景と、アラン。この二人と決着を付けるまでは、私はここから動くわけには行かない」
    《だよね。……ま、降りたくなったらいつでも言ってよ。また一緒に、歩こう》
    「頼んだ」
     そう言ったところで、晴奈は登っていた際に思わず、「助かる」と言ってしまった理由が分かった。
    (そうか……。
     寂しかったんだ。この道を――ううん、どんな道でも。
     一人きりで歩くことが)



    「……い、おーい、セイナぁー」
     誰かに呼ばれ、晴奈は目を開けた。
    「……お、おぉ!?」
     すぐ目の前に、トマスの顔がある。
    「はっ……、離れろ!」
    「あ、ご、ごめん。そんなに怒らなくても」
    「近過ぎる! 何をする気だったのだ!」
     トマスは後ずさりながら弁明する。
    「な、何にもしてないって! 何回呼んでも起きなかったから、耳元で呼んでたんだよ! 本当に何もしなかったから!」
    「……なら、いい」
     晴奈は椅子から起き上がり、首を回す。
    「んん、ん……。もう夜になってしまったのか」
    「うん。だから、風邪でも引いたりしないかと思って、起こしたんだ」
    「そうか。悪かったな、怒鳴ったりして」
    「いいよ、君に怒られるのはもう慣れたから」
     皮肉っぽく言ったトマスを見て、晴奈は思わず笑い出した。
    「……はは、はっ。そうだな、私はお主に怒ってばかりいる」
    「そうだよ、本当に……」
    「……すまぬ」
     晴奈はぺこりと、頭を下げた。
    「え?」
    「何と言うかな……、私は、どうにも『姉』なのだ。どうにも、他人が放っておけぬ。特にお主などは、見ていて口を出したくてたまらない。
     つまるところ、私はいつでも上から見ているのだ。お主をまるで、手のかかる弟のように、いつも下への目線で見てしまっていた。……本当に、すまない」
    「いや、そんなの、別に……」
     トマスは困った素振りを見せながら応える。
    「いいんだ、うん。君に怒られて、嫌な気分じゃない。むしろ、僕は一人っ子だったし、昔から勉強と研究ばっかりで屋内にこもってたから、祖父以外にあんまり怒られたりしたことがないし。
     だから嬉しかったりするんだ。君が僕のこと、本当に気にかけてくれてるんだと思って」
     それを聞いて、晴奈は逆に困った。
    「お主は怒られて、嬉しくなるのか? ……変な奴だな」
    「あ、違うって、そうじゃなくって。何て言えばいいのかな……」
     トマスは手をバタバタさせながら、言葉を捜す。
    「……ああ、そうだ。人と深く接する、って感じなのかな。何て言うか、密接につながってるって、そう思えるんだ。
     それは例えば、君に触れているとかそう言うことじゃなく、心、……って言うのかな、そう言う精神的に深いところで、君と一緒にいる。そんな感じが、心地良いんだ」
    「そうか」
     晴奈はもう一度、椅子に座り直した。
    「……お主は無神経でズケズケとした物言いばかりで、時には心底苛立たしくなることもある。
     が……、お主は私のことを、いつも気にかけてくれている。私の身を、案じてくれている。その思いが……」
     晴奈はトマスから顔を背け、ぼそっとつぶやいた。
    「……楽にさせてくれるよ。お前といると、心地良いんだ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・有頂録 2】へ
    • 【蒼天剣・有頂録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    以前のコメントの通り、晴奈は戦いの中では、孤高の人です。
    ただし、晴奈自身は孤独であることを嫌っているようです。

    NoTitle 

    ここから孤高が始まりますね。
    この後のストーリーにも興味が持てますね。
    強いということは孤高ということを教えてくれる・・・。

     

    宿敵――巴景は完璧に個人主義ですからね。
    孤高、と言う表現がぴったり。
    晴奈も戦いの中では、孤高の人。
    晴奈と巴景二人の、共通する立ち位置や雰囲気を表すには、
    山と言う表現が一番かな、と。

     

    宿敵もまた、孤独なりですかね。
    山に例えているのが斬新です、と云うより視覚的にイメージし易い、うーーん、巧いです。
    もうーーー感心しました。

    セイナの本音も聞けたし、なんか得した気分です。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・有頂録 2】へ
    • 【蒼天剣・有頂録 4】へ