FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    公安チームの挑戦 10

     ←公安チームの挑戦 9 →公安チームの挑戦 11
    スピンオフ、第10話。
    地下世界の奥で。




    10.
     市民の生活水準の向上のため、その場所は造られた。
     地上の汚れを吸い取り、市外へと吐き出す役割を与えられ、街の成長と共に発達したその道は、物理的・物質的な汚れの他に、社会的・倫理的な汚れも請け負うようになっていた。
     今では街の管理者さえも、その全貌を把握できなくなった地下世界――ゴールドコーストの下水道は、一つの魔窟、ダンジョンと化していた。



     彼はその魔窟の一角に身を潜めたところで、安堵のため息を漏らした。
    「……は、あ」
     彼が今、身を潜めているのは、かつては地上にあった大きな宿のために造られた、下水道の側道に面する、パイプに囲まれた小さな部屋だった。
     半世紀近く前に宿は閉鎖され、この地下部分の一室だけが残っていた。地上から踏み入られることは無く、やましいところのある人間が身を潜めるには、最適の場所と言えた。
    (……準備しておいて正解だったよな。いつバレるか、いつバレるかって、この6年ずっと不安だったんだ。
     そう。俺は準備したんだ。金塊を盗んでから、いつバレて追われてもいいようにってな。ここに金塊を隠して、いつでも来られるよう、この辺りの道は全部覚えた。外へ抜ける道も確保してある。
     幸い6年も時間があったから、いつでも逃げ出せる手段も、整えられたし)
     と、彼は立ち上がり、かつて偽の証言の中で述べた友の様子と同じように、その金塊の上にどすんと腰を下ろし、煙草に火を点けた。
    「……ふう」
     無心に一本吸い終え、続いてもう一本口にくわえる。
    「……」
     二本目に火を点けながら、彼はこの後のことを考え始めた。
    (もう一日、二日、ここでやり過ごして、それから街を出よう。……それから、どこへ行くか。あんまり街に近いと、見つかるかも知れない。
     もっと遠く、央南とか南海とか、そこら辺がいいかな。央南の方がいいかな。一度行ってみたいと思ってたし。でも言葉通じるかな。通じないと不便だよな。あ、それは南海も一緒だよな。……じゃ、央南に行こうかな)
     考えるうちに、二本目の煙草も吸い終わる。
    「……さて、と」
     彼は煙草を足元に捨て、立ち上がった。

     その時だった。
    「動くな」
    「……っ」
     部屋の出入り口から、ぞろぞろと公安職員――ジュリアたちチームの全員が入ってきた。
    「ニール・サックスだな。ドゥエ・スポルト氏の友人で、金塊盗んだのはスポルト氏だって証言した」
     始めに乗り込んだバートの言葉に、彼は静かにうなずいた。
    「……ああ」
    「窃盗罪、及び偽証罪で逮捕します」
     続いて口を開いたジュリアの言葉にも、彼は従った。
    「……分かった」
     彼は三本目の煙草に火を点け、一息吸ってから尋ねた。
    「何でここが?」
    「この半月、下水道を調べてたからな。元頭取の屋敷から50キロの荷物を運んで隠れられそうな場所なんて、そんなに数は無い。すぐ見当が付いた」
    「そうか」
     吸いかけていた三本目の煙草を途中で踏み消し、彼は濁った息を吐き出した。
    「……逃げりゃ良かったんだよな、さっさと。遅かれ早かれ、俺も追われるってのは分かってたのにな。
     でも心のどこかで、もしかしたら永遠にバレないんじゃ……、なんて思ったりもしたんだよな。……なわけないだろ、ってな」
     彼の独白を、公安職員たちは黙って聞いていた。
    「あーあ……、この6年、楽しくなかったぜ。何やってても、いつこのことがバレるかって、不安で不安でたまらなかった。
     バカバカしいな、こうやって捕まってみたら。さっさと逃げてりゃなーんにも心配せず、大金持ちだったのになぁ」
     彼がそこまで言ったところで、フォルナは彼に近寄った。
    「手錠か? ほれ」
     彼は両手を出したが、フォルナはそれに応じず、代わりに平手をぶつけた。
    「いって……」
    「勝手なことばかり! あなたたちの嘘と行動で、一体どれだけの人が迷惑を被ったと!?」
    「知ったこっちゃねえな。どうでもいい。俺は自分のこと考えるので、精一杯だったし」
    「てめえ……」
     と、バートも声を荒げ、彼に食って掛かった。
    「もっぺん言ってみろや、今のセリフをよ?
     てめーがハメて街から追い払った、てめーのダチの前で」
    「……」
     彼は挙げていた両手をだらりと下げ、ぼそりとつぶやいた。
    「……とことんクズだな、本当に俺は」
     彼は力なく笑い、肩をすくめた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【公安チームの挑戦 9】へ
    • 【公安チームの挑戦 11】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【公安チームの挑戦 9】へ
    • 【公安チームの挑戦 11】へ