FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第2部

    蒼天剣・夢幻録 2

     ←蒼天剣・夢幻録 1 →蒼天剣・夢幻録 3
    晴奈の話、第63話。
    雪乃の今後と、橘たちの邂逅。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     宿場街と修行場の境にある、催事場の新婦控え室。
    「夢みたい……」
     白無垢の装束を羽織った雪乃が、側にいた晴奈につぶやく。
    「わたしが、結婚するなんて」
    「大丈夫です。夢ではありません」
     晴奈も普段の道着姿とは違い、振袖を着てめかし込んでいる。
    「……そうね、ふふ」
     晴奈に髪をとかしてもらいながら、雪乃は幸せそうに笑う。
    「ところで、……師匠」
    「ん?」
    「今後はどうされるのですか?」
     晴奈はためらいつつも、雪乃の身の振りについて尋ねる。
    「刀は置かないわ。それは確か」
    「そうですか」
     晴奈は内心、ほっとする。
     それを鏡越しに見透かしたらしく、雪乃がクスッと笑う。
    「あら、やめちゃうと思ってた?」
    「えっ? あ、いや、その」
     動揺する晴奈を見て、雪乃はまた笑う。
    「剣士の道は、わたしの人生そのものだもの。それを捨てたら、わたしと言う人間が一気にぼやけてしまいそうだから」
    「……そうですね。私も、刀を置いた師匠と言うのは想像もつきません」
    「あら、わたしはそんなに無骨な女かしら?」
     いじわるっぽく笑う師匠に、晴奈は苦笑しつつこう返した。
    「いやいや、そんなことは。私にとって師匠は、理想の女性です」
    「あら、ありがと」
     身だしなみを整え終えたところで、雪乃は化粧台から立ち上がり、窓の外を見た。
    「……わたしたちのために、こんなに人が集まってくれるなんて」
     眼下に広がる宿場街と、そこにある人だかりに向けて、雪乃は小さく頭を下げた。

     一方、良太は――。
    「じゃからな、夫婦と言うものは、すべからく……」
    「は、はあ」
     式に浮かれ酔っ払った重蔵の、20周目に入った話を、困った顔で聞いていた。



    「うーん」
     路地をいくら見回しても、橘は先程の女性を見つけられなかった。
    「絶対、雪乃だと思ったんだけどなー」
     完全に見失ったため、諦めて大通りに戻ろうとする。
     と、向かいからバタバタと人が入ってきた。
    「はー、ここなら落ち着いて歩ける」
    「本当に、大騒ぎになってしまいましたからね」
     梶原一家と、柏木である。
    「おまんじゅう、もうないの?」
     指をくわえながら尋ねる桃を、棗が叱る。
    「こら、指をくわえてはいけませんよ。……ごめんなさいね、あの騒ぎで落してしまったみたいなの」
    「えー」
     無いと言われてもなお、桃はねだる。
    「たべたいー」
    「無理を言っては行けませんよ、桃。もう少し騒ぎが収まってから、また買いに行きましょう」
    「……たべたいのー」
     ぐずる桃を見て、橘は思わず、自分が買っていたまんじゅうを差し出した。
    「あの、良かったらどうぞ」
    「あら、いえいえ、お構いなく」
     遠慮する棗に、橘は再度勧める。
    「いえ、あたしももう、お腹が一杯で。どうぞ、召し上がってください」
    「そうですか? それでは、ありがたく……」
     棗はまんじゅうを受け取り、桃に食べさせた。
    「ありがと、おねえちゃん」
     きちんと礼を言った桃に、橘はにっこり笑って返した。
    「いーのいーの、美味しく食べてちょうだい」

     その後、謙から大通りでの騒ぎの原因を聞かされ、橘は大通りをながめる。
    「まだ思い出話に花が咲きっぱなし、って感じねー」
    「桃もいるから、俺達は早々に切り上げたんだが、あの様子じゃまだまだ混みそうだ」
     謙の言葉に、橘は肩をすくめる。
    「んじゃ、裏路地を進んだ方が早く着きそうね」
    「ああ。良ければ一緒に行くか?」
    「ええ、喜んで」
     橘たち五人は裏路地を進みつつ、自己紹介を交わした。
    「雪乃とは俺が若い頃、一緒に修行してたんだ。で、小鈴さんはどんな関係で?」
    「あたしは旅の仲間。昔から良く、あっちこっち旅してたの」
     橘の話に、謙はうんうんとうなずく。
    「あー、そう言やちょくちょく姿を見せなかったなー」
     と、こんな風に雪乃の思い出話を語っていたところで――。
    「……!」
     橘はまた、雪乃に似た誰かが路地の角を曲がっていくのを、目の端にとらえた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.09 転載
    2016.02.21 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・夢幻録 1】へ
    • 【蒼天剣・夢幻録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    さーて誰でしょう。

    NoTitle 

    まさかもう一人のv-206
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・夢幻録 1】へ
    • 【蒼天剣・夢幻録 3】へ