FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・孤王録 3

     ←蒼天剣・孤王録 2 →蒼天剣・孤王録 4
    晴奈の話、第527話。
    王者の矜持。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     市民の暴動は日を追うごとに静まっていった。幾度にも渡る制圧・粛清の結果、暴動を指揮・扇動していた者たちが殺され、市民たちが行動の指針を失ったからである。
     国内の混乱が収まった頃、ようやく「ヘブン」は北方・央中・央南の三地域同盟――通称、「西大海洋同盟」に対しての、戦闘準備を調え始めた。



    「……」
     フーが市街地で襲われて以降、彼の周囲は以前にも増して静かになっていた。
    「……へへ……へっ……」
     フーはその晩も、浴びるように酒を飲んでいた。
     それ以外に、することが無いのだ。政務も、財務も、軍への指揮も、その他諸々、すべてアランと、彼が掌握した側近とがこなしている。
     彼は書類一つ触らせてもらえず、また、前回のように袋叩きに遭うことを懸念された結果、ずっと城の中に閉じ込められていた。
    「俺は一体、何なんだろうな……」
     酒浸しになった脳みそでぼんやり考えるが、思考はまとまらない。
    「あなた……、飲み過ぎよ」
     と、背後からそっと声がかけられる。
    「ランニャか……。何の用だ?」
     そう応え、振り向いた瞬間、ランニャの平手打ちがフーの頬をえぐった。
    「ぐえっ……!?」
    「何の用、ですって? 私に、妃の私に向かって、何て言い方をするの? 私は兵士や側近じゃないのよ? 用がなきゃ、夫のあなたに声をかけちゃいけないって言うの?」
    「お、怒るなよ、ランニャ。……俺が悪かったよ、変な言い方して」
    「……ごめんなさい。私も少し、イライラとしていたから」
     しゅんとなり、耳と尻尾を垂らすランニャを見て、フーの頭も冷える。
    「いや、悪いのは俺だって。……そうだよ、こんな風に、お前まで縮こまらせるような目に遭わせたのは、他でも無い俺なんだから」
    「あなた……」
     目を赤くするランニャを見て、フーは思わず抱きしめた。
    「悪い、本当に」
    「……ねえ、お話があるの」
     ランニャはフーから離れ、一瞬窓に目を向けた。
    「何だ? 改まって」
    「……もう、逃げない?」
    「え……」
     発言の意図が分からず、フーは硬直した。それを察して、ランニャが言葉を続ける。
    「この城から逃げないかと、そう言う意味よ。
     遠慮なく言ってしまえば、あなたはもう『お飾り』でしょう? あなたにはこの流れを……、戦争を止められない。かと言って、戦争に参加しようとも思っていない」
    「その……、通り、だけど」
    「それならいっそ、もう何もかも捨てて、私の国に戻らない?
     あなたが望むなら、前大公である私の力を使って、央中で平和に暮らすことができる。いいえ、ネール公国で重要な地位に就くこともできるわ。私がもう一度、大公に復位して、その片腕となることも」
    「それ、は……」
     フーは答えられず、うつむく。
    「……私はもう、あなたがしおれていくのを見ていたくないのよ。もうこれ以上、この『ヘブン』に未練なんて、ないでしょう?」
     未練、と言われてフーの頭に、何かが瞬いた。
    「未練……?」
     フーは頭の中から酒を払い、深く考え込んだ。
    (そうだ……俺はまだ……)
    「ねえ、フー。一緒に、行きましょう?」
     ランニャが呼びかけるが、フーは答えない。
    (……俺は……日上風。『風』が、流されてどうするんだ?)
    「フー?」
    (俺が、風を流さなきゃダメだ。……少なくとも今吹いてる風は、俺の望みじゃない。
     王様なんだ。俺はこの国を動かせる力がある。そう、力があるのはアランじゃない。俺なんだ!)
    「どうしたの、フー?」
    「……悪い、ランニャ。もう少しだけ、ここに居させてくれ」
    「えっ……」
     意外そうな顔をするランニャの頭を、フーは優しく撫でた。
    「心配するなって。……どうしても、やっておきたいことがあるんだ」



     翌朝、フーは側近とアランを集め、会議の場を開いた。
    「諸君。俺は、何だ?」
    「は……?」
     ハインツはぽかんとする。
    「王、でしょう」
    「そうだ。俺は、この『ヘブン』の王なのだ。であれば、すべての選択権は俺にある。そうだな?」
    「まあ、そうなりますね」
     ルドルフが半ば面倒くさそうに返答する。
    「だから、改めて俺は命じよう。西大海洋同盟に宣戦布告せよ、と」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・孤王録 2】へ
    • 【蒼天剣・孤王録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    他人に流されっぱなし、任せっぱなしにするより、自分で前に進む。
    フーは覚悟を決めました。

    NoTitle 

    うん?フーが心変わりしたのですかね。
    何にせよ。どのみちに行くにせよ、前を進むのはよいことだと感じます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・孤王録 2】へ
    • 【蒼天剣・孤王録 4】へ