FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 1

     ←クルマのドット絵 その31 →蒼天剣・無頼録 2
    晴奈の話、第529話。
    モールの災難。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     央中、ゴールドコースト。
    「『フレイムドラゴン』、吹っ飛べーッ!」
     人通りのない、寂れた港の一区域で、二人の女が戦っていた。
    「……! ったく、身軽にも程があるってね」
     一方は古ぼけたローブに身を包み、少年のように高いソプラノを発している――「旅の賢者」、モールである。
    「んじゃ、コレはどうだッ! 『フォックスアロー』!」
     モールの持つ杖から、ぱぱぱ……、と紫色の光線が飛び散り、もう一方の女に向かって飛んで行く。
    「……ッ」
     女はほとんど声を発さず、剣でその光線を受ける。
    「……うっそぉ!?」
     それを見たモールが、驚いた声を上げる。盤石の自信を持っていた自分の魔術が、どこの誰とも分からぬような相手に跳ね返されたからだ。
    「あ、まず……」
     その一部――光線の一本が、モールに戻ってくる。
    (何なんだってね、ホントに……! 今日はカジノでボロ勝ちして、さー帰って寝よう寝ようって思ってたところに、こんな……こんな面倒なヤツ……!)
     光線はモールの体を貫き、そのまま背後へと飛んでいった。
    「ぐ、っふ」
     血がパタパタと飛び散るが、モールは倒れない。瞬時に治療術を使って回復し、そのまま空き倉庫の中へ、転がるように逃げ込んだ。
    (あー、痛い痛い、痛いって! すっげ痛いってね、もおっ!)
     回復したとは言え、その痛みはまだ残る。モールはよろめきつつ、倉庫の床にへたり込んだ。
    「はーっ、はーっ……」
     モールは荒い息を整えつつ、床に魔法陣を描き始めた。
    (こうなりゃ、『取って置き』しかないね)
     フラフラになりながらも、どうにか完成させ、相手を待ち構える。
    (この床全部、爆弾にしてやったね! さあ入って来い、仮面女……ッ)
     モールは目をぎらつかせて、敵が入ってくるのを待つ。
    「……?」
     だが、一向に入ってくる気配は無い。
    (おかしいね……? 私がここに入ってくるの、見えてたはずだけど)
     と、首をかしげた次の瞬間――。
    「……えっ」
     モールの目の前、鼻先から数センチも離れていない空間を、何かが通り抜けた。続いて、壁から入口に向かって、一直線にヒビが走る。
    「……そうだ……、思い出した」
     仕掛けていた魔法陣も、そのヒビと衝撃に巻き込まれ、壊れる。
    「この技……、あの仮面……」
     壊れた魔法陣は暴走し、充填されていた魔力が単純なエネルギーへと変化し、爆発に変わる。
    (そうだ……! 晴奈をてこずらせた、あの女……!)
     爆発はモールを巻き込み、倉庫全体を木っ端微塵に吹き飛ばした。

    「……なかなか、てこずった方かしら」
     モールと戦っていた巴景は剣を納め、跡形もなく吹き飛んだ倉庫を眺めた。
    「ま、それでも10分持たないか」
     ニヤリと笑い――相変わらず、口元以外は仮面で覆われているが――倉庫跡に背を向ける。
    「……あら」
     振り向いた先に、倉庫の瓦礫をぱたぱたとはたくモールが立っていた。
    「何のつもりだね、仮面女」
    「流石、賢者と名乗るだけはあるわね。どんな術を使ったのかしら?」
    「言う必要ないね」
     モールは恨めしそうな目を、巴景に向けてきた。
    「君のおかげで、今日カジノで稼いできた50万エル、全部どっかに散らばっちゃったね。50万だよ、50万。どうしてくれるね、本当に……」
    「あら、ごめんなさい」
     巴景はまた、ニヤニヤと口元を歪ませる。
     それを見たモールは、眉間にしわを寄せた。
    「謝る気、さらっさら無いってか」
    「いいえ? 多少はあるわよ。
     えーと……、50万? クラム換算だと、おいくらかしら」
    「は?」
    「まとまったお金、クラムしか持ち合わせてないの。……3万クラムくらい?」
     そう言って、巴景は背負っていたかばんから財布を取り出し、クラム金貨を3枚取り出した。
     そんな対応をされるとは思っていなかったらしく、モールは一転、目を丸くしている。
    「え? どう言う……?」
    「あなたと勝負がしたかった。それだけよ」
     そう言って巴景は、唖然とするモールの横を通り抜け、そのまま去っていこうとした。
    「ちょ、待てってね」
     モールは我に返り、巴景を呼び止めた。
    「なに?」
    「じゃ、君って、ただ私と戦うためだけに、倉庫一個、丸ごと吹っ飛ばしたっての?」
    「そうよ。それがどうかした?」
    「……バカじゃない、君?」
     モールの言葉を鼻で笑い飛ばし、巴景は答える。
    「私は私自身にとって、最も必要で、最も意義のあることをしているだけよ。それを愚かと言うなら、食べることや家を建てること、お金を稼ぐことも愚かな行為になるわ」
    「……」
     黙りこんだモールに再度背を向け、巴景はそのまま立ち去った。

     残されたモールは、渡された金貨を眺めながら、ぼそっとつぶやいた。
    「戦うために生きる。それがすべて、……か。
     厄介だよ、晴奈。あの女は本気で、君を潰そうとしてるね。それ以外まるで、眼中にないって態度だ。
     ……楓藤巴景、か。覚えておいてやるね」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.27 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その31】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    モノの価値を問うに当たって必要なのは、
    誰にとって有用かと言うことだと思います。

    NoTitle 

    うむ。巴景の言うことは私と一致しているので、素晴らしいですね。
    自分にとって意義があれば、それでよし。それに賭けるだけの価値はある。・・・ということですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その31】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 2】へ