FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 3

     ←蒼天剣・無頼録 2 →蒼天剣・無頼録 4
    晴奈の話、第531話。
    もっと強い子に会いに行く。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「……あー」
     巴景はスーツに山折れ帽を被ったフェリオを見て、公安職員だと悟ったが――。
    (話がややこしくなりそうね)
     状況を面倒と感じこそすれ、相手が脅威であるとは微塵も考えていない。
     一方、仮面を付け、剣を佩いた、いかにも危険人物然とした巴景を目にし、フェリオはにらみつけてくる。
    「誰だ、お前?」
    「旅の剣士」
    「ウチに何の用だ?」
    「奥さんに、用事があって」
    「……」
     フェリオは拳銃を取り出し、巴景に向かって構えた。
    「……手を、挙げろ」
    「いいけど」
     巴景はひょい、と両手を挙げる。フェリオは警戒しつつ、巴景が腰に佩いていた剣を取る。
    「満足した?」
    「……名前は」
     緊張を崩さないフェリオに、巴景はため息をつく。
    「トモエ・ホウドウよ。……ねえ、ミーシャさん。この人が、あなたの旦那さん?」
    「うん」
     シリンも緊張した目を向けつつ、茶をすする。
    「私、この人の顔見た覚え無いし、私のこと知らないみたいよ。あの時、いなかったみたいだけど」
    「あー。あん時、腕に大ケガしとって、屋敷ん奥で寝ててん」
    「あら、そうなの」
     そう聞いて、巴景はフェリオの腕をひょいと取る。
    「う、動くな!」
    「いい加減にしなさいよ。そんなの屋内で撃って、跳弾で子供に当たるかもって思わない?」
    「……っ」
     巴景の言葉に、フェリオの視線は一瞬泳ぐ。
    「ほら、離しなさいよ」
     巴景はその隙を狙ってフェリオの手首をつかみ、ギリギリと締め上げる。
    「う、あ……っ」
     たまらず、フェリオは拳銃を落とした。
    「ふーん、確かにアザみたいなのがあるわね。……ああ、これってあのネイビーの?」
    「うんうん」
     フェリオに興味を失い、巴景はフェリオから手を離した。
    「良く生きてられたわね。腕も、ちゃんと残ってるみたいだし」
    「色々あってん」
     手首を押さえてうずくまるフェリオを尻目に、巴景とシリンは会話を続ける。
    「でも何や、トモエさんて結構度胸あるねんな。拳銃向けられて、平然としとるし」
    「伊達に修羅場は潜ってないわ。拳銃向けられるよりもっと怖い体験、したことがあるもの」
    「そーなんやー」
    「……クス」
     シリンと話しているうち、巴景は笑い出した。
    「楽しい人ね、シリンさん」
    「え、そお?」
    「戦おうと思ってたけど、毒気抜かれちゃったわ。お茶いただいたら、帰るわね」
     それを聞いて、シリンはきょとんとする。
    「ええのん?」
    「ええ。まあ、……こんなこと言ってしまうと気分悪くしちゃうかも知れないけど、元々から期待外れだったのよね、この街」
     巴景はパタパタと手を振り、これまでの対戦を語る。
    「私、武者修行と思って、エリザリーグ出場者なら骨のある人がいるだろうと思って声をかけて、手合わせしてもらってたのよ。
     そしたらみんなあっけなくやられちゃうし、『剣なんか使って』とか『女のクセに』とか、泣き言をびーびー言ってくるのよ。武器なら晴奈だって、これまでの優勝者だって使ってたのに」
    「あー……。それはちょっと思たなぁ。
     ウチも去年のんは、子供生まれる前やったから観戦だけしとってんけど、あの519年上半期のんに比べたら、まるでママゴトやチャンバラやなーて思たわ。
     そら、クラウンににらまれただけでスゴスゴ引き下がる奴らやな、てな」
    「でしょうね、ふふ……」
     巴景は茶を飲み干し、立ち上がって床に置かれた剣を取る。
    「それじゃ私、そろそろお暇するわね」
    「……あー。ウチ、まだ本調子ちゃうから、今やってもつまらへんかもやろけど」
     シリンも立ち上がり、すっと右手を差し出す。
    「522年からは、復帰するつもり満々やしな。そん時、やろ」
    「いいわね。それじゃ、楽しみにしてるわ」
     巴景はシリンの手を握り、堅く握手した。
     と、すっかり意気消沈したフェリオを見て、巴景が声をかけた。
    「いきなり拘束しようとした、ってことは、公安が追ってるのね。さっき言ったリーグ出場者から、被害届でも出たのかしら。
     ま、これ以上被害者は増えないわ。飽きたから」
    「あ……、飽きた?」
     顔を上げたフェリオに、巴景は口元をわずかに曲げてこう言った。
    「もっと強い人に、会いたいの。さっき言った通り、ここの人じゃ相手にならないし。
     もうここには、用は無いわ」
    「……そうか」
     フェリオはまたうなだれ、ソファにぐったりと腰かけた。
    「じゃあ、とびっきり強いヤツが、ミッドランドにいる。そいつと会ってみたらどうだ?」
    「へえ?」
    「名前はテンコ。あのタイカ・カツミの弟子だそうだ。セイナさんも苦戦した相手だぜ」
    「……いいわね。ありがとうね、ダンナさん」
     巴景は会釈し、シリンの家を出た。



    「はい?」「何言ってんだ?」
     翌日、フェリオはジュリアに、公安への辞職願を提出した。
    「俺……、もうダメっス」
    「何があったんだ?」
    「昨日、家に帰ったら……、いたんスよ、犯人」
    「犯人って、リーグ出場者の傷害事件の?」
     ジュリアの問いに、フェリオは力なくうなずき、経緯を説明した。
    「そうか……」
    「……俺、公安に向いてないみたいっス。殺刹峰ん時も、ミッドランドん時も、捜査、とことん足引っ張ってるし」
     落ち込むフェリオを見て、ジュリアは煙草をくわえた。
    「……あのね、フェリオ君。それを言ってしまったら、エラン君の方がひどいわよ」
    「いきなり人を名指しでけなさんといてくださいよ……」
     エランがむくれるが、ジュリアは構わず話を進める。
    「それでもエラン君は、十分に職員の資格有りと私は思ってるわ。彼、どんなに下手を打ってもへこたれないもの」
    「……」
     ジュリアは手にしていたフェリオの辞職願を燃やし、それを使って煙草に火を点けた。
    「あなたは良くやったわ。あなたがテンコさんのことを教え、犯人を遠ざけたおかげで、被害はこれ以上拡大しないんだから」
    「あ……」
    「あなたはちゃんと街を護ったわ。自信、持ちなさい」
     ジュリアは灰になった辞職願をペール缶に捨て、話を切り上げた。
    「テンコさんが相手なら、犯人への制裁になるでしょう。
     さ、次の案件よ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.27 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・無頼録 2】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    巴景は仮面姿でいることは全然平気。
    ただし……。

    NoTitle 

    巴景も仮面をつけているからいかにも不審人物ですからね。
    ってそれは大分前のコメントでしたかね。
    まあ、しかし本人は気にしてないからいいでしょうね。

    NoTitle 

    次回、テンコちゃんとばっちりを食う、の巻。

    NoTitle 

    テンコさんいい迷惑……(^^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・無頼録 2】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 4】へ