FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 5

     ←蒼天剣・無頼録 4 →蒼天剣・無頼録 6
    晴奈の話、第533話。
    混沌の巴景。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     槍を食らい、巴景は一言も発さず後ろに吹っ飛んだ。
    「よっしゃ!」
    「うまく行ったねっ!」
     天狐と鈴林は両手をぺち、と合わせて大喜びする。
    「なかなかいいタイミングだったぜ、鈴林」
    「えへへっ……。っと、姉さんっ。ちゃんととどめ、刺したっ?」
    「お、そうだった。確認しな……」
     振り向いたところで、天狐の笑顔が凍りつく。
    「……いねえ?」
     先程まで巴景が倒れていた場所には、自分たちが放った石の槍しかない。
    「ドコ行った……?」
     天狐は辺りを見回すが、巴景の姿は無い。
    「鈴林、ちょっと貸せ」
    「あ、はいっ」
     天狐は鈴林の魔力を借り、索敵術を試みた。
    「『ナインアイドチャーミング』、……えっ?」
     天狐の脳内に、周囲の情報が入ってくる。
     その情報が、すぐ目の前に――丁度、槍がある場所に人がいると告げていた。
    「どうしたの?」
    「……まだ、そこにいるらしい、ぜ?」
    「えっ?」
     二人は無言で顔を見合わせ、恐る恐る槍へと近付く。
    「……いない、よな」
    「う、ん」
     すぐ近くまで迫っても、誰の姿も見つけられない。それどころか、魔術で風を起こし、土ぼこりを舞わせても、素通りする。
    「ドコに……?」
     天狐はわけが分からず、槍に手を伸ばした。
     次の瞬間――。
    「アンタのおかげで、いい技思い付いたわ」
    「……ッ」
     天狐の目の前に突然、巴景が現れた。
    「あ、が……っ」
     天狐の胴に、深々と剣が突き刺さる。
    「属性の変換、ね。なかなか面白いじゃない」
    「て、てめ、っ、どう、やって」
     天狐には、何が起きていたのか把握できない。
     が、横で成り行きを見ていた鈴林には、巴景が何をしていたのか理解できた。
    「そんな、まさか……、自分の体を」
    「ふふ、あははは……」
     巴景の足から下は、まったく目視できない。
    「ありがとうね、天狐『サマ』」
     巴景は自分にかけていた術を解き、そのまま天狐を剣先から振り飛ばした。



     30分後。
    「て、テンコちゃん! 襲われたと聞きましたが、大丈夫ですか!?」
     騒ぎを聞きつけたミッドランドの主、トラムが、兵士を引き連れて屋敷へと戻ってきた。
    「おう、おっちゃん。おせーよ、つつ……」
     天狐は鈴林に抱きかかえられる形で、庭の中央で横になっていた。
    「怪我を!? 誰か、担架を……」「いらねーよ。オレは大魔術師だぜ、……あいたた」
     天狐は腹を押さえ、顔をしかめていた。
    「しばらくしてりゃ治るから、心配すんなって。
     ……しっかしあの女、滅茶苦茶な魔術センス持ってやがる。まさか一回、二回オレの技を見ただけで、それを把握するとはな」
     天狐は苦い顔をしながら、ぼそっとつぶやいた。
    「うー……。トラムのおっちゃんよー」
    「はい、何でしょう?」
    「ゴメンな、庭こんなにしちまって」
    「いえ……。庭なら、直せば済みますから」
    「オレも直すの、手伝うよ」
    「いえいえ、テンコちゃんはゆっくり休んでいてください。そんな体じゃ、動くのも辛いでしょう?」
     トラムに諭され、天狐はポリポリと頭をかいてうなずいた。
    「……うん。ホント、ゴメンな」

     それから2日ほど、天狐の魔術講座は休講となった。



     ミッドランドを離れた巴景は近隣の森に逗留し、天狐の術にヒントを得て編み出した技を推敲していた。
    「ふふ……」
     殺刹峰で得た強化術――神経の反応速度や筋力を増強させる通常の強化術とは一線を画す、肉や骨の組織そのものを鋼鉄やバネのように変質・変形させる術――をベースに、巴景は自分の腕を変換させていた。
    「人間離れしちゃったわね、少し」
     巴景の左腕は、煌々と燃え盛っている。自分の腕を、「火の術そのもの」に変えたのだ。
     術を解くと、腕は元に戻る。火傷もしていない。
    「戦った価値は、十分すぎるほどあったわね」
     続いて、風の術に変換させる。腕は見えなくなったが、感覚も触感も確かにある。試しに落ちていた枝を拾うと、普通につかむことができた。
     空中にふよふよと浮かぶ枝を見て、巴景はほくそ笑んだ。
    「……いいわね」
     巴景は見えない左腕にぐっと力を込め、枝をぽきりと折った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・無頼録 4】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この魔術については、自分でもいいアイデアと思っています。
    巴景の飄々とした、それでいて何者にも屈しない性格を体現した術ですね。

    NoTitle 

    体の属性も変えるというのは・・。
    私も思いつかない発想というか、そういう魔法があってもいいですね。便利な体だ。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・無頼録 4】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 6】へ