FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 6

     ←蒼天剣・無頼録 5 →蒼天剣・無頼録 7
    晴奈の話、第534話。
    鬼がやってくる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     屏風山脈、黒鳥宮。
    「侵入者! 侵入者だーッ!」
     その夜、宮内は騒然としていた。
     突如門前に現れた侵入者が、目にもとまらぬ速さで門番3名を倒し、そのまま侵入してきたと言うのだ。
    「直ちに僧兵全員で、くまなく探し出せ! 教団のメンツにかけて、絶対に逃がすなッ!」
     ウィルとウェンディの兄であり、僧兵団のすべてを掌握しているワニオン・ウィルソン大司教は、この異状を聞きつけて即座に動いた。
    「……まったく、こんな時を狙って来なくてもいいだろうに!」
     現在、黒炎教団では一つの問題が起こっていた。
     教主ウィリアムが重い病に臥せっており――ここ数年、弟が惨殺されたり、息子が遠い地で亡くなったと聞かされたりと、心労が重なったせいだろう――もってあと数週間かと言う状態にある。これ以上ストレスが重なれば、命に関わる。
     ウィリアムを何より慕うワニオンとしては、これ以上心配させたくなかったのだ。
    「報告します!」
     と、僧兵長の一人がワニオンの前にやってくる。
    「どうした? 捕まえたか?」
    「いえ、それが……」

    「ハァ、ハァ……」
     ウィルの姉、ウェンディは肩で息をしながら、目の前の敵――巴景に矛を向けていた。
    「く……、強い」
     横にはすぐ下の弟、ウォルターが同様に息を切らしながら、三節棍を構えている。
    「何が目的なの?」
     ウェンディはずれた眼鏡を直しつつ、巴景に尋ねる。
    「目的? そうね……、武者修行、かしらね。この黒鳥宮の中で一番強い人、出してほしいんだけど」
    「なら、……まずは僕たちを倒してみろッ!」
     ウォルターがいきり立ち、巴景に向かって棍を放つ。
    「いいわよ」
     巴景は向かってきた棍に、全力で剣を振り下ろす。ガイン、とけたたましい音を立てて、金属製の棍は真っ二つに割れた。
    「なっ……」
     目を丸くしたウォルターの前に、巴景が迫る。
    「まず、一人」
     巴景は剣を離した左腕をウォルターの首に回し、そのまま旋回する。
    「げ……っ」
     首を軸にして縦回転したウォルターは地面に頭を叩きつけられ、そのまま気絶した。
    「次はあなた?」
     巴景は再び剣を構え、ウェンディに向き直る。
    「……ええ。行くわよ!」
     ウェンディは大きく深呼吸し、巴景に向かって走り出した。ゴウ、ゴウと矛を唸らせ、巴景を捉えようと迫るが、巴景は間一髪で――文字通り、髪一本ほどのギリギリで避け、ウェンディのすぐ前に立った。
    「……ッ」
    「この距離なら、もう矛は役立たずね」
     巴景はすとんと、ウェンディの鳩尾に貫手を放った。
    「は、う……」
     ウェンディの目がひっくり返り、そのまま前のめりに倒れた。
     巴景は倒れたウェンディに目もくれず、くるりと振り返る。
    「……それで、あなたがこの教団で一番強い人かしら?」
    「そうだ。覚悟しろ、仮面の剣士」
     騒ぎを聞きつけたワニオンが、大剣を手に駆けつけてきていた。

     ワニオンは大剣を振り上げ、巴景に向かって飛び掛る。
    「へ、え……」
     巴景はその姿を見て、感嘆の声を上げる。
    (背はざっと見て190以上、体重は100キロ超えてるでしょうね。なのに、とても軽やかな動き。大剣が、まるで子供のオモチャを振り回してるみたいに見えるわ)
    「うりゃあーッ!」
     ワニオンの振り下ろした剣が、一瞬前まで巴景が立っていた地面を削る。
    「む、う」
     ワニオンは素早く身を翻し、次の攻撃に移る。
    「ふふ、流石ね」
     巴景もひらりと体勢を変え、ワニオンと再び対峙する。
    「これなら十分、相手になりそうね」
    「何……?」
     ワニオンの狼耳が、ピクと動く。
    「相手とは、何のことだ」
    「私の技の、練習相手。……いきなり仕掛けるのも剣士としてはアンフェアだろうし、教えてあげるわ」
     そう言って巴景は、左手を火に変えた。
    「なっ……?」
     それを見たワニオンが目を丸くする。僧兵たちに助け起こされたウェンディ、ウォルターも、巴景の技に驚いていた。
    「腕が燃えている……!?」
    「焔? いや、あいつらのは剣を、か。じゃああれは、一体……?」
     驚くウィルソン家の面々を見て、巴景は高らかに笑う。
    「ふふっ、あははは……。驚いてくれて嬉しいわ。これが私の技よ。名付けて、『人鬼』」
     巴景は両手を炎に変え、剣を構える。
    「あなたは鬼が倒せるかしら?」
    「……~ッ」
     巴景の尋常ではない気迫に威圧され、巨漢のワニオンがたじろいだ。
     だが、それでも無理矢理に奮い立ち、大剣を正眼に構えて精神集中する。
    (黒炎様……、無闇に祈られることを、あなた様は嫌うと仰られました。
     しかし、どうか、どうか祈らせてください)
    「さ、行くわよ」
     巴景が仮面の口に空いた穴から、ふーっと息を吐く。
     その息さえも、まるでドラゴンの息吹のように赤く燃え盛り、空気をちりちりと熱していた。
    (どうか黒炎様、目の前の悪鬼をこの私めが征伐できるよう、力をお与えください……ッ)
    「はああああッ!」
     巴景が恐るべき速さで、ワニオンの間合いに飛び込んでくる。
    「……黒炎様あああッ!」
     ワニオンは意を決し、巴景を迎え撃った。



     1時間後、教主ウィリアムの耳に、息子たちが謎の剣士に大ケガを負わされたと、また、剣士は捕まることなく逃げてしまったと伝えられた。
    「おお……」
     それを聞いたウィリアムは上半身を起こし、従者につぶやいた。
    「神は……」
     従者は慌てて「お休みください」と伝えたが、ウィリアムは応えない。
    「神は、もういないようだ……」
     そのままウィリアムはうなだれ、二度と動くことはなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・無頼録 5】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ウィリアムさああああああん!!!
    むむむ。
    こちらの世界でも使っていたので名残惜しいですね。。。
    また機会があればウィリアムさんを使うと思います。。。
    よろしくお願いします。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・無頼録 5】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 7】へ