FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 7

     ←蒼天剣・無頼録 6 →蒼天剣・無頼録 8
    晴奈の話、第535話。
    聖人の死と、悪魔の再臨。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     巴景の襲撃から二日後、黒炎教団では宮内全体を挙げて、教主ウィリアムの葬儀が行われた。
    「ああ、父上……」
    「どうして、こんなことばかりが……」
     ウイリアムの棺の横には、傷だらけになった教主の子供たちが並んで立ち、別れを惜しんでいた。
    「私のせいだ……! 私があの鬼を取り逃がしたせいで、父上を殊更に苦しめてしまったのだ……!」
     その列の真ん中に、他の兄弟たちよりも一層包帯まみれになったワニオンが立ち、他の者たちよりも一際嘆き悲しんでいた。
    「……ううっ」
     こらえきれなくなり、ウェンディはその場から一旦離れ、聖堂の裏でボタボタと涙を流し始めた。
    「どうして……、どうしてこんなこと……」
    「……」
     と、顔を覆ってしゃがみ込んだ彼女は、自分の前に誰かが立っているのに気が付いた。

    「誰……?」
     顔を挙げるが、自分が眼鏡を外しているのと、相手が陰に紛れるような黒い服装を着ているのとで、そこにいるのが誰なのか、良く分からない。
    「好人物だったな、良くも悪くも」
    「え……?」
    「お前の父のことだ。
     とても人のいい、無欲で穏やかな男だった。そのせいで、あいつの知らないところで何かとゴタゴタは起こったが、それでも十分に教主の務めを果たしていただろう。
     亡くなったのは残念だが、お前たちのせいではない。天命だろう。必要以上に嘆き悲しむ必要は無い」
    「あの……、あなたは……?」
     ウェンディは眼鏡をかけ、その男の姿と顔を確認する。
     目の細い、鴉のように真っ黒な衣服と髪の、色黒の男がそこにいた。
    「あいつの友人だ。あいつが教主になってから23年、あいつは俺の、一番の話し相手だったのだ」
    「父上が、あなたの……?」
     言い方がひどく尊大だと感じ、ウェンディは涙を拭いて立ち上がった。
    「こんな言い方をするのは、好きではありませんが」
    「うん?」
    「私の父上、ウィリアム・ウィルソン4世は、この黒炎教団の頂点に立った偉大な人物、聖人と言ってもいいほどの人物です。
     それを単なる話し相手、自分と同列の友人だなど、烏滸がましいとは……」「烏滸がましい?」
     男はそれを聞き、クックッと鳥のような笑い方をした。
    「クク……、そうか、烏滸がましいと」
     男の細い目が、じわりと開く。
    「……っ」
     それを見たウェンディの背筋に、冷たいものが流れた。
    「そう言えば、教主以外には俺のことは、単なる黒子としか伝えられていないのだったな」
    「……まさか」
     男の目の冷たさは、巴景の燃え盛る体を見た時よりもさらに恐ろしく、畏れ深いものをウェンディに感じさせた。
     と、男は開いた目を、元通りの細さに戻す。
    「もう一度聞くが、烏滸がましいことだったか?」
    「……いいえ。失礼いたしました」
     ウェンディはす、と頭を垂れた。
    「分かればいい。
     それでだ、ウェンディ。ウィリアムから、遺言を預かっている」
    「遺言、ですか?」
    「これだ」
     男は一通の封筒をウェンディに差し出した。
    「……え、えっ!?」
     手紙に目を通したウェンディは、男と手紙を交互に見て驚いた。
    「これは、本当に、……いいえ、あなた様が預かられたお手紙であれば、本当なのでしょうね」
    「本当だとも」
    「し、しかし」
     ウェンディは眼鏡を直し、男に尋ねる。
    「何故、私なのですか? 序列で言えば、私よりも兄のワニオンの方が適当では」
    「これだけの大組織を治めるのに、単純で血気盛んな武人では役が合わんと言うことだ。
     それよりも、卒なく管理のできる人間が好ましい。そう考えての、前教主の決定だろう」
    「……そうですか」
     ウェンディは手紙に視線を落とし、ぼそっとつぶやいた。
    「しかし、私に務まるかどうか。私はまだ38歳です。とても、父上のようには……」
    「ウィリアムは46歳の時に就いたが、それはワッツ……、先々代の長寿のためだ。90歳の大往生だったからな、あの女は。もし先々代が短命であれば、ウィリアムはもっと早く就いていただろう、な。
     お前の働き振りであれば、十二分に役目を果たせる」
    「……」
     逡巡するウェンディに背を見せ、男は立ち去りながらこう言い残した。
    「明日には、他の大司教にも同様の通達が出る。お前の器ならば、皆も納得するだろう。
     今後はお前が俺の話し相手になれ、ウェンディ・ウィルソン教主」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.27 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・無頼録 6】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 8】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    代も替わり、今後も歴史が続いていきます、ということで。

    簡単に死んでしまっては、伝説になりません。

    NoTitle 

    黒炎教団はこちらでも使わせて頂いたので、
    ものすごく愛着が湧きますね。。。
    悲しいな。。。ウィリアムさん。。。
    あの御人はやはり生きておられたのか。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・無頼録 6】へ
    • 【蒼天剣・無頼録 8】へ