FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・無頼録 8

     ←蒼天剣・無頼録 7 →2010年5月 携帯待受
    晴奈の話、第536話。
    古戦場への帰郷。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     巴景は央南に戻ってきていた。
    (何年ぶりかしらね?
     お頭のアジトから殺刹峰に運ばれたのが、確か516年。ああ、もう5年も経ってしまったのね)
     5年の歳月が流れ、そのアジト――天原桂の隠れ家だった場所は、既に朽ち果てていた。
    (……懐かしい。そう、ここが私の故郷だった)
     とうに腐り落ちた扉を踏み越え、巴景はアジトの中に入った。
    「……ただいま」
     巴景はぼそっとつぶやき、半ば苔むした畳の上に座り込んだ。

     既に天玄には立ち寄っており、そこで篠原が死んだことも、朔美が投獄されたことも聞いている。
     そして、妹のように思っていた霙子が、晴奈の手引きで紅蓮塞に入ったことも。
    (ま、裏切りとは言わないわ。むしろあなたが、お頭たちに裏切られていたんだし)
     紅蓮塞に行き、霙子の顔を見てみようかとも一瞬思ったが、巴景の方には会わせる「顔」が無い。
    (霙子は晴奈がいた柊一門――ああ、今は焔本家一門だっけ――に付いたって言うし、晴奈の敵である私は、一門の敵でもある。会っても霙子は、困った顔をするだけでしょうね)
     畳から腰を上げ、巴景は地下へ足を向けた。
    (この場所で、晴奈は功名を立てた。
     敵に捕まりながらも、それを逆手にとって殲滅へと導いた、『縛返しの猫侍』。……フン)
     晴奈が捕まっていた倉庫の前を通り、晴奈とウィルが敵から刀を奪った曲がり角を通り、そして――。
    (そう、ここ。ここが、私と晴奈が、初めに戦った場所)
     いまだ焦げ跡と、炭になった木箱が残る倉庫の中に入り、巴景はしゃがみ込んだ。
    「……ふふっ。私がつけた、『地断』の跡。まだ残ってる」
     その切れ目を撫で、巴景は懐かしさに浸る。
    (そう言えば、あの時一緒に戦った柳って、本当は殺刹峰の手先だったのよね。今、どうしてるのかしら? 金火公安に協力してたって言うし、もう保釈されてるかしら)
     同僚の顔を思い出し、巴景の足は幼い頃からずっと使っていた、自分の寝室だった場所に向かう。
    (みんな、どうしてるかしら? 何人かは、おかみさんと同じように央南で投獄されたと思うけど、残りはみんな、殺刹峰に連れて行かれたのかしらね。……となると、やっぱり央北に投獄されたか、フローラに殺されたか、それともペルシェと一緒に抜けてしまったか。
     ……どの場合にせよ、もう会えないでしょうね)
     自分の部屋に着き、巴景は床に溜まった5年分のほこりを、「人鬼」で変化させた風の脚で払う。
    「……ケホ。流石、5年分ね」
     巴景は床に座り込み、仮面を外した。
    「5年、かぁ」
     仮面を外し、その下に残る火傷を撫でながら、巴景は自分の部屋を見渡す。
    (私がここに住んだのは507年、13歳の時。
     それから22歳までの9年間、ここに住んで修行を重ねて。お頭の奥義、『地断』を会得したのは確か、17歳の時だったっけ。
     その1年後に、初任務。妖狐になった天原櫟の、暗殺。……そっか、そこから晴奈との縁が生まれたのね。
     ……今一度、強まったわ。晴奈を倒したいと言う、その思いが)
     巴景は仮面を付け直し、部屋を出た。

    (『地断』、『人鬼』。地、人と来れば、もう一つほしいところ、よね?)
     巴景は「ビュート」を抜き、精神を集中する。
    (そう、天。天をつかまなければ、あの女には届かない。そんな気がするのよ)
     先程立ち寄った因縁の倉庫に、もう一度足を運ぶ。
    (……いいえ。つかむんじゃない)
     巴景は倉庫の中央で、剣を上段に構える。
    (破壊してやる。天を、衝く)
     その時、巴景は不意に、晴奈と戦った時に述べた一言を思い出した。
    ――ここは私たちが殿の財産をたっぷり使って築いた要塞よ? これしきのことで崩れたりなんかしないわ――
    (そう、アンタには崩せないわ。『巴美』、アンタにはね。
     でも、私は崩せるわ。この『巴景』は、この要塞を崩せるのよ)
     巴景の中で、急速に力が膨れ上がる。それに呼応し、「ビュート」が菫色の光を放つ。
    「『天衝』!」
     巴景は天井に向かって、ゴッと音を立てて打突を放った。



     アジト跡から程近い、天神湖。
    「お、引いてるぞ」
    「えっ、えっ?」
     湖に釣りに出かけていた焔流剣士、梶原謙は、傍らの娘、桃の竿に手を貸した。
    「ほら、頑張れー」
    「うっ、うん」
     父娘二人で力を合わせ、湖中の魚と格闘する。
    「ほれ、もうちょい、もうちょい」
    「重いよー……」
    「もうちょいだから、頑張れ、な? お母さんに、自慢してやれるぞ」
    「……がんばるっ」
     桃は尻尾をバタバタと振るわせ、力を振り絞る。その甲斐あって、どうにか魚は釣り上げられた。
    「よーっしゃ、やったな桃」
    「うんっ!」
     釣り糸の先でもがく、桃のふかふかした尻尾と同じくらいに大きな魚を捕まえようと、謙は網を伸ばした。
     と――グラ、と周囲が激しく揺れる。
    「う、うわっ!?」
    「あ、お父さーん!?」
     その振動で体勢を崩した謙は足を滑らせ、湖に落っこちてしまった。それと同時に、折角釣った魚も湖へ戻ってしまう。
    「あー……」
     桃は逃した魚を見て、がっかりした声をあげかけた。
     が、その声は途中で詰まった。目の端に、異様なものを捉えたからだ。
    「……な、に、あれ?」
     桃は確かにその時、森から空に向かって伸びる、一条の真っ赤な光を見た。
     光は空遠くに飛んで行き、雲をも突き抜けて、そのまま見えなくなった。
    「桃ぉー……、すまん、魚逃しちまった」
     ようやく這い上がってきた謙が声をかけたが、呆然とする桃の耳には入らなかった。



     天井に開いた穴を見て、巴景はほくそ笑んだ。
    (一点集中。『地断』の衝撃を、一点に絞った突き。……まるで大砲ね)
     巴景の握りしめていた「ビュート」からは、チリチリと灼ける音が聞こえていた。
    「……待ってなさい、晴奈。今から、アンタのところに行ってやるから。
     今こそ、決着を付けてやるわ! 最強の剣士は、この私よ!」

    蒼天剣・無頼録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・無頼録 7】へ
    • 【2010年5月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    どんどんと強さと凄みを増していく「剣姫」、巴景。
    彼女の戦いの日々は、まだまだ続くようです。

    NoTitle 

    修羅の道をいくか。。。
    巴景さんは。。。
    それもまた剣豪の人生。。。
    それを教えてくれます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・無頼録 7】へ
    • 【2010年5月 携帯待受】へ