FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・訪黄録 1

     ←クルマのドット絵 その32 →蒼天剣・訪黄録 2
    晴奈の話、第537話。
    宿敵の故郷で出会った、意外な人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     必殺の技を完成させた巴景は、足早に黄海へと向かった。
    (さあ……! 今こそ決着の時よ!)
     既に前回の、晴奈との対決から1年半が経過し、巴景の「剣士」としての技量も、完成しつつあった。
     身にまとう空気は、それそのものが凶器のような凄味を帯びている。道行く人々は皆、巴景の仮面と気迫に驚き、距離を取る。
     勿論、そんなことに構う巴景ではない。
    「ちょっと」
    「は、はい」
     通りがかりの人間をつかまえ、道を尋ねる。
    「黄屋敷って、どこかしら?」
    「え、えっと。この道を真っ直ぐ行くと、左手に大きな屋敷が見えます。そこが……」
    「ありがと」
     黄家の場所を尋ねたことで、街に巴景のうわさが伝播する。
    「あの仮面、黄屋敷の場所を尋ねてたな」
    「となると黄家の長女、黄晴奈に用事か?」
    「でしょうね。武芸者っぽい身なりですし……」
    「知り合いの剣士が旧交を温めに来たか」
    「はたまた、異流派からの果し合いか」
     が、そこで人々は顔を見合わせ、安心したような、しかしどことなくがっかりしたような表情を浮かべた。
    「でもなあ……」

    「いないの?」
     黄屋敷に到着し、屋敷の使用人たちに晴奈の所在を尋ねたところ、晴奈は不在だと返された。それどころか黄州、いや、央南にすらいないのだと言う。
    「はい、グラッド大将と、ナイジェル博士さんと言う方と一緒に、北方へ。何でも、軍事演習がどう、とか」
    「そうなの……」
     巴景はがっかりし、そのまま背を向けて立ち去ろうとした。
    「ありがとね、それじゃ……」「あ、ちょっとお待ちになって」
     と、屋敷の奥から巴景に声がかけられる。
    「え?」
    「あなた、晴ちゃんのお友達?」
     奥から姿を表したのは、三毛耳の、年配の猫獣人の婦人だった。
    「友達、じゃないけど。ちょっと、因縁があってね」
    「あら、そうなの。……お名前、聞かせてもらってもいいかしら?」
     巴景はこの婦人が誰なのか、直感的に察した。
    「巴景よ。楓藤巴景。……あの、もしかして」
    「ええ、そう。わたしは、桜三晴(みはる)。晴ちゃんのお母さんです」
     三晴はそう言って、にっこりと笑った。

     三晴は「折角来てもらったんだし、おもてなしくらいしないと」と、帰ろうとする巴景を引き止め、茶を振舞った。
    「さ、どうぞどうぞ」
    「はあ……、ども」
     巴景は多少面食らいながらも、素直に茶を飲む。
    「仮面、お取りにならないの?」
    「ええ、……あなたの娘さんに、顔を傷つけられたもので」
     嫌味のつもりでそう言ったが、三晴はこう返した。
    「あら、そうなの。晴ちゃん、あなたにちゃんと謝ったかしら」
    「いいえ」
    「それじゃ帰ってきたら、叱らないといけませんね」
    「へ」
     まるで子供同士の他愛も無いケンカを見守るようなその口調に、巴景は二の句が継げない。
    (まあ、確かにこの人は晴奈のお母さん、なんだけど。……調子狂うわね)
     顔の傷がむずがゆくなり、巴景は仮面の下に指を入れてかこうとする。それを見た三晴が、「あら」と声を上げた。
    「仮面、お取りになればよろしいのに」
     三晴はひょいと、巴景の仮面に手を伸ばした。
    「えっ」
     あまりに唐突な行動だったため、巴景はまったく反応できず、仮面を剥ぎ取られてしまう。
    「ちょ、ちょっと。返してよ」
    「あら、綺麗なお顔」
    「返してってば……」
     仮面を取られ、巴景の態度は途端に弱々しくなる。
    「隠す必要、無いんじゃない?」
    「あ、あるわよっ。だって、醜いじゃない」
    「そうかしら……」
    「そうよ、だから返してよ、早く……」
     ところが、三晴は「ちょっと待っててくださいね」と言って、仮面を持ったまま席を立ってしまった。
    「な、何でよぉ……」
     一人残された巴景は顔を手で覆い隠し、三晴が戻ってくるのを待つしかなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その32】へ
    • 【蒼天剣・訪黄録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「巴景」自体はある程度キャラクタが固まったので、
    もし使用されたいのであれば、またご一報ください。
    また、公表される際には、当ブログの作品から引用したものであると言う旨を併記するよう、よろしくお願いします。

    巴景は名前が変わると共に性格も二転三転した、
    かなり特殊なキャラクタです。
    晴奈が皆に慕われる、「英雄型」の剣豪とすれば、
    巴景は誰にも従わないし従えない、「無頼型」の剣豪。
    相容れない一方で、何かしらの共感も、両者にはありました。

    NoTitle 

    セイナのそれと違う剣豪。
    それもまた剣豪の人生。
    私は巴景の方が好きですけどね。
    また機会があれば、こちらの世界でも使ってみたいですね。
    ここまで読むと感慨深い。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その32】へ
    • 【蒼天剣・訪黄録 2】へ