FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・訪黄録 4

     ←蒼天剣・訪黄録 3 →蒼天剣・帰北録 1
    晴奈の話、第540話。
    巴景と明奈の船旅。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「ね、ここは薄めにした方が、全体的にまとまるんです」
    「でも、傷が気になるし……」
    「大丈夫ですって。ほら、鏡」
    「……うーん、まあ、確かに」
     北方へ向かう船の中で、巴景は明奈から化粧の仕方について学んでいた。
    「今日はこんなところですね。……お腹、空きませんか?」
    「ん、……まあ、空いてるわね」
    「じゃ、ご飯食べに行きませんか?」
    「いいけど」
     船旅の間中、巴景は明奈のペースに乗せられていた。
     食堂に付いたところで、明奈が声をかける。
    「今日は何食べますか?」
    「そうね、魚系で」
    「取ってきますね」
    「いいわよ、たまには自分で……」
    「いいですよ。その代わり、席取っておいてくださいね」
    「あ、うん」
     やんわりと、しかしがっちりと主導権を握られ、巴景はされるがままになっている。
    (調子狂うわ……。まだ三晴さんが側にいるみたい)
    「取ってきましたよ、ご飯。アジで良かったですか?」
    「ええ、ありがと」
     同じことを、例えばむさ苦しい男が高圧的にしてくるのなら、撥ね付けたりぶちのめしたりするところなのだが、明奈はあくまでやんわりと、下手に接してくる。
    「あ、お茶も持ってきますね。巴景さん、先にどうぞ」
    「いいわ、待ってるから。一緒に食べましょう」
    「はーい」
     最初のうちは、晴奈の妹だからと半ば邪険に扱っていたが、いつの間にか仲良くなっていたりする。
    (……どうしちゃったのかしらね、私。何だか自分が自分じゃないみたい。
     あの子と一緒にいると、何だか憎しみで凝り固まってた自分の心の中が、解されていくような気がする。
     あの子といると、……心が安らぐ)
     巴景は仮面を付けない裸の顔で、明奈が戻ってくるのを待っていた。

    「ねえ、明奈」
     食事から戻った後、巴景は明奈に尋ねてみた。
    「何ですか?」
    「私、あなたのお姉さんを、殺すつもりしてるんだけど」
    「はい」
     何の含みも無い返事で返され、巴景は少し面食らう。
    「はい、って……。いいの?」
    「良くないですけど、そんな気がしないんです」
    「……なめてるの? 私、本気よ」
     にらみつける巴景に、明奈はふるふると首を振る。
    「いいえ、なめてません。ただわたしは、姉が勝つと信じていますから」
    「はっ」
     その答えが癇に障り、巴景は「人鬼」で中指を火に変えた。
    「私は全身、武器に変えられるのよ。今、あなたにこの指でデコピンして、そのまま額を焼くこともできる」
    「だから、姉に勝てると?」
    「そうよ」
    「理屈になってないじゃないですか」
     明奈はまるで怯まず、巴景に食って掛かってきた。
    「巴景さんの言っていることは、『私はこんなに強いのだから、誰にでも勝てる』と言うことでしょう?
     でもそんなの、『お金持ちは誰でも言うことを聞かせられる』とうそぶくのと一緒です。わたしが『いくらでも金をやるから自分を北方に連れて行け』と言ったら、巴景さんは一緒に行きましたか?」
    「……そう言われていたら、行く気にならなかったわね」
    「でしょう? どんなに力があっても、勝てるかどうかは別の話です」
     そこで一旦言葉を切り、明奈はじっと巴景を見つめる。
    「それに、わたしは姉が勝つと、『信じている』だけです。それは理屈でもなんでもなく、わたしの、ただの勝手な思い込みでしょう?」
    「……」
     巴景は怒りに満ちた目を向けつつ右手全体を火に変え、その手を明奈の顔へ寄せる。
    「……」「……」
     真っ赤な炎が、明奈のすぐ鼻先にまで迫る。
    「……フン」
     巴景はそこで火を収め、右手を元に戻した。
    「ま、そうね。信じるだけなら勝手だし」
    「ええ。わたしの勝手です」
    「……ちょっと外、出てくる。鍵かけないでね」
    「はい」
     巴景は眉間を揉みながら、船室を出て行った。

    (強いことと、勝つことは別、か。言ってくれるじゃない)
     甲板に立ち、水平線を眺めながら、巴景は明奈の気丈さに感心していた。
    (やっぱり、晴奈の妹ね。気、強いわ。……あははっ)
     と、背後に気配を感じる。
    「明奈?」
     巴景は背を向けたまま、声をかける。
    「はい」
    「何の用?」
    「私も風に当たりに」
    「そう。……ねえ、明奈」
     ここで振り返り、巴景はニヤリと笑った。
    「賭け、しない?」
    「何を賭けるんですか?」
    「もし私が晴奈に勝ったら」
     巴景は明奈の頭にポン、と手を乗せる。
    「アンタ私の妹になって、これから私の旅にずっと付いてきなさい」
    「はい?」
    「気に入ったし」
     この提案に明奈は目を丸くしていたが、やがて何かを思い付いたらしい。
    「……では、姉があなたに勝ったら」
     手を乗せられたまま、明奈もにっこり笑う。
    「姉のこと、『姉さん』と呼んでくださいね」
    「ねっ……」
     この提案に、巴景の顔が引きつった。
    「……い、いいわよ。どうせ、私が、勝つんだし」
    「ええ、楽しみにしておきます」
     にっこりと笑う明奈に、巴景は内心舌打ちした。
    (……やっぱり調子狂うわ。やるわね、この子)



     521年、3月。
     巴景と明奈は晴奈の後を追い、北方の地に到着した。

    蒼天剣・訪黄録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2012.03.11 加筆修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・訪黄録 3】へ
    • 【蒼天剣・帰北録 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    叶えるのは僕の仕事です。

    NoTitle 

    決闘と戦争は違う。
    巴景が望んでいるのは決闘なのだろうし。
    宮本武蔵ではないが、それはそれで叶えてあげたい気もする。
    なんだろう。。。
    それが巴景の今の本懐なのだろうし。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・訪黄録 3】へ
    • 【蒼天剣・帰北録 1】へ