FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・傷心録 1

     ←クルマのドット絵 その33 →蒼天剣・傷心録 2
    晴奈の話、第546話。
    凍った海でスケート。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦520年、12月。
     晴奈たち一行が北方に到着してから半月が経ち、沿岸部での軍事演習も軌道に乗り始めていた。
    「それにしても」
     その日、晴奈はリストとともに、グリーンプールの港に立っていた。
    「見事に凍っているな」
    「そうね。これから4ヶ月は、こんな感じよ」
    「ほう」
     試しに埠頭から身を乗り出し、刀の鞘でこつんと凍った海を突いてみる。
    「来た時はまだ氷が張っていなかったから、まさかこれほどとは思っても見なかった」
    「でしょうね。アニェッリ先生も、フーのおばあちゃん夫婦も、こっちに移り住んだ時はみんな驚いてたらしいわよ」
     そう言って、リストはひょいと氷の上へと降りる。
    「ほら。人が乗れるくらい分厚いのよ」
    「なんと……。話には聞いていたが、本当に乗れるとは」
    「セイナも来てみなさいよ」
     リストに手招きされ、晴奈も恐る恐る氷の上に足を乗せた。
    「……確かに」
    「じーちゃん、グリーンプールにも別荘持っててさ。アタシ、何度かこっちに、遊びに行ったコトあったのよ。楽しかったなー……」
     と、リストは埠頭に上がり、「ちょっと待っててね」と言って姿を消した。
     晴奈は水平線の向こうまで凍った海を見渡し、ため息をつく。
    (ウインドフォートで聞いた、巴景の話。彼奴は、この凍った海を歩いて渡ってきたと言う。考えもしなかったな、そんな手段は。
     恐らく、殺刹峰で得た強化魔術があったからこそ、取った手段ではあろうが――私には、到底真似ができぬ。その術と、型破り・非常識な発想力は、私を凌駕する。それこそが、巴景の強みであり、二つと無い武器なのだろうな。
     だが、私も人知を超えた経験を、いくつも重ねてきた。経験の量と深さは、負けていないはずだ。それに私にはこの『蒼天』と、十余年鍛え、高みに達した剣術が付いている。
     敵わないと言うことは、無いはずだ。十分、十二分に対抗できる。……いや、勝ってみせるさ。
     この因縁には、きっちりと決着を付けてみせる)
     と、リストが靴を二足抱えて戻ってきた。
    「お待たせー」
    「それは?」
    「スケート靴。サイズ合うかしら?」
    「すけ、と?」
    「氷の上を滑れる靴よ。……ほら、見てて」
     リストはスケート靴を履き、氷の上をすいすいと走る。
    「楽しいわよ、けっこー」
    「ふむ」
     晴奈もスケート靴を履き、氷の上に立とうとしたが――。
    「わ、と、とと、……にゃっ」
     バランスを崩し、べちゃりと前のめりに倒れてしまった。
    「あいたた……」
    「ふふ、あははっ」
    「参ったな、はは……」
     晴奈は埠頭にしがみつき、何とか立ち上がる。
    「足は揃えて立たないと、がくっと体の軸ブレるわよ」
    「ふむ。こう、か?」
    「そうそう、そんな感じ。で、こーゆー風に、右脚に体重かけてー、次は左脚にかけてー」
    「右、左、右、左、……こんな感じか」
    「そ、そ。うまいじゃない」
     運動神経のいい晴奈は、すぐにコツを飲み込む。
    「なるほど、面白い」
    「ね、セイナ。ちょっと、沖の方まで行こ?」
    「沖に?」
     聞き返したが、リストは理由を言わない。
    「……ダメ?」
    「いや、構わぬ。行ってみようか」
    「ありがと」
     リストは礼を言うと、晴奈の手をつかんですい、と滑り始めた。
    「滅多に割れないから、安心して」
    「ああ」
     しゃ、しゃ……と、スケートの滑る音だけが聞こえる。
    「わあ……、真っ白。ミラーフィールドじゃないけど、雲の中にいるみたいね」
    「そうだな、白い雲の上を滑っているようだ」
    「アハハ、雲ってツルツルなのね」
     滑る間に他愛も無いことを話しながら、二人は街が彼方に見えるくらいのところで止まった。
    「……さて、と。ココなら二人っきりで話せるよね」
    「うん?」
    「聞いて、セイナ。アタシの話」
    「どうした、改まって」
     リストはうつむき、スケート靴を脱ぎ始める。
    「あのね」
     脱ぎ終わるなり、リストは座り込んだ。つられて、晴奈も横に座る。
    「あの、……あのね」
    「……」
     リストはもごもごと、言葉を詰まらせる。そこで、晴奈が尋ねてみた。
    「エルスのことか?」
    「……そう」
     リストは顔を挙げる。やや吊り上がったその目は、今にも泣きそうに潤んでいた。
    「こないだ、ミラと、話をしたの」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その33】へ
    • 【蒼天剣・傷心録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    個人的に、最初から最後まで伏線や存在理由がぎっちりと詰まっているような書き方はあまり好きじゃないもので……。
    今後もできる限り、こう言うほのぼのした「遊び」を入れていくつもりです。

    NoTitle 

    この話の良いところは
    息抜きがあるのがいいんですよね~~。
    やはり冒険小説を読んでいるな~~。
    とほのぼのしてしまいます。
    (*^-^*)
    スケート楽しそう。

    NoTitle 

    ありがとうございます。
    頑張りましょう!

    NoTitle 

    一票入れときました。おたがい、がんばりましょう……。

     

    はじめまして、オランジュさん。
    わくわくすると言っていただけて、嬉しい限りです。

    総合目次から各話とあらすじに進めるので、
    よろしければご利用ください。
    これからもよろしく、お付き合いください。

    はじめまして 

    昨日もきたのですが、凄い大作で、わくわくします。
    ちょっとやそっとじゃ制覇できません。
    ちょっとゆっくり読んでいこうかなと思いつつ、どこからいけばいいかしら・・・・。
    ゆっくり、絡ませてください。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その33】へ
    • 【蒼天剣・傷心録 2】へ