FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・傷心録 6

     ←蒼天剣・傷心録 5 →キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部)
    晴奈の話、第551話。
    女の子の友情と、現れるはずのない敵軍。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「……そ、言やさ」
     不意に、リストが口を開いた。
    「セイナ、どうなの?」
    「うん?」
    「最近、トマスと仲いいみたいだけど」
    「えっ」
     聞かれた晴奈は、もごもごと口ごもる。
    「あー、それは、うむ、確かに、いいと言えばいい、な」
    「……いーわね」
    「な、何が、だ?」
    「アンタ、好きなんでしょ?」
    「そ、それは……」
     晴奈はかけていたマフラーをいじりながら、ボソボソと答える。
    「……少なくとも、憎からず思っている」
    「そっか。……なんで?」
    「なんで、って」
    「アイツ、頭いいけどすぐ人のコトにケチつけるし、自慢したがりだし。ドコがいいの?」
    「ああ、えー……、と」
     なお、晴奈は口をもごもごとさせる。
    「そうだな、私のことを、気にかけてくれるから、かな」
    「アンタを?」
     言いかけて、リストは「ああ」と納得したような声を出した。
    「そうね。アンタもエルスみたいに、『何でもできますよ』って感じのヒトだもん。自信家だし、実際腕もいいし、オマケに料理もうまいしね。
     でも、……そうよね。だからアンタのコト、ちゃんと見てないのかもね、みんな」
    「……」
    「……じゃ、さ」
     リストはいたずらっぽく、こう言った。
    「アタシもアンタのコト、気にかけるようにしたらさ、アンタもアタシを、好きでいてくれる?」
    「へ?」
    「……なんてね」
     リストはクスクスと笑い、手を振る。
    「他の誰よりも、トマスが一番にアンタのコト、思ってくれたからよね。他の人が『自分もあなたのコト、見てますから』ってアプローチしたって、遅いわよね」
    「あ、いや、リスト」
     晴奈は慌てて、リストの言葉に付け加える。
    「そんなことをせずとも、お主のことは嫌ってなどいない。お主も大事な友人だ」
    「……友人?」
     リストは晴奈に顔を向け――笑い出した。
    「……ぷっ、ちょ、セイナってば。なんで顔にそんな、マフラーぐるぐる巻きにしてんのよっ、あは、ははっ」
    「あ、いや、これは、……その、恥ず、いや、……うー」
    「あは、はは……、はー、何か久々に笑い転げた」
     リストは笑って出た涙を拭きながら、ぽつりとこう返した。
    「……友達、かぁ」
    「ん?」
    「そうよね、アンタはずっと、アタシの友達だった。改めて言われて、やっと実感したわ」
     そう言うとリストは、突然晴奈に抱きついた。
    「うわっ!? な、何だ!?」
    「セイナっ」
     リストは嬉しそうに、晴奈を抱きしめたままゴロゴロと氷の上を転がる。
    「ずーっと、友達でいてよね」
    「え? あ、ああ。もちろん」
    「約束よ」
    「う、うむ」
     ようやく解放され、晴奈は軽く目を回しながらもうなずく。
    「約束するさ。お主はずっと、私の友人だ。これまでも、そしてこれからも、な」
    「……うん」

     その時だった。
    「……ッ!」
     晴奈は自分と、横に寝転がっているリストとに、どこかから鋭く、貫くような殺意をぶつけられたのを感じ取った。
    「リスト、転がれッ!」
    「えっ」
     言うが早いか、晴奈はリストの襟元を引っ張って、無理矢理に体を横転させた。
     次の瞬間、今まで二人が寝そべっていた氷が、バシッと言う音とともに砕けた。
    「え……、銃撃!?」
     リストは自分たちが攻撃されていることに気付いたが、起き上がろうとはしない。
    「セイナ、伏せてて!」
    「ああ、分かっている」
     起き上がればそのまま、格好の的になるからだ。
     二人は寝そべった格好のまま、攻撃された方向を見定める。
    「……まさか、そんな!?」
     すぐに二人は、攻撃された方角を察知した。
     それは西南西の方角――即ち、あと半年ほど後に「ヘブン」が攻めてくるであろう方角からだった。
    「ウソでしょ……、歩いてきたって言うの!?」
    「いや、無理な話では無い。巴景が、それをやったのだ。最早、絵空事ではないのだ」
     二人の目には、斥候と思われる者三名が、銃を構えてしゃがんでいるのが見えていた。
    「どうしよう、セイナ?」
    「……念のため、刀を佩いていて助かった」
     晴奈はうつ伏せのまま、刀を抜いて火を灯す。
    「『火閃』」
     冷え切った周囲の空気が熱され、氷をわずかに溶かして真っ白な水蒸気を生む。
    「……っ」
     湯気の向こうで、斥候がたじろぐのが、ぼんやりとだが確認できた。
    「今だリスト、走るぞ!」
    「うんっ」
     二人は立ち上がり、スケート靴で走り去った。

    「あっ、くそッ!」
     晴奈たちを狙撃した斥候は狙っていた相手が逃げたのを見て、舌打ちする。
    「い、今ならっ」
     もう一名が慌てて銃を構えたが、それを背後から止める者がいた。
    「やめとけ。当たるワケねー」
    「えっ」
     狙撃を止めさせたのは、フーの側近である銃士――ルドルフだった。
    「『ヘブン』じゃ、まともに銃を作ってねーからな。整備も適当なもんだ。そんな銃であの距離じゃ、かすりもしねーよ」
     斥候たちは不満そうに、逃げていく二人を眺めている。
    「しかし少尉、このまま逃がせば……」
    「いいんだよ、別に」
     ルドルフは肩をすくめ、ニヤリと笑う。
    「もうどうしようもねーよ、この距離まで来られちゃな。後は……」
     ルドルフは踵を返し、自分たちが元来た方向へと戻り始めた。
    「この凍った海を大量の歩兵で渡って、ブッ潰すだけだ。『トモエ作戦』、いよいよ本番ってワケだ」

    蒼天剣・傷心録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・傷心録 5】へ
    • 【キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    銃には銃で、剣や魔術に対してのメリットとデメリットがそれぞれあると考えています。
    恐らく後者に対して訓練期間が短くて済むだろうなとか、威力や有効範囲で劣る部分があるのではないか、とか。
    その辺りを練っていくのも、リアリティにつながるのではないかと考えています。

    NoTitle 

    この世界でも銃は便利だな~~と思います。
    って、攻撃するためのものか。
    扱いが難しいし、当てるのはもっと難しいですけど。

    こういうリラリティのあるファンタジーだから余計に銃が便利に見える不思議ですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・傷心録 5】へ
    • 【キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部)】へ