FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・氷景録 1

     ←キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部) →蒼天剣・氷景録 2
    晴奈の話、第552話。
    トモエ作戦の始まり。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     北海の凍結海域と、そうでない海域の境となっている北海諸島第4島、スタリー島。
    「相手は、油断しきってたんだな?」
    「はい。しかし、離れていたのではっきりとは判断できませんが、どうやら兵士と思われる者二名に、我々の姿を見られました」
    「そっか。……ま、いい。今から突っ込めば、まともに対応できねーだろ」
     斥候からの報告を聞き終えたフーは、ニヤリと笑った。
    「今から1時間で準備を整えろ! すぐにグリーンプールへ攻め込む!」
    「はっ!」
     フーの号令に、将校たちはバタバタと会議室を出て行った。
    「いよいよ、か」
    「そーね」
     フーの横には、ドールとノーラが座っている。
     本来ならば参謀のアランがそこにいるはずだが、フーは何としてもアランをこの場に居させたくなかったため、彼女らを今回、参謀扱いとしたのだ。
    「ま、奇襲とか強襲、電撃戦は俺たちの得意技だ。兵隊の大半は、蹴散らせるだろう。
     後は、敵主力への対策だな」
     その発言に、ドールが口を開く。
    「まず、リロイよね。アイツは確実に出張ってくるわ。アイツを放っておいたら、十中八九撃退されるわよ」
    「それと、トマス・ナイジェル博士ですね」
     ドールの所見を、ノーラが次ぐ。
    「この両氏は、『知多星』エドムント・ナイジェル博士の愛弟子です。手を組まれれば、どんな奇手・奇策で翻弄されるか」
    「あと、気になるのがあの『央南の猫侍』、セイナ・コウよ。実は央南抗黒戦争時代からの、リロイの腹心なんですって。当然、この場にも来てるわ。相手にするには、相当てこずるわよ」
    「だな」
     以前に晴奈に叩きのめされた覚えのあるフーは、短くうなる。
    「てこずると言えば、リスト・チェスターも懸念すべき相手です。央南での職を辞してまで、参戦したとか。その気概と腕前、それに指揮官・狙撃手としての手腕は警戒が必要です」
    「やれやれ、スター揃いだな」
     首をポキポキと鳴らしながら、フーはまた短くうなる。
    「それから、我々の元側近のトラックス少尉とブライアン軍曹も、リロイのそばにいるらしいわ。まさか、敵に回すコトになるなんて思いもしなかったわね」
    「あいつらも、か。……真っ先に潰すべきヤツは、全部で6人か。
     対策は?」
    「できてるわ。『ヘブン』のアッチコッチから、いいのを揃えてるわよ。それで精鋭部隊を組織してるからね」
    「そっか。……お前に任せっきりにしてたが、どんな奴らなんだ?」
     聞かれたドールは、にんまりと微笑んだ。
    「現在の側近であるアタシたち4名と、前政府の頃に投獄された囚人が3名、それから央北を旅してた手練の傭兵が3名。
     こんだけ集めれば、どーにでもなるでしょ」



    「確認したよ。確かに敵は、すぐそこまで来てた」
     晴奈たちからの報告を受けたエルスは、すぐ氷海に兵士を送り、偵察させていた。
     その結果、多数の軍勢がスタリー島に駐留していることが判明し、王国軍と、演習に来ていた同盟軍は騒然となった。
    「どうする?」
     尋ねた晴奈に、トマスが緊張した面持ちで答える。
    「迎え撃つしかないよ」
    「しかし、軍備はまだ整っていない。真冬で漁業や農業が閑散期にある現在、沿岸部の備蓄の半分以上は民間に供給されている。
     無理矢理引き上げ、徴発するにしても、足りるとは……」
    「分かってるよ、そんなことは! でも、やるしか……、っと」
     トマスは顔をしかめつつ、晴奈に怒鳴りかけて、途中で頭を下げた。
    「……ごめん。イライラしてた」
    「ああ、いや、……確かに、事態はかなり悪い。備蓄で不利な点ひとつ取っても、このまま攻め続けられれば、押し負けるのは明白だからな」
    「うん。それに『この地域』で、そして『この時期』で敗北することは、僕らにとって非常に痛手過ぎる。
    『まさかこの、海が凍りついたこの時期にむざむざ攻め込まれ、北方では裕福なはずの沿岸部において、物資不足で負けた』なんて聞いたら、軍の士気は著しく下がるだろう。
     そうなればこの後、僕らが勢力を盛り返すことは非常に難しくなる。折角の同盟も、無駄になってしまう」
    「むう……」
     晴奈とトマスは、互いに腕を組んでうなった。
     と、リストがエルスに顔を向け、平然とした顔で尋ねた。
    「エルス、対策は?」
     うろたえたのは、エルスの方だった。
    「えっ、……ああ、うん。これから検討する。……えっと、リスト?」
    「何?」
    「その……、この前は……」
    「ああ、アレ? 今そんなコト、考えてる場合じゃないでしょ?
     ソレともこの大銃士、リスト・チェスターに、この切羽詰った状況でまだ、引きこもっててほしかった?」
    「あ、いや。……分かった。よろしく頼んだよ、リスト」
     リストは小さくうなずき、エルスに背を向けてこうつぶやいた。
    「アンタ、ココで負けて死んだりしたら、承知しないわよ。アタシも、コスズもね」
    「……もちろんさ。負けたりしない」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2012.03.11 加筆修正
    2016.12.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部)】へ
    • 【蒼天剣・氷景録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「トモエ作戦」は長丁場になります。
    色々見どころがあるので、楽しく読んでいただければ幸いです。

    NoTitle 

    戦略が問われる戦乱が始まる雰囲気ですね。
    ドキドキするところが面白いですね。
    ファンタジーの戦乱は好きなので、これから楽しく読ませていただきます。(/・ω・)/
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;三晴、ディーノ(第9部)】へ
    • 【蒼天剣・氷景録 2】へ