FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・氷景録 4

     ←蒼天剣・氷景録 3 →蒼天剣・氷景録 5
    晴奈の話、第555話。
    賞金稼ぎと人間武器庫。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     晴奈たちが気付くと同時に、敵兵たちはこちらに向かって駆け出してきた。
    「来るぞ! 迎え撃てッ!」
     晴奈の号令に従い、剣士隊も走り出す。互いの分隊が衝突し、場は瞬く間に騒がしくなった。
    「行くぞ、小鈴!」
    「ええ!」
     指揮していた晴奈たちも、その喧騒の中へと飛び込んでいった。
    「りゃあッ!」「ぐあッ!?」
     30人以上の敵兵たちに、晴奈は小鈴の助けを借りて立ち向かう。晴奈の率いる兵士たちも果敢に攻め込み、倍以上いる敵を押し返していく。
    「だ、ダメだ!」「進めない!」
     数の上で有利なはずの敵兵の士気が、みるみる下がっていく。それを感じ取った晴奈は、一気に追い払おうと大技を見せ付けた。
    「これ以上寄れば命は無いぞ、雑兵どもッ! この炎の餌食になりたいかッ!?」
     晴奈の剣術、「火閃」で空気が燃え上がり、けたたましい音を立てて爆ぜる。
    「う……」「ひ、いっ」
     同盟軍の猛攻と晴奈の威嚇で、敵のほとんどは後退し、攻めを止めた。
    「さあ……! どうする、お前らッ!?」
     ここでダメ押しとばかりに、晴奈は凄んで見せた。

     ところが――。
    「ならば吾輩が相手だ、セイナ・コウ!」
     敵兵たちの後ろから、槍を抱えたヒゲ面の短耳が姿を表した。
    「貴様は……、見覚えがあるな」
    「忘れたとは言わせんぞ、猫侍。そして背後の紅白女もだ」
     紅白女、と呼ばれて小鈴が相手を指差す。
    「晴奈、アイツよアイツ。グリーンプールで叩きのめしたヤツ」
    「ああ。……何と言ったかな」
    「さあ? わめいてた以外に印象薄いし」
    「ハインツ、だ! ハインツ・シュトルム! ちなみに昇進して大尉になったぞ!」
     名前を忘れられたハインツは、顔を真っ赤にして怒る。
    「あの時は不覚を取ったが、今度はそうは行かんぞ! 今度は容赦せん、3対1の布陣でねじ伏せてやるぞ!」
    「1?」
     小鈴が口をとがらせたが、反論する間も与えられず、ハインツの背後にいた2人が前に進んだ。
    「アンタが『縛返し』とか『央南の猫侍』とか言われてる、コウっておねーさん?」
    「む……?」
    「んー……、聞いた以上に、んー……、強そう」
     ハインツの横に並び立ったのは、大剣を持った銀髪の狼獣人と、口元をストールで覆い隠した茶髪の短耳だった。
    「シュトルム大尉が自己紹介したし、俺たちもさせてもらうぜ。俺はデニス・キャンバー。央北じゃちょこっと有名だ」
    「んー……、ミール・ノヴァ。んー……、相棒、んー……、デニスの」
     二人の自己紹介が終わったところで、再びハインツが胸を張って語る。
    「今回、このトモエ作戦を円滑に遂行するため、お前やグラッド元大尉に対抗しうる人材を募ったのだ。
     前回のようには行かんぞ、コウ!」
    「……アンタらねー」
     散々無視された小鈴が、苦虫を噛み潰したような顔で口を開いた。
    「あたしが見えないのかっての、ったく。このコスズ・タチバナさまを無視するなんて、いー度胸してんじゃないの。
     んで晴奈、あの二人確かに有名人よ。『銀旋風』つって、央北と南海を行き来する、賞金稼ぎコンビ。今までに極悪人とか海賊とかを倒して得た賞金額は、130万クラムとか140万クラムとか」
     小鈴の説明に、デニスが付け加えた。
    「157万クラムだ。で、コウを倒せば、それが倍になる」
    「と言うことは、私の首には150万の値が付いているわけか」
     これを聞いた晴奈は、鼻をフンと鳴らした。
    「安い。私の首は、もっと価値がある」
    「んー……、自信家」
    「だなぁ。ま、高いか安いか……」
     デニスは剣を構え、晴奈に斬りかかった。
    「一戦交えて、試してみるかっ」

     晴奈がデニスの初太刀をかわしたところで、ハインツがナイフを投げてきた。
    「お、っと」
     晴奈はこれもかわし、「火射」をハインツに向けて放つ。
    「おうっ!?」
     燃える剣閃が伸び、ハインツはうろたえる。
     と、彼の前面に薄い魔術の盾が張られ、それを防ぐ。敵の魔術師、ミールが前もって防御術を仕掛けていたのだ。
    「んー……、『マジックシールド』」
    「……こしゃくな」
     舌打ちした晴奈に、デニスが襲い掛かる。
    「オラ、ぼーっとしてんなよ!」
    「しているように見えるか?」
     が、晴奈はデニスの方を振り向きもせず、それをかわす。
    「あ、れっ?」
    「お主の腕前は分かった」
     晴奈はひょいと一歩退き、刀を納めた。
    「え? 何で刀、しまう……?」
     きょとんとしたミールに対し、デニスはごくりと唾を飲んだ。
    「……居合い抜きってヤツだな。喰らった覚えがある」
    「ほう、知っているか」
    「いいねぇ、サムライ。あこがれるぜ、ホント!」
     デニスも剣を構え直し、晴奈と対峙した。
    「何て言うんだっけ、こう言う時って」
    「『いざ、尋常に……』か?」「あ、そうそう、そんなだったな」
     両者はにらみ合い、同時に叫んだ。
    「いざ、尋常に勝負ッ!」
     叫びきり、駆け出し、両者は衝突した。
    「……ッ」「……ぅ」
     晴奈が肩を押さえ、小さくうめく。
    「晴奈!?」
    「……心配無用」
     晴奈は二の腕を押さえたまま、立ち上がる。
    「……やっぱ、サムライ、すげえ」
     倒れたのは、デニスの方だった。
    「あ、あ……、デニス……」
     相棒を倒されたミールは青ざめ、その場に立ち尽くす。
    「……さあどうする?」
     晴奈は左腕から手を離し、ハインツに向かって刀を構える。
    「やるしかなかろう。……容赦せん!」
    「してもらっては困る」
     晴奈はニヤリと笑い、飛び掛った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・氷景録 3】へ
    • 【蒼天剣・氷景録 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「全盛期(ピーク)」ですから、相応に強いです。
    心身共に、この今が最も戦える状態にあります。

    NoTitle 

    ううむ。
    セイナも順調に強くなってますね。
    流石の貫禄を戦場でも見せていますね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・氷景録 3】へ
    • 【蒼天剣・氷景録 5】へ