FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・氷景録 7

     ←蒼天剣・氷景録 6 →2010年6月 携帯待受
    晴奈の話、第558話。
    王とは何か?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     戦いが始まって、6時間が経過した。

     北海第4島、スタリー島。
    「どうだ、戦況は」
    「依然、正面突破はできていないわ。北端・南端からも返事は返ってこない。市街地に送ったリロイ暗殺班も、戻ってないわ」
     ドールの報告に、フーは腕を組んでうつむいた。
    「そうか。目処は立ちそうなのか?」
    「目処?」
    「グリーンプールを落とせそうなのか、って意味だ」
    「何でそんなコト……」
     ドールの問いに、フーは静かな眼差しで答える。
    「もし成功しない、無駄に終わったってんなら、全員が犬死にするってことだ。それは、いいことか?」
    「……そりゃ、よかないケド」
    「ドール。俺がなんで、戦いを主導してるか分かってるよな?」
    「ええ、まあ。アランに好き勝手させたくないんでしょ?」
    「そう、あの悪魔にこれ以上、皆を嬲り者にされたくないんだ」
     フーの言い回しに、ドールは首をかしげた。
    「嬲り者?」
    「考えてもみろ。あいつが参謀に復帰して以降、『ヘブン』では何が起こってた?」
    「……ま、確かに。アンタが頑張り出すまで、反乱と粛清の繰り返しだったわね」
    「だろ? それで結局戦争は始まらないし、国内の混乱は収まらない、憎まれるのは俺ばっかり。……誰にも、何にも、いいことなんか起こってなかった。
     あいつは目的と、それを達成するための手段とが食い違って、滅茶苦茶なんだ。きっとこの戦いにあいつが出張ったら結局、皆殺しになっちまうだろうな」
    「敵だけじゃなく、味方まで、ね」
    「そうだ。俺はな、ドール」
     フーは真剣な眼差しで、己の信念を説いた。
    「元はどうあれ、今は王様なんだ。
     上に立つ王様が、自分の国のために頑張ってくれてる奴らを見捨てて、見殺しにしてどうする? それが国のため、皆のためになるってのか? 俺は違うと思う。
     王様は皆がいてくれるから王様なんだ。俺を王様でいさせてくれる皆を見殺しにしたら、俺はもう王様じゃない」
    「……テツガク的ねぇ」
     ドールはクスクス笑いながらも、フーの意見にうなずいてくれた。
    「ま、言いたいコトはよぉく分かるわ。それじゃ、状況が悪化し始めたらまた伝えるわ。
     アンタの大事な皆を、少しでも生かすために、ね」
    「……頼んだ」



     北海第5島、フロスト島。
    「……」
     灯りのない、真っ暗な森の中に、アランが立っていた。
    「……ぬるい。あまりにぬるすぎる」
     アランの目には、はるか十数キロ先で戦う同盟軍と日上軍の姿が映っていた。
    「私を差し置いて、己自身で軍を率いての行動が、この体たらくか。
     ……だめだ。まだ、あいつには『王』が何であるか、欠片も理解できてはいないようだ」
     アランはのそりと、森の中から姿を表した。
    「王とは一人であるべきなのだ……!
     一人であるからこそ、貴く。一人であるからこそ、尊ばれる。
     ただ一人であるから、どんなに我侭でも許される。ただ一人であるから、どんなに貪欲でも許される。
     その一人のために民の皆が汗を流し、涙を流し、血を流すのだ。
     その民のことなど、ただ一人の存在たる王が気にかけて、どうすると言うのだ。
     民を愛する王など、民を気遣う王など、あってはならない……!」
     アランは懐から、一枚の金属板を取り出した。
    「民こそは王の玉座である。民こそは王の道具である」
     アランは金属板を手に、氷原へと歩き出した。
    「民こそは王の――食糧である」

    蒼天剣・氷景録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2012.03.11 加筆修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・氷景録 6】へ
    • 【2010年6月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    王様一人だけの国なんてありませんしね。
    国民がいてこその国王です。

    NoTitle 

    「民こそは王の――食糧である」
    斬新ですが、的を射てますね。
    王も民がいないと生きていけないですからね。
    そこは重要です。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・氷景録 6】へ
    • 【2010年6月 携帯待受】へ