FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 1

     ←2010年6月 携帯待受 →蒼天剣・晴海録 2
    晴奈の話、第559話。
    兄妹の死闘。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     フーによる「トモエ作戦」が開始されてから、6時間が経過していた。
    「どうなってます……?」
     ディーノは周りにいた兵士たちに、戦況を尋ねていた。
    「依然、膠着状態にあるとのことです」
    「そうですか……」
     ディーノたちは現在、交戦中であるグリーンプールの郊外に留まっていた。
     元々、ディーノがミラーフィールドからこちらまで下りて来たのは、リストへある物を渡すのが目的だった。新しい銃技術を考案し、その試験と実用を兼ね、リストに使ってみてもらおうと考えていたのだ。
     ところが街外れで、兵士たちに足止めされてしまった。「トモエ作戦」により日上軍がグリーンプールに現れたため、街への出入りが制限されてしまったからである。
     無理矢理入るわけにも行かず、仕方なくディーノは兵士たちと共に、戦況を見守っていた。
    「こう言う時にこそ、使ってほしかったんですけどねぇ」
    「それが、その新兵器なんですか?」
     兵士の質問に、ディーノは首をわずかにかしげる。
    「あー、新兵器、と言うのとは、ちょっと違うんです。既存の武器にですね、ちょっとプラスすると言うか、補助する道具なんですよ」
    「は、あ……?」
     ディーノの説明が分からず、兵士は狐につままれたような顔を向けた。

     と、別の兵士も狐につままれたような顔をしながら、ディーノに近付いてきた。
    「あの、アニェッリ先生。『頭巾通信』が入っております」
    「え? 僕にですか?」
    「はあ、そうでして」
    「誰でしょう……? 僕がここにいるなんて、どうやって」
    「あ、それはですね、通信している間に、先生のことが話題に上りまして」
    「そうなんですか。それで、誰から?」
    「相手の方は、『話せば分かる』と」
    「はあ……?」
     ともかくディーノは頭巾を受け取り、頭に巻いた。
    「……え? その声……、えっ」
     途端に、ディーノの目が見開かれる。
    「そんな、でも君、……そうなんですか。じゃ、……あ、そうですか。え? ……へえ。それは楽しみですね」
     話しているうちに、ディーノの顔がほころんでくる。
    「じゃあ今、海上に? ……なるほど。……あ、それで僕に? ……はは、ありがとう。分かりました。計算してみます」
     ディーノは頭巾を巻いたまま、兵士に声をかけた。
    「すみません、紙とペンを。弾道計算しなきゃいけないので」
    「弾道、計算?」
    「ええ。戦況を覆す、大きな一手です」
     紙とペンを渡されたディーノは、楽しそうに計算式を並べていった。



     同時刻、グリーンプール港と市街の境。
    「君も、僕を狙ってるのかな」
     エルスは目の前の、フードを被った長耳に声をかける。
    「そうよ」
     声を聞いたエルスの笑顔が薄れる。
    「……その声。まさか、君は?」
    「そうよ、兄さん」
     長耳はフードを取り払う。そこには怒りに満ちた、エルスの実妹――ノーラの顔があった。
    「何年ぶりかしら? 5年?」
    「そのくらい、かな」
    「会いたかったわ」
     ノーラはコートを脱ぎ、体術の構えを取る。その構えはエルスのそれと遜色ない、達人級の気迫を放っていた。
    「嬉しいことを言ってくれるね、ノーラ」
    「……あなたはいつもそう」
     ノーラは地面を蹴り、エルスとの間合いを詰める。
    「いつも軽口ばかり。その口からは、まったく真実を出さない。薄っぺらな台詞ばかり吐く」
    「そんなつもりはないよ」
     ノーラの正拳突きを、エルスは後ろに退きつつ受ける。
    「僕はいつも真面目さ。真面目に答えてるつもりだよ」
    「どこがよッ!」
     正拳突きを止められたノーラは拳を引くと同時に左脚を挙げ、エルスの頭を狙う。
    「父さんが失脚した時、あなたは私に何て言った!? 『僕が付いててあげる』って言ったわよね!?」
     この蹴りも、エルスは紙一重でかわす。ノーラは空振りした脚をそのまま着地させ、軸足にして右脚を挙げる。
    「その後いきなり、無責任に姿を消したのは、どこのどいつよッ!? あなたでしょ!?」
    「それは、まあ、うん」
    「その後私がどんな目に遭ったか、知らないでしょう!?
     毎日、地獄だったわ! どこへ行っても『罪人の娘』『罪人の妹』って! 一々頭に『罪人』と付けられて、嬲られて、蔑まれて、疎まれて!」
     二段目の蹴りが、エルスの右手首をかする。蹴ったとは思えない、ビシッと言う鞭のような音を立てて、エルスの右手首から血が弾ける。
    「……っ」
    「ひどい時なんか、売女扱いよ!? 私は何も、悪いことなんかしてないのに、よ!?」
     ノーラの攻勢は止まらない。
    「それもこれも全部、全部、全部ッ!」
     ノーラは右脚をこれでもかと強く地面に落とし、叩きつけるように踏み込む。
    「アンタのせいよ! この、疫病神ッ!」
     踏み込んだ勢いを背中に移し、そのままエルスに体当たりした。
    「が、ッ」
     エルスの肺や胃、横隔膜、内臓に強烈な圧力がかかり、口から勝手に息と胃液が漏れる。
    (てっ、鉄山靠……ッ)
     ノーラより二周りは重たいはずのエルスが、易々と弾き飛ばされた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2010年6月 携帯待受】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2010年6月 携帯待受】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 2】へ