FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 2

     ←蒼天剣・晴海録 1 →蒼天剣・晴海録 3
    晴奈の話、第560話。
    紳士の戦い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ノーラの攻撃を受けたエルスは地面につんのめりながら、そのままずるずると後ろに飛ばされていった。
    「がっ、かふっ、げ、ぐ、っふ」
     ようやく体が止まるが、呼吸しようにも、肺が広がってくれない。立ち上がることもできず、そのまま咳き込んでいた。
    (ああ、やばいなぁ……。これは予想以上だ)
     倒れたままのエルスに、ノーラは容赦なく蹴りを浴びせる。
    「立ちなさいよ、クズ……ッ!」
    「がっ、うあっ」
     何度目かの蹴りで、エルスは自分の左奥歯と頬骨が折れ、右肩が外れるのを感じた。
    (うう、痛い。まだ呼吸もままならないし、これはちょっときついかもなぁ)
    「ほら、アンタ最強の諜報員だったんでしょ!? 英雄だったんでしょ!?」
     ノーラはピクリとも動かないエルスを、なお踏みつける。
    「その英雄サマが、最強の男が、私にいいようにやられるのッ!?」
    (……何だかなぁ)
     と、地面にへばりついていたエルスが突然消え、ノーラの足が地面を蹴る。
    「い、った……っ!?」
    「ノーラ、君は一体何が言いたいの?」
     いつの間にか、エルスはノーラから2メートルほど離れた場所に立っている。左顔面が腫れ上がっているが、その口からはいつものように軽妙な言葉が飛び出す。
    「僕を馬鹿にしてるの? それとも尊敬してるの?
     英雄サマ、英雄サマって称えながら蹴りを浴びせるって、屈折してるね」
    「い、いつの間に……?」
     エルスは外れた肩を戻しながら、鼻血まみれの顔でにっこりと笑った。
    「確かに僕は、適当なことばかり言っているように見られる。いつもヘラヘラしてるし、口から出るのは軽口ばかりだ。
     だけどね、僕は今まで適当に生きてたことは、一瞬たりとも無い。どんな時だって、何をどうすれば最もいい結果が出るかを考えて、動いている。
     本当は君のことも、央南に連れて行きたかったんだ。だけど運悪く、君は遠出していた。『バニッシャー』の再強奪は急ぎでやらなきゃならないことだったし、僕はそっちを選んだ。
     でも君のことは、いつかどうにかして、迎えに行きたかった」
    「……嘘よ」
     ノーラはきっとエルスをにらみつけ、再度構える。
    「本当さ。そのために、僕は央南での地位を確立した。今こうして、北方で指揮を執っていることこそ、その証明だ。
     僕が何の権力も無い、一兵卒のままであったなら、こうして北方の土を踏むことはできなかっただろう?」
    「……詭弁よ。だったら何で、もっと早く迎えに来てくれなかったのよ!」
     ノーラが再度、間合いを詰める。
    「その点は、本当に心から謝りたい。僕にもっと手腕があれば、もっと早く迎えに来られたのに、と悔やんでいる」
    「口ばっかり!」
     ノーラは下段、上段、中段と、エルスを惑わせるように蹴りを放つ。だが、そのどれもが空を切り、エルスには当たらない。
    「本当さ。信じてほしい。……まあ、何を言っても結果は結果だね。君を助けられなかった」
    「……っ」
     ノーラの何度目かの蹴りがエルスの胸を突くが、ぺた、と軽い音が響くだけに留まる。エルスが後ろに退くことで、威力が削がれたのだ。
    「……ねえ、ノーラ。まだやり直しは効くかい?」
    「えっ?」
    「今ここで、僕を許してほしい。僕のことを許して、僕たちの側に来てくれないか?」
    「なっ……」
     ノーラはエルスをにらみつけるが、声には今までのとげとげしさが感じられない。
    「できるわけ、ない……っ」
    「本当に?」
    「……できない。できないわよ、もう。だってもう、アンタをボコボコにしてる、し……」
    「許してほしいんだ。今までのことは、全身全霊をもって謝る。君の望むことなら、何でもする。
     だから僕を許して、僕に付いてきてよ、ノーラ」
    「……できないッ!」
     ノーラは声を荒げ、両手を突き出した。
    「『サンダースピア』!」
    「……っ」
     ノーラの掌から放たれた雷の槍が、エルスに向かって伸びる。
     だが――。
    「……ぐすっ」
     槍はエルスの頭上はるか上を過ぎ、夜空の彼方へと飛んでいった。
     エルスはそれを見上げもせず、目を赤くしているノーラへ、優しげに声をかける。
    「もう一度聞いていい?」
    「……いいわ」
    「許してくれる?」
    「……逆じゃ、ないの?」
     ノーラはその場に座り込み、グスグスと鼻を鳴らす。
    「私は、アンタの命を狙ったのよ? それを詰問するどころか、『許してくれ』? 逆でしょ、普通……」
    「いや、普通なら」
     エルスはノーラを、そっと抱きしめた。
    「先に悪いことをした方が非難されるはずだろ? だったら僕が許される方が、先ってもんさ」
    「……ばか」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・晴海録 1】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    エルスは本当に「いいやつ」ですからね。
    どんな敵であれ、できることなら穏便に、平和に対立を解消したいと願っています。
    それが妹なら、なおさら。

    NoTitle 

    和解だあ~~ヽ(^o^)丿
    ううむ。私の小説ではこういうことはないので、
    良いですね。こういうシーンも。
    ありがとうございます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・晴海録 1】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 3】へ