FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 3

     ←蒼天剣・晴海録 2 →蒼天剣・晴海録 4
    晴奈の話、第561話。
    侍と騎士。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「はあ、はあ……」
    「どうだ、猫侍……! 前のような不覚なぞ、取りはせんぞ……!」
     晴奈とハインツの戦いが始まって、既に2時間以上が経過していた。
     ハインツなりに、前回の敗北から学んだらしい。無理矢理に晴奈を追いかけることはせず、長い槍で間合いを取り、晴奈を牽制している。
     晴奈も背が高いため、それなりに手足のリーチはあるのだが、刀では槍の長さには対抗できない。一向に有効打を入れられず、構えたまま動けずにいた。
     と言って、ハインツが優勢だったわけでもない。一瞬でも気を抜けば、晴奈は容赦なく槍を「燃える剣閃」で切り落として仕掛けてくる。そうなれば前回の繰り返しになり、ハインツの敗北は確定してしまう。
     互いに牽制し合い、一向に決着は付かなかった。

    「……う……」
     その合間に、晴奈に倒されたデニスが目を覚ましていた。
    「あ、起きた」
    「峰打ちだもんね」
     横には小鈴と、ストールを脱いだミールが座っていた。
    「峰打ち? ……くそう、カッコよすぎるぜ」
     デニスは上半身を起こし、頭を抱える。
    「大丈夫、デニス?」
    「ああ。肋骨が折れてるみたいだけど、それ以外は何とも」
    「治療してあげなさいよ、ミールちゃん」
    「んー……」
     いつの間にか仲良くしている二人を見て、デニスが呆れる。
    「おいおいミール、何してんだよ。敵だぞ、そいつ」
    「んー……、でも、悪い人じゃない」
    「んふふ、デニス君」
     小鈴はニヤニヤしながら、デニスの額をつつく。
    「こーんな可愛いカノジョ、心配させちゃダメでしょ」
    「う……、うるせえ。敵に心配される筋合い、ねーよ」
     顔を真っ赤にしたデニスに、小鈴はもう一度ニヤリと笑う。
    「いーじゃん。もう戦線離脱したんだし、敵も味方もないわよ」
    「……だなぁ。相手が悪すぎた」
     デニスは武具を脱ぎ、ミールの治療を受ける。
    「んー……、『キュア』。んー……、痛くない、デニス?」
    「大丈夫、効いてるよ。……折角、300万溜まると思ったのになぁ。悪いな、ミール」
    「んーん、デニスが無事ならいい」
    「んなこと言ったって、これでようやく土地と家が買えるトコだったんだぜ」
    「いいってば」
     二人の様子を眺めていた小鈴は、ポンと手を打った。
    「んじゃ、さ。アンタらもこっち来れば?」
    「は?」
     小鈴の提案に、デニスは目を丸くする。
    「何言ってんの、アンタ?」
    「ウチのリーダーはいい人だから、二つ返事で入れてくれるわよ。でっかいスポンサー付いてるから、お給料もいいし」
    「給料?」
     金の話になり、デニスの目の色が変わる。
    「……ちなみに聞いとくけど、いくら?」
    「こんくらい」
     小鈴は指で、額を示す。
    「う」
    「あ、アンタら強そうだし、もっと行くかな? こんくらいかも」
    「うっ」
     デニスは小鈴から目をそらし、ミールと小声で話し合う。
    「……いいよな……」「んー……」「半年くらい続くって考えたら……」「いーかも」
    「あと、北方は土地安いわよ。坪当たりの単価、山間部だと央北首都圏の3分の1くらいよ。寒いけどね」
    「ううっ」
    「北方は軍事国だし、傭兵が食いっぱぐれる心配ゼロよ」
    「……もうちょっと、話をさせてくれ」
     二人は再度こそこそと話し合い、揃って小鈴にぺこりと頭を下げた。
    「お話、通しておいてください」
     小鈴はニヤッと笑い、承諾した。
    「いーわよ」

     膠着した状況に、晴奈もハインツも憔悴し始めていた。
    「はぁ……はぁ……」
    「ふう……ふう……」
     互いに相手をにらみ、刃を向け合っている。両者にかかるストレスは、相当なものだった。
    「……ぐっ」
     その重圧に、先に痺れを切らしたのは、ハインツの方だった。
    「でえやああああッ!」
     槍をうならせ、晴奈との間合いを詰めていく。
    「はッ!」
     晴奈も間合いを詰め、ハインツの持つ槍の間合いから外れようとする。
    「させるかああッ!」
     だが、ハインツは一瞬早く、ぐりっと槍を薙いで、晴奈の胴を狙った。
    「甘い!」
     晴奈は刀を地面に突き刺し、くるりと半回転して空中に浮かぶ。槍は晴奈の胴を切り裂くことなく流れ、ハインツの胴ががら空きになった。
    「りゃあッ!」
     晴奈は飛び上がった勢いのまま、両脚を揃えてハインツの脇腹を蹴り飛ばした。
    「ゲボッ……!?」
     ハインツの肋骨がボキボキと音を立てて折れ、口からわずかに血が噴き出る。
     晴奈は静かに着地し、刀をハインツの首に当てた。
    「勝負あったな、シュトルム大尉」
    「く、そっ。吾輩が二度も、同じ相手に後れを取るとは」
    「……いや、お主も相当の腕前だった。ほんの少し手を打ち間違えれば、倒れ伏したのは私の方だったろうな」
     そう返した晴奈の左肩は、赤く濡れていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・晴海録 2】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ただ2時間立っているだけでも相当辛いですが、ずっと構えながら、敵と相対しながらですからね。
    並の人間には真似ができません。

    NoTitle 

    2時間ってなげえ。。。
    って、昔の時代劇の戦いで、構えたまままる一日ずっと立ち尽くしていた・・・っていうのもありますからね。珍しくもないのか。。。しかし、戦いで2時間は神経が私ではもたない。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・晴海録 2】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 4】へ