FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 6

     ←蒼天剣・晴海録 5 →蒼天剣・晴海録 7
    晴奈の話、第564話。
    魔獣の呪。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「で、まーたお前は負けて戻ってきたのか。連れて行った傭兵にも裏切られて」
    「……面目ありません」
     ブルー島、救護所。
     包帯でぐるぐる巻きにされ、横になっていたハインツの前に、フーが呆れ顔で立っていた。
    「つくづく運がねーな、お前。腕はいいのになぁ」
    「……うう」
    「ま、じっくり休んで傷、治しといてくれや。何だかんだ言っても、お前は俺に付いてきてくれるしな。頼りにしてるんだぜ、これでも」
    「ありがたき、幸せです……」
     ハインツを元気付けた後も、フーは救護所を回って兵士たちに声をかけ続ける。その間にも、フーはドールに現状を確認していた。
    「戦況はどうなってるんだ?」
    「良くないわね。北端はさっき伝えた通り。南端も、ルドルフ君と兵士数人だけで、ボロッボロになって逃げ帰ってきたわ。
     リロイを狙った『前鬼後鬼』とノーラは戻ってこないし、コッチが送った刺客は全滅でしょーね。
     今は残ってる兵士を集めて、正面突破に切り替えてる最中よ」
    「そっか。……参ったなぁ。奇襲作戦、うまく行くかと思ったんだけど」
    「ええ。まさか『銀旋風』が裏切り、凄腕の『スティングレイ』もやられるなんてねぇ。この分じゃ、ノーラたちもやられちゃったかも」
    「うーん……」
     救護所を一通り回ったフーは自室に戻り、頭を抱えてうなる。
    「正面突破が成功する可能性はどれくらいだ?」
    「五分五分ってトコね。相手側が考えてる砕氷作戦のリミットは、日の出と海水温度の上昇を考えれば後、2時間半くらいでしょうね。それまでに港を制圧できれば、アタシたちの勝ちなんだけどね」
    「2時間半か。皆の疲労を考えれば、厳しいところだな」
    「どうする、ヒノカミ君?」
    「……そうだな。その2時間半を、俺たちとしてもリミットとしよう。それまでに制圧の目処が立たなけりゃ、撤退しよう」
    「ん、伝えとくわ」
     ドールはうなずき、トテトテとした足取りでフーの部屋を離れた。
     一人になったフーは机に突っ伏し、悪態をついた。
    「……くそっ。やっちまったか」
     頭を抱えてうなるが、失敗したことは取り消せない。
    (どうすっかな……。うまく行けばそのまんま攻めてくだけだけど、負けたらかなりきついな。兵士の皆も、大きく士気を落とす。それを引き上げ直して再度戦いに行かせるってのがもう、至難の業だ。
     そもそもこの戦争、負けたら大損、勝ってもうまみは少ない。そう言う戦争なんだよな。何でこんなこと、しなきゃいけねーんだ? つくづくロクなことしやがらねーな、アランは)
     重たいため息をつき、フーは顔を挙げた。

    「……っ」
     いつの間にか目の前には、そのろくでもない男――アランが立っていた。
    「フー。戦況は思わしくないようだな」
    「ああ。……だから何だ? 『責任とって王様辞めろ』とか言うつもりか? だったら大歓迎だけどな」
    「そんなことを言うものか。お前は純然たる王なのだ。地位として王にあるのではない」
    「知るか。……で、何の用だ?」
     フーの問いに、アランは懐から金属板を取り出して答えた。
    「これをある傭兵に取り付けた」
    「何だそれ?」
    「人間を魔獣にする代物だ」
    「……は?」
     言っている意味が分からず、フーは聞き返す。
    「人間を、魔獣に? 何言ってんだ?」
    「そのままの意味だ。今頃、一匹のモンスターが戦場に現れている頃だろう」
    「……モンスターに、か。元に戻せるのか?」
    「いいや」
     アランは何を言っているのか、と言いたげな様子で答える。
    「一度モンスターになってしまえば、そのままだ。本能の赴くまま、破壊の限りを尽くすだろう」
    「……それを、お前がやったってのか」
     フーの頭に、ドクドクと血が昇ってくる。
    「人間をモンスターにして、けしかけたってのか」
    「そうだ。今頃は、絶大な効果を……」「ふざけんなあああッ!」
     フーは怒りに任せ、アランを殴り飛ばした。
    「何考えてんだ!? 兵士を前後見境の無い化物にして、特攻させたってのか!?」
    「……そうだ。効果はあるのだぞ。何を怒る?」
    「これが怒らずにいられるかッ! てめえ、自分が何をやったか分かってんのかッ!?」
    「ど、どうしたのヒノカミ君!?」
     フーの剣幕に驚いたドールが、部屋に入ってくる。
    「こいつが、兵士をモンスターに変えて戦場に送ったって言ったんだ!」
    「……マジ?」
     これを聞いて、ドールの顔色が変わる。
    「たった今、正体不明のモンスターが南端に現れて、敵味方構わず襲ってるって連絡、入ってきたのよ。何ソレって思ってたんだけど、……本当、なのね」
    「ほら見ろ、アラン! 何が絶大な効果だ! 味方まで殺してるって言ってるんだぞ!」
    「それがどうした? すべては作戦成功のためだ。多少の犠牲など、戦争には付き物だろう?」
    「……何が作戦だッ」
     フーは再度アランを蹴り倒し、部屋を出た。
    「作戦は中止だ! 今すぐ、モンスター討伐に切り替えろ!」
    「えっ? えっ?」
    「そんな敵味方構わず皆殺しにするようなモノ使ってまで、成功させる意義のある作戦なんてあるわけねえッ! やめだ、やめ! それよりもケジメをつける!
     こんなことが皆に知れ渡ってみろ――俺は王様どころか、世界最大の罪人だ!」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・晴海録 5】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    人によっては、アランの言葉に従ったり、肯定したりするかも知れませんが、フーはそうではなかったようです。

    NoTitle 

    モンスターで駆逐をする。
    それは魔王の所業。
    だけど、ヒトは魔王じゃない。ヒトである。
    そういうことを教えてくれますね。
    面白い展開です。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・晴海録 5】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 7】へ