FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 7

     ←蒼天剣・晴海録 6 →蒼天剣・晴海録 8
    晴奈の話、第565話。
    総員集合。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     エルスの指示に従い、ゆっくりと茶を飲んでいたリストの元に、血まみれの伝令が駆けつけた。
    「た、大変です! モンスターが!」
    「モンスター……?」
    「現在港南端で暴れており、敵・味方問わず死傷者が多数発生しています!
     とても日上軍と交戦を続けられる状態ではなく、敵兵士は既に撤退! 残った自軍で撃退しようと、戦闘が続いています!」
    「……何だか良く分かんないけど、ヤバいのね?」
    「はい! 私も、攻撃を受けまし……」
     と、伝令の口が止まる。
    「……っ」
     次の瞬間、伝令は大量の血を吐いて倒れた。
     その背中には、真っ赤な爪跡が深々と付けられていた。

    「怪物だと……!?」
    「一体、何が?」
     北端でも、この異様な報告は伝えられていた。
    「敵は撤退したと言っていたな。周りに潜む気配もなし。……ならばここを離れ、南端に向かっても問題はあるまい」
    「ええ。あたしは作戦続行するから、頼んだわよ」
    「相分かった。皆の者、向かうぞ!」
     晴奈も兵士を引き連れ、南端へと向かった。

    「何なんだ、コイツはッ!?」
    「ひい、いいっ……」
     突如現れた真っ赤な怪物によって、港南端は修羅場と化していた。
    「……ウ……アア……」
     最初は辛うじて人間らしい形を残していた怪物だったが、時間が経つにつれてより獣らしい形状を帯び、その爪と牙で次々に兵士たちを惨殺していく。
    「わ、わああーッ……」
    「ひっ、ひ、っ、……」
     ある者は体を二つに裂かれ、ある者は首から上が弾け飛び、またある者は腹を割かれ、見るも無残な姿に変えられていく。
     対人戦闘に慣れた兵士たちも、この地獄絵図には呆然としていた。
    「……逃げろ! 逃げるんだ!」
    「しかし敵が……」
    「どこにいるって言うんだ! もうあいつらも逃げた! 俺たちも……」「ダメですぅ!」
     及び腰になる兵士たちを、バリーの手当てをしていたミラが一喝した。
    「あの赤い怪物、このまま放っておいたら港に来ちゃいますぅ!
     アタシたちがぁ、ココで止めなくてどうするんですかぁ!? グリーンプールの皆、殺されちゃいますよぅ!?」
    「……そ、そうだっ」
    「逃げてどうする……!」
    「だ、だけど」
    「どうやって倒せば……!?」
     兵士たちは逃げるのをやめたが、打つ手が無く遠巻きに囲むことしかできない。
     と、怪物が両手を挙げ、ぼそっとつぶやいた。
    「……ウ……ウア……『ハルバード……ウイング』……」
     極太の風の槍が、兵士たちに向かって飛んで行く。
    「ぐはあ……ッ」
    「ごばッ……」
     離れていた兵士たちも、真っ赤な肉塊に変わっていく。
    「ひい、ひいい……」
    「だ、ダメだ……勝てない……」
     兵士たちの顔に、絶望の気配が色濃く漂った。

     その時だった。
    「……ア……ウッ……?」
     怪物のこめかみから、ほんのわずかだが血しぶきが弾けた。
    「……えっ?」
     きょとんとする兵士たちの目に、体中のあちこちから血しぶきを漏らす怪物の姿が映る。
    「……銃撃?」
    「まさか、こんな強風の中で……」
    「……いや、あの人なら」
     兵士たちは一斉に、港の方に顔を向ける。そこには皆の期待通りの人間が、膝立ちで銃を構えていた。
    「アンタら、動くんじゃないわよ! 当たっても知らないわよ!?」
    「チェ……」「チェスター指揮官!」
     リストは怪物に向かって、立て続けに「ポプラ」の引き金を絞る。ルドルフが「撃てない」と諦めた強風の中、銃弾は見事に怪物の体へと飛んで行った。
    「おお……」
    「当たってる……!」
    「……すっげ」
     この攻勢に、兵士たちも戦う気力を取り戻す。
    「援護するんだ!」
    「チェスター指揮官を守れ!」
     兵士たちは武器を怪物に向けたままそっと後退し、リストの周囲に集まる。
    「お守りします!」
    「……ありがと!」
     リストはそれに応えるように、さらに弾を放った。

     そして氷海の向こう側からも、バタバタと兵士がやってきた。
    「チッ……、また来やがった」
    「……あれ?」
    「でも、モンスターの方に向かってないか?」
    「みたい、だな……?」
     迫ってくる敵兵の先頭には、フーの姿があった。
    「それ以上港に迫るんじゃねえッ! この俺が相手になってやる!」
     これを見て、同盟軍はどよめく。
    「……え」
    「あれって、ヒノカミ元中佐じゃ」
    「敵の総大将自らって、どう言うことなの……」
     唖然とする兵士たちに構わず、フーは「バニッシャー」を振り上げて怪物に襲い掛かった。
    「うりゃあッ!」
    「……ア……ギッ……」
     剣は怪物の胸に突き刺さり、真っ赤な血が噴き出す。
    「やった、か……!?」
    「……いや、まだだ!」
     それでも怪物は止まらず、腕を振り上げる。
    「うぐ……ッ」
     フーはその腕になぎ倒され、氷原を滑る。
    「あのヒノカミがぶっ飛ばされた……」
    「やばいって、やっぱり」
     一方、リストの方も――。
    「……くっ」
    「ポプラ」の銃身は真っ赤に灼け、チリチリと音を発している。これ以上弾を撃てば、暴発しかねない状態だった。

     だが、それでも怪物は倒れない。状況は一向に好転せず、絶望的な空気を誰も拭えない。
    「……あっ!」
     と、北の方からも兵士たちと、それを率いる晴奈がやって来た。
    「コウ指揮官だ!」
    「すまぬ! 待たせたな、お主ら! 私が相手をするッ!」
     晴奈は駆け出し、怪物の前に躍り出た。
    「そこの怪物! この黄晴奈が相手だッ!」
     と、怪物の体がビクッと揺れる。
    「……セイナ……サン……」
    「……何?
     ……! その顔……、まさか」
     怪物の、まだ辛うじて人間の名残を残す顔を見て、晴奈はゴクリと息を呑んだ。
    「……雨宮、か?」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・晴海録 6】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・晴海録 6】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 8】へ