黄輪雑貨本店 新館


    「蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・晴海録 10

     ←業務連絡;「蒼天剣・狷狼録」加筆修正 →蒼天剣・晴海録 11
    晴奈の話、第568話。
    海の晴れる時。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    10.
     皆が落胆し、絶望しかけたその時だった。
    「コスズ、ミラ少尉、みんなそこから離れて!」
     エルスが港から、大急ぎでやって来た。
    「え?」
    「そこは危ない! 早く!」
     一体何が起きるのか分からなかったが、ともかくエルスの指示に従い、そこにいた全員が港へ戻る。
    「何なの? まだ氷は……」
    「それを今からやるのさ。
     6時間くらい前だけど、『通信頭巾』で僕の方に、連絡が入ったんだ。最新鋭の軍艦が、こっちに向かってるってね」
    「軍艦? でも氷海の中じゃ……」
    「うん。確かにその軍艦は現在、凍結した海域の手前にいる。でも海戦のために来てもらったんじゃない」
     エルスがそこまで説明した時だった。
     ズガンと言う、とんでもない爆音が沖合いから聞こえてきた。
    「な、何?」
    「砲弾さ。あれを撃ち込んで、氷を割るのさ。
     まったく、スケールがでかいことをさらっとやってくれるね、金火狐の総帥は」

    「おぉ、ズバズバ割れとりますわ」
    《良かった。計算、ピッタリだったんですね》
     ヘレンの歓声に、ディーノが頭巾越しにほっとした声を送った。
     北方近海まで来ていたヘレンは通信により、この作戦を伝え聞いていた。しかし、魔術や少量の爆薬でどうにかなるか、エルスにも確証は無かった。そんなエルスの不安を聞いたヘレンは、「砲弾を撃ち込み、その衝撃で割れないだろうか」と提案した。
     勿論、滅多やたらに撃ち込むだけでは穴が空くばかりで、大した効果は得られない。そこで偶然グリーンプール郊外に来ていたディーノの知恵を借り、効果的な砲撃を計算してもらっていたのだ。

     この作戦は功を奏し、やがて港全体に、ビキビキと氷の割れる音が響き始めた。
    「海が……、割れる」
    「すげえ……」
     港にいた兵士たちは、感嘆の声をあげる。
    「……やった!」
     港と氷の間は500メートルを裕に超え、人が渡れる状態ではなくなった。勿論、「ヘブン」からの軍艦も、この距離では進めない。
     歓喜の声が、港中に響き渡った。
    「さあ、これだけで終わりじゃないよ」
    「え、まだぁ?」
     呆れる小鈴に、エルスはピンと人差し指を立てる。
    「このまま放っておいたら、また凍って人が乗れるようになるからね。その前に、鉄柵やら何やらを敷いて、侵入不可能にしておかなきゃ」
    「後一踏ん張りってコトね」
    「そう言うこと」



    「うっ……、うっ……」
     全兵士が防衛成功に歓喜し、事後の作業に取り掛かってもなお、晴奈は港の休憩室で一人、沈んでいた。
    (私はまた、人を斬った……。どうすればこの業から、抜け出せる……?)
     晴奈の脳内は後悔と慙愧の念で乱れ、思考はひたすら暗がりへと落ち込んでいく。
     と、遠慮がちなノックの音が、休憩室の中に響く。
    「セイナ、いる?」
     トマスの声だ。
    「……っ」
     晴奈は慌てて涙を拭き、喉を鳴らす。
    「ん、んん、……ああ、ここにいる」
     晴奈が応じると、そっとドアを開けて、トマスが入ってきた。
    「ごめんね、休憩中に」
    「ああ、いや。構わない。何か用か?」
    「えーと、その、さ。君が落ち込んでるって、リストから聞いたんだ」
    「……そうか」
     晴奈はトマスから顔を背けようとする。だが、トマスは背けた方に回り込み、晴奈の顔を見つめてきた。
    「な、何だ?」
    「泣いてた?」
    「……泣いてない」
     晴奈は顔を伏せ、トマスの視線から逃れようとする。それでも、トマスは追及をやめようとしない。
    「泣いてたよね? 目、真っ赤だよ」
    「……泣いてなんか」
     と、トマスが突然、晴奈の肩をぎゅっと抱きしめてきた。
    「……えっ」
    「セイナ。前に君自身が言ってたじゃないか。僕の側で、休ませてほしいって」
    「……」
    「ゆっくり、休んでよ。今ならみんな忙しいし、こっちには来やしないさ。……あ、それより」
     トマスは立ち上がり、ドアに鍵をかけた。
    「これで心配ないよ。さ、休んで」
    「……ああ」
     今度は、晴奈の方がトマスに抱きついた。
    「ありがとう、トマス。……一人でいるより、心が落ち着く」
    「そりゃそうだよ」
     トマスは冗談めかして、こう返した。
    「『修羅』は他人と相容れられない。ってことは、他人の温かみを知らないんだよ。
     二人でいれば、そんなの寄ってきやしないさ」
    「……うん」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【業務連絡;「蒼天剣・狷狼録」加筆修正】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 11】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【業務連絡;「蒼天剣・狷狼録」加筆修正】へ
    • 【蒼天剣・晴海録 11】へ