FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・獄下録 2

     ←蒼天剣・獄下録 1 →蒼天剣・獄下録 3
    晴奈の話、第571話。
    両女傑、向かう。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     トマスが扉を開けると、慌てた様子の兵士数名と、信じられないと言いたげな顔をした小鈴、苦笑しているエルスの姿がそこにあった。
    「お休み中、大変失礼いたします!」
    「いいよ、休み中声をかけられるのには慣れてる。で、どうしたの?」
    「沿岸部、ウインドフォートが襲撃を受け、ヒノカミ元中佐と思われる人物が侵入した模様です!」
    「襲撃? ……おまけにフーが侵入? ……まだ、氷は割れてないはずだよね」
    「はい、辛うじてグリーンプール―央南航路は巡航を再開したばかりですが、『ヘブン』から向かえる航路は依然、凍結中です。しかしウインドフォート郊外の岸に小型舟艇があったことから、恐らく少数で氷海を迂回し、襲撃したものと思われます」
    「……意味が分からない。何故今になって、自分たちが捨てた拠点に? しかも小型舟艇だといいとこ、12、3名くらいしか上陸できないし、何でそんなことを……?」
    「まったくもって不明、だねぇ」
     エルスは肩をすくめ、苦々しく笑う。
    「とにかく向かうから、セイナを呼んできてくれ。もし本当にフーが来ていたのなら、決着させられるかも知れないからね」
    「分かった。呼んでくるよ」

     トマスは居間に戻り、晴奈に声をかけた。
    「セイナ。今……」「ああ、聞こえていた」
     晴奈はすっと立ち上がり、小さくため息をついた。
    「……これが最後の戦いになればいいんだが」
    「そうあってほしいね。……まあ、いくらなんでも敵の総大将が単身渡るなんて、まず有り得ない話なんだけど」
    「そうだな。……トマス」
     晴奈は真面目な顔になり、トマスに尋ねた。
    「さっき、何を言おうとしていた?」
    「へ?」
    「私が先生になりたいと言った、その矢先。『協力させてほしい』と、言わなかったか」
    「……あ、うん。でも今、そんな話」
    「いいから教えてくれ、その先に何を言おうとしていたのか」
    「……僕もさ、央南に住むことにした。リロイみたいに。だからさ、君とはずっと一緒にいられる。君が央南で道場を開くなら、僕はそれを、ずっと手助けできるよ。
     だからさ、だから……、ずっと、一緒にいたいんだ。戦争が終わっても、央南に戻っても、ずっと」
    「それは、……求婚と、受け取っていいのか」
     晴奈は自分で、自分の顔が赤くなっているのが分かった。恥ずかしさで逃げ出しそうだったが、懸命にこらえてトマスの顔を伺う。
     トマスも、先程にも増して真っ赤な顔をしていた。
    「……うん。きゅ、求婚だ」
    「そうか。……なら、……じゃあ」
     晴奈はトマスに歩み寄り、彼の体をぎゅっと抱きしめる。
    「……その」
     晴奈はトマスの肩に首を乗せ、つぶやいた。
    「帰ってきたら、ちゃんと、言葉で返事する。だから待っていてくれよ、トマス」
    「……もちろんさ。必ず帰ってきてくれよ」

     晴奈には直感があった。
     このウインドフォートでの戦いが、自分にとって最後の戦いになると。
     即ち――アラン、そして巴景との戦いに、決着が付けられると確信していたのだ。



     同日、昼。
    「やっぱり、寒いですね」
    「そりゃ、『雪と星の世界』だしね」
     巴景と明奈は、グリーンプールに到着していた。
    「戦争中のはずですけど、どう見ても平和そのものですね」
    「まだ海が凍ってる時期だもの。戦争なんてやってるわけが、……と思ったけれど」
     巴景は港に目を向け、フンと鼻を鳴らした。
    「やったみたいね」
    「えっ?」
    「この時期に、港に防衛線が敷かれてるわ。来たのね、日上が。
     大方、私がやったことをそのまんま真似したんでしょうね」
    「どう言う意味ですか?」
    「ま、昔の話だし。
     それよりも、晴奈よ。まだ訓練中でしょうから、グリーンプール基地にいるわね、きっと。さっさと行って、決着付けましょ」
     そう言って巴景は明奈の手を引き、基地へと向かった。
     基地に着くなりすぐ、立番していた兵士が目を丸くした。
    「ほ、ホウドウさん!?」
    「あら? 私を知ってるの、あなた?」
    「え、ええ。昨年までウインドフォートに配属されてたので。てっきり元中佐と海を渡ったものと思ってましたが」
    「色々あったのよ」
    「そ、そうですか。……それでホウドウさん、どうしてここに?」
    「黄晴奈と果たし合いに来たのよ。どこにいるの?」
    「コウ指揮官なら、フェルタイルの方に」
    「首都に? 訓練中じゃないの?」
    「いえ、理由は不明ですが、そちらにいるとのことです」
    「ふーん」
     それだけ聞いて、巴景は踵を返して立ち去ろうとした。
    「あの、ホウドウさんでしたっけ」
     と、別の兵士が声をかけてきた。
    「何?」
    「コウ指揮官ですけど、ウインドフォートの方に招集されたそうですよ。今朝方、軍本部から連絡が入りました」
    「へぇ……?」
     巴景はその兵士から、フーがウインドフォート砦に侵入したらしいと言う情報を入手した。
    「じゃあ、晴奈は日上を討つため、そっちに向かったってことね」
    「ええ」
    「ありがと。……さ、急ぐわよ明奈。朝連絡が入ったってことは、もう晴奈は到着してるかも知れないし」
    「あ、はい」
     巴景は明奈の手を引き、ウインドフォートへの街道へと急いだ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.18 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・獄下録 1】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    引き際を自分で見極め、定めたのは、
    自分が本当に何をやりたかったのか、何になりたかったのかが分かったからでしょう。
    それを考えれば、晴奈は幸せなのだと思います。

    NoTitle 

    最後の戦いか。。。
    それを自分で決めれるのもある意味幸せなのかもしれませんが。
    どうなのでしょうね。
    現実ではなかなか難しいところもありますよね。
    最後の戦いという意味の深みを知ります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・獄下録 1】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 3】へ