FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・獄下録 9

     ←蒼天剣・獄下録 8 →蒼天剣・獄下録 10
    晴奈の話、第578話。
    フーの刮目。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     先に飛び出したのは晴奈の方だった。
    「りゃああッ!」
    「蒼天」に火を灯し、アランを斬り付ける。
    「愚かな……。私にそんなものは一切通用しないと、何故理解でき……」
     言いかけたところで、アランの言葉は中断させられた。
    「……っ、ナ、ニ?」
     晴奈の刀はゴリ、と音を立てて、アランがローブの下に着込んでいた甲冑を削った。完全に切れたわけではなかったが、それでもアランをうろたえさせるには十分だった。
    「バカ、ナ、……馬鹿な! ……くっ!」
     アランは身を翻し、晴奈との間合いを大きく取る。
    「どうだ、アラン! この黄晴奈は、お前を討つ力を持っている! 容赦はせんぞッ!」
    「まさか……、私の防御性能を超える、武器が? そんなものは……、最早あるはずが……」
     アランは混乱しているらしく、防御姿勢すら取れないでいる。そして、それを見逃す晴奈ではない。
    「はああッ!」「……!」
     晴奈は至近距離まで踏み込み、突きを繰り出す。がつっ、と金属板が破ける音とともに、アランの腹から背中に刀が通り抜けた。
    「ぐ、……が、ガガッ」
     アランは晴奈を引き剥がそうと手を伸ばしたが、それより早く晴奈は飛びのいた。
    「ガ、ガガガ、……ユ、ゆる、許さんぞ、貴様……!」
    「許さなくて結構! こちらも許す気、一切無し!」
     晴奈は構え直し、再度仕掛けようとした。
     だが――。
    「貴様ら如き肉の塊が、この私を壊せると思うな!」
     ドン、と重たく激しい音がアランから響く。恐るべき速さで、アランが頭から飛び込んできたのだ。
    「……っ!」
     飛んできたアランを、晴奈はとっさに身を引いてかわす。
     飛んで行ったアランは洞窟の壁にぶつかったが、そのままもう一度音を立てて跳び、何事も無かったかのように地面へと戻ってきた。
    「かわしたか。……うん?」
     アランの目に、何もせず立ち尽くすフーとエルスの姿が映る。
    「フー! 何をしている! さっさと倒せ!」
    「……っ」
     アランの言葉に、フーはビクッと震える。
    「聞かないでいい、フー!」
     エルスが抑えようとするが、フーはブルブルと震えながら、剣を構える。
    「……すまない……っ!」
    「フー……!」
     アランに促され、フーは再びエルスと戦い始めた。
    「やれやれ、愚図め。……戦闘再開だ」
     アランはそうつぶやいて、晴奈の方に向く。
    「『愚図め』、だと? お前は日上の従者では無いのか? 主君を公然とけなすなど……」
    「主君? ああ、建前上は確かにそうだ。
     だがあんなゴミ同然の者、私がいなければとっくの昔に首を吊っていた程度の、一人では何もできぬクズ。
     私が拾い、育ててやったのだ。尊敬も、敬愛も、するわけがない。むしろあっちの方から、感謝してもらうべきだ。
     だから非難したところで、あいつが怒る道理も正当性も無い」
    「下衆がッ!」
     晴奈は目の前の「鉄の悪魔」に吐き気を催しつつ、再度斬りかかった。

     エルスはフーの攻撃をかわしつつ、言葉を投げかける。
    「どうしたんだ、フー! 君は、そんな奴じゃ無かったはずだ!」
    「うるせえ……っ! 俺の、何を知ってるって言うんだ!」
    「何でも、さ! 好きな食べ物、馴染みの店、お気に入りの服のメーカーも! 何年、一緒に仕事してきた?」
    「たった2年ちょっとじゃねえか! それよりも多くの時間を、俺はアイツと、アランと過ごしてたんだ!
     アイツは俺の、何もかもを握っている! もうどうしようもないんだよ……ッ!」
     フーは怒鳴りながら、エルスの胸を狙って突きを放つ。
    「すべてを握ってる、だって……? 馬鹿なことを、言うなッ!」
     エルスは剣を紙一重で避け、それを握るフーの手首を引っ張りながら、あごに掌底を当てた。
    「ぐあ……っ!」
    「思い出せ、フー! 君は元々、自分に自信を持って生きてきたはずだ! 他人に左右されず、間違ってると思ったら上司だってぶっ飛ばした、誇り高い男だったはずだろう!?」
    「……!」
     掌底をまともに喰らい、倒れこむフーの脳裏に、エルスとともに初仕事を終えた時の記憶が蘇ってきた。



    「いやぁ、風が気持ちいいねぇ」
    「そうっスねぇ」
     513年、海賊退治の直後。誘拐された人々を港へ送り返すその途上、船の上で、エルスはフーと話をしていた。
    「……えっと、こんな風に言っちゃうとさ、気を悪くしちゃうかも知れないけど」
    「なんスか?」
    「君、素直だよね」
    「へっ?」
     エルスの言葉に、フーはきょとんとする。
    「いや、そんなことないっスって」
    「なんかさ、今こうして見てると、そう思うんだよ」
    「いやいや、素直な奴だったら上官にパンチ喰らわせたりしないっスよ」
    「あ、それなんだけどさ」
     エルスは小声で、フーに耳打ちする。
    「あの時の教官、カルノフ中尉だったってね?」
    「え、知ってるんスか?」
    「うん。僕の2つ先輩。……でもさー、はっきり言ってヤな奴だよね」
     そう言ってニヤ、と笑うエルスに、フーも笑い出した。
    「……ふ、あはは、そう、そうなんスよねっ」
    「だろ? ネチネチ人をけなす奴だし、そりゃ殴りたくもなる。……でさ、何て言われたの?」
    「……まあ、その。ばーちゃん、バカにされたんスよ。ばーちゃん、ちょっとボケ入っちゃってて」
    「なるほど。そりゃ、中尉の方が悪い。もう2、3発殴ってもいいくらいだ」
     エルスは小さくうんうんとうなずき、こう続ける。
    「君はいい奴だ。自分の家族を、大事に思ってる。そしてそれを傷つけられたら、果敢に立ち向かう。……君は大事なもののために敢然と戦える、誇り高い子だね」
    「……どもっス」
     べた褒めされたフーは、顔を赤くした。



    「……誇り、高い」
    「そうだ! 少なくとも他人の言いなりになるような、浅い男じゃ無かったはずだ!
     立て、フー! 本当の君は、日上風は、こんな時どうする!?」
    「……っ」
     フーは剣を杖にして、ヨロヨロと立ち上がった。
    「エルス、……さん」
     よろめき、エルスに支えられながらも、フーははっきりとした口調で答えた。
    「目が、醒めました」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.18 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・獄下録 8】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 10】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    その栄光も、悪魔に操られた上で得たもの。
    精算にはそれなりの代償を払うことになります。

    NoTitle 

    道を間違ったといえど。。。
    フーがどうなるのかは興味がありますね。
    栄光の行き着く果てがなんなのか。
    この作品の行くつく果てにもつながっているように見えます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・獄下録 8】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 10】へ