FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・獄下録 10

     ←蒼天剣・獄下録 9 →蒼天剣・獄下録 11
    晴奈の話、第579話。
    囲まれた鉄の悪魔。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    10.
     晴奈とアランの対決は、依然決着していなかった。
    「うりゃあッ!」
     晴奈の「蒼天」が、何度もアランの体を捉える。だが、多少削れるところまでは行くのだが、貫き、切り落とすまでには至らない。
     致命傷と思われた二太刀目も、さして影響を与えていないようだった。
    「どうした、最初の威勢は!」
     さらにアランは、かつて晴奈が殺刹峰で戦った強敵、フローラ以上の跳躍力と瞬発力を発し、まるで弾丸のように晴奈へ飛び掛ってくる。
     猫獣人の感覚の鋭さをもってしても、アランと立ち向かうのは容易ではなかった。
    「動きが、捉えられない……!」
     かわしざま、すれちがいざまに斬り付けはするが、とても決定打を与えられる状況ではない。
     持久力に自信のある晴奈も息が切れ始めており、このまま対峙すればジリ貧になるのは明らかだった。

     と、またアランが飛び掛ったその時だった。
    「『ワールウインド』、吹き飛べッ!」
     突然の強風にあおられ、アランの体勢が崩れる。
    「う……っ!?」
    「アラン・グレイ! 僕たちも相手になるぞ!」
     フーと戦っていたはずのエルスが、魔術を放ったのだ。
    「何……!? フー、何故そいつを殺さない!」
     晴奈の位置から大きくずれた場所に着地したアランは、エルスの横に立つフーに怒鳴った。だが、フーは首を大きく横に振り、こう言い返した。
    「もううんざりだ、って言っただろう、アラン! お前の命令なんざ、二度と聞かねえッ!」
    「この……、馬鹿がッ!」
     アランは脚をガキン、と鳴らす。その聞き覚えのある金属音に、晴奈はアランの正体に勘付いた。
    (この音……、フローラも同じ音を発し、とんでもない威力の掌底や蹴りを放ってきた。
     とすれば、奴もまさか……?)
    「もういい! 私が、殺してやる!」
     アランは地面をドゴ、と音が響くほどに蹴り、エルスに向かって突っ込んできた。
    「はいやッ!」
     エルスは飛んできたアランの肩を両掌で受け止め、後ろに引きながらぐるりと体を回転させつつ、膝蹴りを放った。
    「ゴ……ッ!?」
     アランは飛んできた時以上の速度で、横にガタガタと転がっていく。
     マグマの蒸気が昇る縦穴に落ちる寸前でようやく体勢を立て直し、信じられないと言いたげな声を漏らした。
    「ナ……、ナに、ヲ、しタ!?」
     アランの発声がおかしくなってくる。エルスの一撃は、相当のダメージを与えたらしい。
    「『合気』って体術の一種だよ。相手の力に自分の力を上乗せして、相手に叩き返すのさ」
    「ガ、ガピ……ッ、どイ、つ、モ、こいツも……!」
     アランの声が、段々と金気を帯びてとがってくる。
    「私ニ逆ラウと、ドウなルか……ッ!」
     アランは両肩をガキンと鳴らし、再びエルスに向かって飛んでいく。だが、エルスに両掌をぶつける直前で、フーが正面から突っ込んできた。
    「どうなるってんだ、このクソ野郎ッ!」「ゴ……、バ、ッ」
     フーの構えた「バニッシャー」が深々とアランの胴に刺さり、そのまま右へと抜ける。アランは体勢を崩し、またガタガタと転げ回った。
    「ガッ、ピー、ピガッ、……ガ、がアアああッ!」
     なお諦めず、アランは飛びかかる。
    「せいッ!」
     だがこれもエルスは受け流し、より強い力で投げ飛ばす。
    「グゴ、コ……ッ」
     三度地面につんのめり、アランの声は完全な金切り声へと変わった。
    「ガ、ガガ、ガ……、オ前ラ、ヨクモコノ私ヲッ!」
     ボロボロになったアランのフードが、はらりと落ちる。今まで半ば隠されていたアランの鉄仮面が、後頭部まであらわになった。
    「全身に、鋼鉄の甲冑を……!」
    「道理で……、どこを斬っても金属音が鳴るわけか」
     アランの目が鉄仮面の奥で、爛々と光る。
    「ガ、ガガッ、ガガピッ……」
     何かを怒鳴ったようだが、ほとんど金属をこすり合わせたような音にしか聞こえない。
    「……流石に、手が痛くなってきたな」
     エルスはのんきそうに振舞っているが、その両手は青黒く変色し、出血している。受け流してはいたものの、アランからのダメージを消しきれなかったらしい。
    「ハァ、ハァ……、くっ」
     フーの顔色も悪い。
    「全力で斬ったってのに、……なんでてめえ、倒れねえんだよ! これじゃ、まるで、あいつみたいな、……あああ……クソがっ……」
    「……悪魔め」
     晴奈の息は整ってきてはいたが、決め手を欠くこの状況に、足が踏み出せずにいた。
    (どうすれば、奴を倒せる……? どうすれば、この悪魔を討つことができる……!?)
     晴奈は依然、目の前に立ち続ける「鉄の悪魔」の姿に舌打ちするしかなかった。

     その時だった。
    「あら、もう始めちゃってるの? ずるいわね、私も一枚噛ませなさいよ」
     晴奈たちの頭上から、声が降りてきた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.18 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・獄下録 9】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 11】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    アランを倒すには……そうだ、コードを抜けばいいんだ!(コラ)

    続きも読みます。とりあえず獄下録は今のうちに全部読みたい。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・獄下録 9】へ
    • 【蒼天剣・獄下録 11】へ