FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・曙光録 1

     ←業務連絡:カウンタ変更 →蒼天剣・曙光録 2
    晴奈の話、第582話。
    晴奈と巴景、三度目の戦い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     朝の光がうっすらと、北方大陸の高い山々の端から漏れている。だが晴奈と巴景、両者の周囲はまだ薄暗い。
     その中で、二人は対峙していた。
    「晴奈。あなたの妹さんには、感謝しているわ」
    「明奈に……?」
     晴奈は付いてきた明奈をチラ、と見る。
    「何かしたのか、あいつに?」
    「え? えっと、あの、……お化粧を、教えただけですけど」
    「化粧?」
     もう一度、晴奈は巴景に目をやる。
    「……!」
     いつの間にか巴景は仮面を外しており、そこには化粧で傷を薄めた顔があった。
    「こう言うことよ。アンタに付けられた傷は、目立たなくなった。仮面を外しても、大手を振って歩ける顔になったわ。
     そうなってくると不思議ね。アンタに対する恨みは、淡くなった。もう前ほど、アンタを殺してやろうなんて思ってないの。
     でも分かるでしょ、晴奈? それと『これ』とは、別の話だって」
    「ああ。これはあくまで、私とお前、どちらが剣士として上か。それがすべてだ」
     話は一段落したが、どちらもまだ武器を構えない。
    「ねえ晴奈」
     と、さらに巴景が話を続ける。
    「何だ?」
    「私、賭けをしたの」
    「賭け?」
     巴景は明奈を指差し、悪辣に笑う。
    「私が勝ったら明奈をもらう、ってね」
    「何だと!?」
     驚く晴奈に、明奈が一言加える。
    「その代わり、お姉さまが勝ったら巴景さんに、お姉さまのことを姉と呼ぶよう要求しましたよ」
    「……剣呑な賭けをしたものだな」
    「私だって嫌よ。だから絶対、勝つつもりよ」
    「……そうか」
     そこでようやく、巴景が剣を抜いた。菫色に輝く「ファイナル・ビュート」が、巴景の姿をほんのりと照らす。
    「勝負よ、晴奈」
    「ああ」
     晴奈も刀を抜く。「晴空刀 蒼天」が、こちらは蒼色に、晴奈を照らした。
    「行くぞ、巴景ッ!」

     両者とも、初太刀は火も風も無い、そのままの刃だった。
    「く、っ」「ぬ、ぅ」
     一瞬鍔迫り合いになったが、晴奈が飛びのく。
    「力は……、お前の方が上か」「みたいね」
     続いて二人は、己が磨き上げてきた剣術でぶつかり合う。
    「『火射』!」「『地断』!」
     二条の剣閃が、尾を引いて飛んで行く。一方は地面を焦がし、もう一方は地面を割って、丁度中間でぶつかり合った。
    「……っ」
    「地断」が「火射」とぶつかった瞬間に弾かれ、四散するのを見て、巴景が息を呑む。
    「魔力の方は、アンタが上のようね。でもこれはどう!?」
     巴景は新たに編み出した技を、晴奈に仕掛けた。
    「『天衝』ッ!」
     風の魔術剣を乗せて繰り出された突きが、猛烈な渦を巻く。
    「な……っ!?」
     晴奈は直感的に、この攻撃が恐ろしい威力を秘めていることを感じ取った。
    「……まずい!」
     晴奈は「蒼天」を構え直し、飛んでくる衝撃を受けた。
    「お、お……っ」
     重たい一撃に、晴奈の体が浮く。だが、それでも「蒼天」は受け切り、晴奈を護った。
    「『地断』の一点集中、か」
    「そうよ。……相当な名刀のようね。まさか私の全力攻撃を受けて、折れも曲がりもしないなんて」
    「ああ。この『晴空刀 蒼天』は、世界最高の一振り。黒炎殿、克大火から賜った逸品だ」
    「克の? ……ああ、もったいないことをしたかな」
    「うん?」
     巴景はぺろ、と舌を出す。
    「日上と一緒に克を倒した時、奴の持ってた刀を墓標代わりに差して、置いてきちゃったのよ。アンタと戦うならそれくらいの業物、用意しておけば良かったわ」
    「お前が、黒炎殿を倒したのか」
     これを聞いた晴奈は、顔をしかめた。
    「あら? アンタ、焔流のくせに克びいきなの? そうよね、刀をもらうくらいだものね。
     ま、いいわ。今この時、どこが何を嫌ってたりとか、誰が何を信奉したりとか、関係ないわ。ここにはあなたと私だけだもの」
    「そうだ。そんな話は、終わってからいくらでも語ればいい」
    「ええ。……さあ、仕切り直しよ! 行くわよ、晴奈!」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.25 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【業務連絡:カウンタ変更】へ
    • 【蒼天剣・曙光録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    戦争であれば思想が介在することもありますが、これに関しては純粋に、二人の意思のみ。
    あらゆる雑味を取り去った、双璧の勝負です。

    NoTitle 

    確かに決戦の前には立場も思想も無意味。・・・のわりには戦いには思想がつきものですけどね。巴景みたいに拘らないのも無欲でいいですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【業務連絡:カウンタ変更】へ
    • 【蒼天剣・曙光録 2】へ