FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第9部

    蒼天剣・曙光録 2

     ←蒼天剣・曙光録 1 →蒼天剣・曙光録 3
    晴奈の話、第583話。
    見えない技(invisible)と触れない技(invincible)。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     晴奈と巴景の勝負は、平行線を辿った。
     風の術に劣後するはずの火の魔術剣は、巴景の放つ風の魔術剣と十二分に対抗できていた。巴景の方も、強化術で筋力を増強させ、鍔迫り合いになれば晴奈をあっさり弾くことができた。
     魔力では晴奈に、筋力では巴景に分があり、それが一進一退の状況を作っていた。

    「ふーっ、ふーっ……」
    「ハァ、ハァ……」
     暦の上では春に差し掛かったとは言え、北方の空気はまだ寒々しい。晴奈も、巴景も、己のかいた汗が湯気となって、周りを白く染めている。
    「……なかなか、しぶといわね。やっぱり、これを使わなきゃ決着しそうに無いか」
    「何を使う気だ?」
    「これよ」
     そう言って、巴景は両腕を火に変えた。
    「先程アランを倒した際に使った、あの妖術か」
    「そう。自分の体を魔術に換える、私の奥義。名付けて、『人鬼』」
    「奥義、か。ならば私も、奥義で対抗させてもらう」
    「『炎剣舞』ね」
    「いいや」
     晴奈は深呼吸し、不敵に笑っているような、それでいて、覚悟を決めたような目で、巴景を見据えた。
    「それを超えるもの。誰にも捉えられぬ、不可視の秘剣。名付けて、『星剣舞』」
     次の瞬間、晴奈の姿が巴景の目の前から消えた。
    「……ッ!」
     巴景は周囲に気を巡らせ、晴奈の気配を探る。
    「……いない……? いいえ、いるはず」
     巴景は自分の体を風に変え、晴奈の攻撃に備えた。
    「……う、っ」
     風になった自分の体を、鋭いものがすり抜ける。実体が無いので斬られはしなかったが、相手の姿が確認できないまま攻撃を受けたことに、巴景は戦慄した。
    「どこ……?」
     立て続けに何度か刀が通り抜けていくが、依然ダメージは無い。とは言え、巴景の方も相手の姿が見えなくては、攻撃のしようが無い。
    「……っ、時間切れ、か」
     巴景の集中が乱れ、「人鬼」が解除される。と、晴奈の方も根負けしたらしく、姿を表した。
    「……奇怪な術だ」
    「それはこっちの台詞よ。一体今まで、どこにいたの?」
     互いの切り札を出しつくし、両者とも打つ手を失う。
     そのまま二人は、じっと互いに相手をにらみ続けた。
     と、晴奈が口を開く。
    「……巴景」
    「何?」
    「決着が、付かぬな」
     その言葉に、巴景は一瞬間を置いて笑い出した。
    「……クス、アハハ、そう、そうね。全然付きやしない」
    「……はは、くく、くふふふっ、まったくだ」
     晴奈も笑い出した。
    「互いの奥義を繰り出してなお、どうにもならぬ。この勝負、決着は永遠に付かぬよ」
    「癪だけど、その通りね。後何回、『人鬼』と『星剣舞』を仕掛け合っても、多分どうもならないでしょうね。
     ……いいわ。明奈は諦めた。その代わり、アンタのことなんか絶対、姉さんなんて呼ばないわよ。
     この勝負、引き分けよ」
    「そうだな」
     二人とも、笑いながら刀と剣を納めた。
     と、ようやく山の稜線から朝日が姿を表す。曙(あけぼの)の光が、二人の顔を照らした。
    「次こそ、決着を付けてあげるわ」
     巴景はニヤリと笑い、そう告げた。
    「次、か。……巴景、済まぬが私は」
    「何? 結婚でもするの?」
    「……そうなるかも知れない」
    「あら、そう。……へー。
     ま、それでもあなた、刀を置かないでしょう?」
    「ああ、そのつもりだ」
    「じゃあ、いいじゃない。また、仕合いましょう?」
     晴奈ははにかみ、うなずいた。
    「……ああ。また、いつか」
    「いつか、ね」
     巴景は最後に、明奈にパチ、とウインクしてその場を去った。

     戦いが終わったところで、明奈が恐る恐る晴奈に近寄ってきた。
    「お姉さま」
    「明奈。……どうして、とは聞かない。大体の事情は、何となく、分かったつもりだ。
     ありがとう」
    「いいえ、どういたしまして。ところで」
     明奈はいたずらっぽく笑い、晴奈に尋ねた。
    「お相手、どなたなの? と言っても、わたしも何となく、察しは付いておりますけれども、ね」
    「……うぅ」
     晴奈は顔を赤くし、うつむいた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.12.25 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・曙光録 1】へ
    • 【蒼天剣・曙光録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    三国志と同じ、……かどうかは分かりませんが、この勝負は見事に、互いの技が噛み合ってしまったようです。

    NoTitle 

    ほほう。引き分けですか。
    なるほど拮抗し過ぎると戦えられない。
    決着がつかない。・・・というのはありますね。
    三国志の実力の拮抗と同じですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・曙光録 1】へ
    • 【蒼天剣・曙光録 3】へ