FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・邂逅録 1

     ←蒼天剣 目次(第2部;免許皆伝・後輩指導編) →蒼天剣・邂逅録 2
    晴奈の話、第69話。
    銀髪の異邦人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「人の出会いは不可思議で心躍る」と言ったのは、黒白戦争時の女傑、ネール大公である。
     ある出会いが、思いがけず生活や人生、そして世界すら変えることがある。黄晴奈とその男の出会いも、後世から見れば、歴史的な邂逅(かいこう)の一つだった。



     双月暦515年初秋、晴奈22歳の時。
    「父上! 母上! 明奈は、明奈はッ!?」
     晴奈は自分の故郷である黄海に、大慌てで舞い戻っていた。
     自分の妹である明奈がさらわれて以来、焔流との交流もその一因と言うこともあって、晴奈はここ数年故郷を訪れられなかったのだ。
     ところがつい先日、その妹がひょっこり帰って来たと言ううわさが、彼女の耳に入ったのである。無論、そんな吉報を聞いて、じっとしていられる晴奈ではない。
     彼女は故郷に戻るとすぐ、自分の家である黄屋敷の扉を蹴破るようにくぐり、玄関の大広間に飛び込んだ。
     と――央南ではまず見ることの無い、銀髪・銀目の、短耳の男が大広間のど真ん中に立っており、晴奈は面食らう。
    「ん? ……誰だ、お主?」
    「えーと、はは。……君は、誰かなぁ? メイナのお友達?」
     やはり、央南人では無いらしい。央南の言葉で話してはいるが、その発音は央南人の晴奈にとってはどこか、違和感を覚える。
     それでも言葉は通じるらしく、晴奈は探り探り、男に尋ねてみた。
    「いや、その、姉だが。……そうではなく、お主は何者か、と聞いているのだが」
     銀髪の男はへら、と笑って、こんな風に返してきた。
    「そっか、お姉さんかー。へー、キレイな人だなー」「名前は?」
     再度尋ねるが、男は一向に、晴奈の問いに答える様子が無い。
    「やっぱり『猫』は目の形がいいねぇー。ちょっと吊り目で、しゅっと縦長の細い瞳。うーん、エキゾチックな感じがするなー」
    (何を、ベラベラと……。えきぞちく、って何だ? 竹か?)
     名前や単語以外は異様なほど流暢であり、男はどうやら相当、央南語を熟知しているらしい。それに元々、口もうまいようだ。
    「名前は?」「それにその耳と尻尾、三毛ってところもまたいい! 黒い髪にすっごく映えてるよー」「な・ま・え・はッ!?」
     だが、晴奈がにらみつけようとも、怒鳴ろうとも、男はまったく応じない。それどころか――。
    「ねえ、お姉さん。名前は何て言うの?」「それは私が聞いているのだッ!」
     いよいよ晴奈は怒り出したが、それでも男は止まらない。
    「メイナから聞いたっけなー? えーと、何だっけ。レナだっけ? あ、セナだったかな? えーと、違うな、んー」「いい加減に……」
     晴奈がもう一度怒鳴ろうとした、その時――。
    「いい加減にしなさいよ、このナンパ男!」
     大広間の階上から、本が飛んできた。
    「あいたッ、……うー、く、く」
     本の角が後頭部に直撃し、男は頭を抱えてうずくまった。
    「痛いじゃないか、リスト。本は読むものであって、投げる道具じゃないよ」
    「出会いがしらに女を口説くヤツが、常識語ってんじゃないわよ!」
     男を罵倒しながら、大広間の階段を青い髪のエルフが下りてきた。
    「ホントに、ごめんなさいね。コイツバカだから、気にしないでいいわよ」
     リストと呼ばれたエルフは、恥ずかしそうに頭を下げつつ、男を軽く蹴った。
    「あ、ああ。まあ、その、……どうも」
     晴奈はまだうずくまったままのこの銀髪の男を、神妙な面持ちで見つめていた。



     会うなり晴奈を口説いたこの男こそ、後に世界のトップとなる「大徳」、エルス・グラッドである。
     二人は後に力を合わせ、幾多の戦いで活躍することになる――のだが、その最初の出会いにおいては、晴奈は不快感しか抱いていなかった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.09 転載
    2010.05.19 修正
    2016.02.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣 目次(第2部;免許皆伝・後輩指導編)】へ
    • 【蒼天剣・邂逅録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    軟派さんです。
    腕は確かですが。

    NoTitle 

    こいつが妹ちゃんを助けた奴だったのかv-506
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣 目次(第2部;免許皆伝・後輩指導編)】へ
    • 【蒼天剣・邂逅録 2】へ