FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 あとがき

    「蒼天剣」あとがき④ 「修羅」

     ←蒼天剣目次(第9部;日上戦争編) →2010年8月 携帯待受
    「前回に続きまして、本日もゲストをお呼びしてますー」

    巴景「……」

    ――晴奈のライバル、巴景さんにお越しいただきました。
      で、「蒼天剣」の中で何度も出てきた「修羅」について語っていこうかと。

    巴景「それは私が修羅だって言いたいの?」

    ――否定はしません。戦闘シーンですごくイキイキしてくるキャラですし。

    巴景「……」

    ――仏教思想に明るくないので詳しい説明をするのは難しいですが、「修羅」の本来の意味は、「争いの世界」のことです。
      「蒼天剣」ではそれを、「無闇に争い、失い続ける人」だとしています。
      晴奈が属していた本家焔流では、これを忌避する傾向がありました。

    巴景「うち……、新生焔流の方だと、むしろお頭が修羅まっしぐらだったわね。
     確かにズタボロの、失いっぱなしの人生を送って、結局晴奈にも負けて命まで失ったわけだけど」


    「よ、容赦ないですね……」

    巴景「嫌いだったし。ま、私もそんな感じだったのは否定できないわね。
     明奈に会ってちょっと変わったけど、それまでは晴奈を殺すことで頭が一杯だったわ。他のこと、全然見てなかった」


    ――執念って諸刃の剣ですよね。
      とんでもない集中力を生み出す反面、他の可能性を捨てていくわけですから。

    巴景「本当よね。晴奈を追わなきゃ私、一国の宰相にもなれたわけだし」

    「ちょっともったいない気もしますよねー」

    巴景「それは人それぞれよ。大臣になりたいって人もいれば、そうじゃない人もいるわけだし。
     どっちにしても、修羅って残念な奴よね。目的を果たしても、それを失っちゃうのよね」


    ――本来、目的の達成って、「得る」ことなんですよね。
      一位になるとか、欲しい物を買うとか、達成することで何かを得られるものなんですよ。
      でも目的を潰すのが目的だと、得るのは何かって言ったら……。

    「目的を潰して、目的を得る……、矛盾してますね」

    巴景「そう考えると、晴奈を殺そうとしなくて良かったのかもね。またあいつと戦えるんだもの」

    「……やっぱりトモエさん、修羅っぽいですよねー。
     と、お時間来てしまいました。さて次回はー?」


    ――次回7月25日はあとがきインタビュー最終回。主人公自身、晴奈について。

    「次回もお楽しみにー」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣目次(第9部;日上戦争編)】へ
    • 【2010年8月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣目次(第9部;日上戦争編)】へ
    • 【2010年8月 携帯待受】へ