FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・神代記 4

     ←火紅狐・神代記 3 →火紅狐・神代記 5
    フォコの話、4話目。
    フォコの小さな災難。




    4.
     食事会が進むうち、大人たちは酔っぱらい、子供たちを放って内輪で話をし始めた。
     気付けば、先程まで向かいに座っていたランニャの姿は無い。
    「……ランニャちゃん、どこやろ?」
     フォコも席を立ち、ランニャを探そうとした。
     と、後ろからくいくいと、自分の服の裾を引っ張る者がいる。
    「あ、ランニャちゃん」
    「ねーねーフォコくん、ここつまんないからあたしの部屋に来てよ」
    「う、うん」
     フォコはランニャに手を引かれ、食卓を後にした。

     廊下を歩きつつ、ランニャはフォコに色々と話しかけてくる。
    「フォコくん、いくつ?」
    「12歳」
    「あたしは11歳。フォコくんの方が、お兄さんだね」
    「そうやね」
    「カレイドマインから来たって聞いたけど、どんなところ?」
    「えっと、……山ばっかりかな」
    「山ばっかり? じゃ、うちといい勝負だね。うち、森ばっかりだもん。
     あ、ここだよ。ここがあたしと、お兄ちゃんの部屋」
     ランニャはちょい、とドアノブを押し、フォコに入るよう促した。
    「入って入って」
    「あ、はい」
     部屋の中を見て、フォコは一本の本棚に目を留めた。
    「うわぁ……、なんや難しそう」
     そこにあった本は、到底12歳の自分が読めるようなレベルではなかった。言うなれば、聡明な母が読みそうな専門書ばかりだったのだ。
     フォコの目線の先を見て、ランニャが笑う。
    「それ、お兄ちゃんの。あたしも分かんない」
    「へぇ……。お兄ちゃんて、いくつなん?」
    「えっと、20くらいかな」
    「20歳?」
     その回答に、フォコは首をかしげた。
    (ルピアさん、どう見ても30前半くらいに見えたけど、意外と歳取ってんねんな)
    「それよりさ、来て来て」
     ランニャはちょいちょいと手招きし、フォコを椅子に座らせた。
    「フォコくんは何日くらい、こっちにいるの?」
    「えっと、分かんないけど、しばらくいるって言うてた」
    「そうなんだ。……じゃ、さ。明日、遊びに行こ?」
    「明日?」
     ランニャはフォコの手をぎゅっと握り、楽しそうに笑った。
    「うん、明日。とっても楽しいトコに、ね」
     そこで、部屋のドアがノックされた。
    「ランニャ、そっちにフォコはいるか?」
     ルピアの声だ。
    「うん、一緒にお話してた」
    「そうか」
     そこでドアが開き、顔をほんのり酒で赤くしたルピアが入ってきた。
    「今日はもう遅い。また明日、話をしてやったらどうだ?」
    「えー」
     ランニャはフォコの首に手を回し、駄々をこねる。
    「もうちょっとお話したいのー」
    「こらこら、あんまりわがままを言っては駄目だ。ゴールドマンさんたちも心配してたんだから」
    「ぶー……」
     ランニャは渋々、フォコから手を離した。
     と、そこへゴールドマン夫妻がやって来る。
    「ここにおりましたか」
    「もう、心配させて」
    「ああ、すみません。……ほら、フォコくん。お父さんたちが来たから、今日はもう休もう?」
    「はい、おやす……」「あっ」
     フォコが席を立ち上がりかけたところで、ランニャがまたフォコの裾を引っ張った。
    「じゃ、さ。一緒に寝ようよ」「へ?」
     まだ駄々をこねてくるランニャに、ルピアは苦笑した。
    「こら、駄目だって。離してやりな」
    「ねー、一緒に寝よーよー、もっとお話したいのー」
     聞き分けてくれそうになかったので、親たちの方が折れた。
    「……まあ、仕方ありませんなぁ。ご迷惑やなかったら、今夜はこっちで寝かせてもろてもええですか?」
    「ええ、レオンさんがよければ、うちの方は構わないんですが……。
     分かった、ランニャ。今夜だけだぞ?」
    「はーい」
     ランニャはフォコの裾をつかんだまま、ぺこりとうなずいた。

     フォコはドキドキしながら、ランニャの横に寝転んでいた。
    (どないしよ……)
     両親と離れての就寝は初めてであるし、同年代の女の子とこれほど密着したのも初めてなのだ。
    (……よお、寝れるなぁ)
     既にランニャははしゃぎ疲れ、すうすうと寝息を立てている。
    (なんかもう、この子と一緒やと、振り回されそう……)
     フォコは明日、ランニャと遊びに行くことを考えて、ふうとため息をついた。



     フォコの予想通り、ランニャとの外出は、始終ランニャに引っ張られ通しだった。
    「ほら、あれ。可愛いブローチでしょ」「うん」
     雑貨屋で立ち止まり、ブローチを見て騒ぐ。
    「あ、あそこのジュース屋さん。いつもお母さんが買ってくれるんだ」「そうなんや」
     通りに並ぶ商店一つ一つの紹介を、通りの端から端まで受ける。
    「次はさ、次はさ、あっち行こ?」「ちょ、待って……」
     朝から昼過ぎまで、フォコはランニャに振り回された。

    「ふええ……」
     散々あちこちを歩かされ、フォコはネール邸に戻った途端ソファに伸びてしまった。
    「大変だったな、フォコ君」
     そこに、ルピアが飲み物を持ってやって来た。
    「あの子は一回気に入ったものは、絶対離そうとしないからな」
    「はあ……」
    「しばらく大変だと思うが、勘弁してやってくれ」
    「まあ、は……、はい? しばらく?」
     うなずきかけ、きょとんとしたフォコに、ルピアは困ったような顔をしながらこう言った。
    「その……、お父さんたちなんだが、『フォコも12歳になったことだし、少しばかり見聞を深めさせてみてはどうやろと思いまして』と、な。
     二ヶ月ばかり、うちの方で預かることになった。夕べ話すつもりだったんだが、君はランニャと一緒に寝てしまったからな。言う暇が無かった」
    「へっ? ……へえええっ!?」
     目を丸くし、尻尾の毛を逆立たせるフォコに対し、ルピアの背後にいたランニャが嬉しそうに笑った。
    「よろしくねっ」
    「……よ、ろ、しゅう」

     これがフォコの、最初の、小さな災難だった。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・神代記 3】へ
    • 【火紅狐・神代記 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    確かに今の年齢になると、あれもこれもしておきたかったなと思うことが多いですね。

    NoTitle 

    可愛い子には旅をさせよ。。。
    ・・・というのが、今の年齢になると分かる。。。
    色々な経験をさせるのが親心なのですね。。。

    NoTitle 

    来てない来てない。
    あと15年先。

    NoTitle 

    きたああああああああああああああああああああああああv-402
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・神代記 3】へ
    • 【火紅狐・神代記 5】へ