FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・賭罰記 2

     ←火紅狐・賭罰記 1 →火紅狐・賭罰記 3
    フォコの話、8話目。
    危険区域。




    2.
    「ど、どこ行っちゃったんでしょう?」
    「分からん」
     フォコとポーロも、ランニャを追いかけて施設の中へ入っていた。
    「この暑さ、ボーっとしてたらゆだっちゃいそうですね」
    「ああ。実際、ここを歩いてるだけで倒れた奴も多い。ましてや子供なら、なおさら体にくるだろう。
     ……早く見つけないと、取り返しのつかんことになるかも知れん」
    「は、はい」
     ポーロはこの高炉のことを熟知しているし、暑さに対する対策もきちんと教えてくれた。
    「濡れタオルだ。これを首に巻いておいた方がいい」
    「ども」
    「施設の何ヶ所かに、吸気口と放熱口がある。吸気口は外の涼しい空気を吸い込むところだから、体が熱くなってきたらそこで涼む。
     逆に放熱口は危険だから、絶対に近づいちゃ駄目だ。下手すると、全身に大火傷を負うだけじゃ済まん」

     道に迷っている間も、ランニャは熱に当てられ続けていた。
    「出口……、どこー……?」
     顔は真っ赤に染まり、目もうつろになってきている。明らかに、熱中症の症状を帯びていた。
     と、どこからかゴゴゴ……、と音が聞こえてくる。
    「なんだろ……? 風の音かな……」
     もしかしたら外かも知れないと、ランニャは音のする方向へと歩いて行った。
    「あ……、風が後ろから来てる……。ちょっと涼し、……やっぱり熱いや」
     これ以上熱風を浴びるのを嫌い、ランニャは道を急ぐ。
    「こっち、だよね。……ん?」
     なぜか、歩けば歩くほど、背後からの追い風が強くなってくる。
    「あ、これ歩くの楽かも。……でもちょっと、息苦しいな」
     通路が赤ペンキで塗り潰されているのにも構わず――大人やちょっと勘のいい子供なら、そこが特に危険な場所であると、その赤ペンキで分かるが、残念ながらランニャはそうではない――ランニャは歩くのをやめない。
     と、通路の先から外の音が聞こえてきた。
    「あ、鳥の声。……じゃやっぱり、こっちが外なんだ」
     ようやく外に出られると、ランニャが駆け足になろうとしたその時だった。
    「何やってんだ、ランニャ!?」
    「え、なに、なに?」
     背後からいきなり、首をつかまれた。
    「なに、誰? なんでつかむの?」
    「当たり前だろ! この先は入っちゃダメだ!」
    「なんでよ? あたし、外に行きたいの!」
    「出られねーよ! この先は放熱口だ!」
     ランニャの首をつかむ男――いや、少年がなだめようとするが、ランニャは聞こうとしない。
    「放熱ってことは、外に熱い空気出すんでしょ? じゃ、外じゃない」
    「お前、どうやって外に熱を出すか分かってんのか!? この通路よりでかい換気扇で、グイグイ吸い出してんだぞ!
     お前みたいなちんちくりんがホイホイ歩いてったら、吸い込まれて細切れにされちまうぞ!」
    「……あ、そうだったんだ」
     そこまで説明されて、ランニャはようやく追い風の正体と、周囲が赤ペンキで塗り潰されている意味に気付いた。

     少年に抱きかかえられたまま外に出たランニャの後ろから、フォコとポーロが追いかけてきた。
    「ランニャ、無事だったか!」
    「あ、おじさん」
     ランニャが少年ごとくるりと振り向いたところで、ポーロは目を丸くした。
    「ガルフ! お前が助けてくれたのか?」
    「ああ。作業してたら、こいつ見かけたから。……なんでランニャを中に入れたんだよ、親父」
     そう問われ、ポーロは苦い顔をした。
    「いや、本当は高炉の外観だけ見せるつもりだったんだ。そしたら、ランニャが勝手に……」
    「ちゃんと見とけよ、まったく……」
     ガルフと呼ばれた少年は、そこでようやくランニャを放した。
    「ありがと、ガルフくん」
    「君付けすんなよ。俺、15だぞ。お前より全然上なんだからな」
    「えへへ」
     その様子を眺めていたフォコは、なぜかムカムカしてくる。
    「ランニャちゃん、ちょっと?」
    「ん、なーに、フォコくん?」
    「なーに、ちゃうやろ? どんだけ僕とポーロさんが心配したと思てんの?」
    「……あ、ゴメンね」
    「ゴメンで済むと……」
     フォコが声を荒げかけた、その時。
    「済ますと思うか、ランニャ?」
    「……ひぃ」
     フォコたち4人から少し離れたところに、目を吊り上らせたルピアが立っていた。



     帰宅後、ランニャはルピアに散々、叱られた。
     元気一杯のランニャも、その時ばかりは流石に落ち込んでしまった。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・賭罰記 1】へ
    • 【火紅狐・賭罰記 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    お兄ちゃんじゃないんです、これが。

    NoTitle 

    お兄ちゃんじゃないのん?v-394
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・賭罰記 1】へ
    • 【火紅狐・賭罰記 3】へ