FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・賭罰記 5

     ←火紅狐・賭罰記 4 →火紅狐・賭罰記 6
    フォコの話、11話目。
    一発逆転の機会。




    5.
     勝負は一巡し、後半戦が始まった。
    「……アガリだ。極刻子、三倍付けだな」
     親番のルピアが、いきなり先制する。
    「うぅ……」
     ランニャがうめく一方で、フォコは一言も発さずカードを机に置く。
    「次、行きましょう」
    「うん? ……ああ、そうだな」
     もう一度ルピアが切り、再び配られる。
    「ほれ」
     と、ルピアが切ったカードを見て、フォコはクスっと笑った。
    「うん?」
    「……アガリました」
    「何? ……地和か!?」
     机に置かれたフォコのカードを見て、ルピアがうなった。
    「氷の刻子に、雷と風の対子。……むう、本当にアガってるな」
    「アガリと地和、それから一連荘で4.5倍ですよね」
    「ああ。……まいったな」
     ルピアは憮然とした顔で、フォコにカードを渡してきた。
    「さ、お前の親番だ」
    「はいっ」
     配り終え、場が進んだところでランニャがアガる。
    「アガリっ! 天対子だよ!」
    「二倍付け、だな」
     続いてランニャの親番で、ルピアがアガる。
    「極対子。二倍付けだ」
    「ぶー」
     あっさり親が蹴られ、ランニャが頬を膨らませる。

     そして最後、ガルフの親番でまた、前半の悪夢がよみがえった。
    「アガリ。極刻子」
    「またアガリ。天刻子だ」
    「ほれ、またまたアガリだぜ」
     三連荘され、フォコたちの持ち点は見る見るうちに減っていく。
    「ど、どうしよー、フォコくん……」
    「……」
     と、泣きそうな顔になるランニャに加え、優勢のはずのルピアも渋い顔をしている。
    「どうしたんです、ルピアさん」
    「……いや。まあ、大丈夫か」
    「……?」
     その言葉が何を意味しているのか分からず、次の局を迎える。
    (来たのんは……、『水・水・土・土・土・天』か。このまんま行けば、極刻子が付いて三倍付けやけど……)
     ルピアから渡されたカードを見て、フォコは短く唸る。
    「どうした?」
    「あ、いえ」
     フォコはすい、とランニャにカードを渡す。
    「むー」
     ランニャに入らず、そのままガルフに流れる。と――。
    「よっしゃ! アガリ、四連荘!」
     ガルフは得意満面に、カードを皆に見せる。
    「天刻子も付けて、1350点払いだ!」
    「ひゃん……」
     ランニャが短く鳴く。
     これで点数差は8000点近くに広がり、半端な手では勝つのが絶望的になった。
    「そろそろバリカンの用意ですね、ルピアさん」
    「……まだ油断はするな、ガルフ」
    「あ、はい」
     なぜか、先程にも増してルピアは渋い顔をしている。
    「これで四連荘だから、次は6倍掛けだな」
    「……」
     と、ルピアがフォコのカードを見て、一瞬だけ怪訝な顔をした。
     フォコはそれに気づいたが、しれっと目をそらし、次の局に臨む。
    「さて、と。……はい」
     カードを配り終え、ガルフからルピアにカードが流れる。
    「ほれ」
     と、自分に配られたカードを見て、フォコは息を呑んだ。
    「……っ」
    「どうした? 早く渡せ、ランニャに」
    「……いえ、それが」
    「……まさかお前」
     フォコは上ずった声で、アガリを宣言した。
    「アガリです。地和、七種七枚」
    「……なんだとぉ!? 七倍付けじゃないか!」
    「マジかよ……、って、……やべぇ!」
     アガリと地和、七種七枚で七倍付け。さらに四連荘のために、それがさらに6倍され――計、42倍となる。
     一気に4200点ずつを奪い取り、フォコたちのチームがギリギリ逆転した。



    「約束通り、今回の罰は帳消しだ」
    「やった~」
    「もう二度と、危ないところを一人でウロウロするなよ」
    「はーい。それじゃ、おやすみなさーい」
     ようやく許され、ランニャはほっとした顔で寝室へと向かった。
    「あ、じゃあ僕もそろそろ……」
     フォコもお辞儀をし、寝室へ行こうとしたところで、ルピアが声をかけてきた。
    「ちょっと待った、フォコ君」
    「……はい?」
    「さっきのなんだが、気になる点がある」
    「なん……、でしょう」
     ルピアはまだ机の上に置いたままのカードを一枚拾い、フォコに見せつける。
    「ラス2の局だが、私は君にこのカードを渡したよな。この、『天』のカード」
    「……ええ」
    「一体なぜ、君はアガらなかった? あそこでなら、できただろう?
     しかも地和と天対子で五倍付け。三連荘だったから4.5倍掛けの、一人2250点払い。ガルフを抜いてトップになれたはずだ。
     なぜ、君はこれを捨てた?」
     じっと見つめてくるルピアに、フォコは素直に答えた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・賭罰記 4】へ
    • 【火紅狐・賭罰記 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    入ってません。

    NoTitle 

    人妻ルートに入りましたv-402
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・賭罰記 4】へ
    • 【火紅狐・賭罰記 6】へ