FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・望世記 3

     ←火紅狐・望世記 2 →火紅狐・望世記 4
    フォコの話、15話目。
    ルピアのロマンス。





    3.
     話をしているうちに、ランドは自分の理想を語り始めた。
    「僕はね、憂いているんだ。今の中央政府は、乱暴者そのものだからね」
    「乱暴者、ですか」
     ランドは深くうなずき、熱く語る。
    「考えてもみなよ。今の政治は神の名の元に、世界中の利権を好きなように操り、在野の人々に無理難題を押し付けるような形だ。
     これがいいことだと、思う?」
    「いや……、思わない、です」
    「だろう? 僕はそれを変えて行きたいんだ」
     熱っぽく語り出すランドに、フォコは辟易した表情を浮かべる。
    (うわぁ……、ホンマにこの人、変わり者なんやな。変な熱の入り方しよる)
     が、自分の世界に入り始めたランドは気付かない。
    「まずは、政務院での地位を確立する。そこから発言力を強め、いずれは大臣に意見できるよう、立場を築いていくつもりなんだ。
     それでね、君が家を継いだら、僕と君とで力を合わせて、政治・経済ともに改革を進めていこう。僕の頭脳とゴールドマン家の財力となら、それは十二分に可能なはずさ。
     僕たちが変えていくんだ、この世界を」
    「はあ、はい」
     フォコにはそう応えるのがやっとだった。
     と、そこにようやく「助け」が帰ってきた。
    「ランド、その辺でいいだろう」
    「え? あ、ルピアさん」
     ルピアが苦笑しつつ、ランドの頭をクシャクシャとかき混ぜる。
    「フォコ君が硬直している。もっと12歳の子にも分かりやすい話をしてやれよ、まったく」
    「あ、うん。……ゴメンね、一人で盛り上がっちゃって」
    「いえ……」

     夕食が済んだところで、フォコはどうしても気になっていたことを、ランニャに尋ねてみた。
    「なあ、ランニャちゃん。なんでお兄さん、苗字違うん?」
    「あー、それはね。お父さんの連れ子なんだよ」
    「へぇ? ほんなら、ランニャちゃんのお父さん、再婚ちゅうこと?」
    「そ、そ。だからお兄ちゃんとは、半分血がつながってるの」
    「そうなんや……。あ、それやったらルピアさんとは」
     フォコは一瞬、台所に立っているルピアの後姿を確認し、声をひそめて尋ねた。
    「血、つながってへんっちゅうこと……、やんな?」
    「そだよ。ギリってやつ」
     フォコが気を遣ったにもかかわらず、ランニャはあっけらかんと返した。
    「……そうなんや」
     まるで気に留めていない様子なので、フォコは面食らう。
    (うーん……、あんまり気にせん方がええみたいやな)
     と、ここでフォコはもう一つ気になっていたことを尋ねてみた。
    「そう言や、ランニャちゃんのお父さんも、見たことあらへんなぁ。どうしてはるん?」
     この問いにも、ランニャはさらりと答えてくれた。
    「今ね、西方に行ってるらしいの。向こうの人たちと一緒に、色んなモノ造ってるんだって」
    「へぇ」
    「シロッコのことか?」
     と、ルピアが手を拭きながら、話の輪に入ってきた。
    「うんうん」
    「そう言えばあいつも、長いこと帰ってきてないな。一体、どうしているやら」
     そうつぶやいたルピアは、少しだけ寂しそうな表情を浮かべる。
     それを見て、フォコは触れてはいけないことだったかと思い、口を抑えた。
    「あ、……と」
    「うん?」
     フォコの表情に、ルピアは内心を悟ったらしい。
    「……はは、気にするな。そのうちまた、ひょっこり戻ってくる。そう言う奴なんだ、シロッコは。
     そう言う奴なのに、とっても頼りになる。……ふふ、それがまた、な」
     そう言ってルピアはまた表情を変える。今度は、とても楽しそうな顔をしていた。

     ルピアはニコニコと微笑みながら、シロッコと会った時の話をしてくれた。
    「元々、あいつはこの街出身の職人だったんだ。物をピカピカに磨くのが何よりうまい奴で、あいつが作った鏡はかなりの高値で売れるんだ。
     ま、その腕に惚れさせられたんだな。ほら」
     ルピアは胸元から銀細工のブローチを取り出し、フォコたちに見せた。
    「私の横顔をモチーフにしたらしいんだが、もらった瞬間に、……コロッと落ちた。
     でももらった後、私が告白するより先に、旅に出てしまったんだ」
     にへらにへらと笑っていたルピアが、ここで拗ねたような顔になる。
    「それで何年かして、ふっと戻って来た時にはランドを連れて来た。……その上であいつから、結婚してくれと言ってきた。ふざけた話だろう?
     ……それでもうなずいてしまったのは、本当にあいつに惚れ込んでしまってたからなんだろうなぁ。ま、結婚して良かったと思ってるけどな」
    「……顔、でれっでれしてるー」
     ランニャに突っ込まれ、ルピアは「うへへ……」としまりの無い笑い方をしながら、顔を手で覆った。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・望世記 2】へ
    • 【火紅狐・望世記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    木星??

    NoTitle 

    木星帰りだったv-391
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・望世記 2】へ
    • 【火紅狐・望世記 4】へ