FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・望世記 4

     ←火紅狐・望世記 3 →「火紅狐」、及び今後の小説の進め方について
    フォコの話、16話目。
    白亜城のフィクサー。




    4.
     数日が過ぎ、ランドが央北へ戻る日がやってきた。
    「それじゃまた、行ってくるね。今度戻ってくる時は、官僚になってるから」
    「おう。期待してるぞ、ランド」
     ルピアはガッチリと握り拳を作り、ランドを応援した。
    「頑張ってねっ」
     ランニャも母を真似し、きゅっと握り拳を作る。
    「うん。楽しみにしててね」
     ランドは満面の笑顔で母娘の激励に応え、街を離れていった。
    (さあ、これからだ。これからが、僕の活躍する時だ。
     きっと、きっと――僕が中央政府の腐敗を、糺してみせる!)



    「……では、それで進めてくれ」
    「仰せのままに」
     どこか、暗く閉め切った部屋の中で。
     偉そうな口ヒゲを蓄えた中年の熊獣人と、丸眼鏡をかけた青年の短耳、そして血色の悪い、白い服を着た老境の短耳とが、円卓を囲んでいた。
    「しかしこれで本当に、朕の無き後の世は、安泰となるのかの」
    「なりますとも」
     心配そうな表情を浮かべた白服に、丸眼鏡が深々とうなずいて応える。
    「この世は神の守護と政の執行、そして財の循環で成り立っております。政治と経済とを掌握すれば、この世の3分の2を掌握したも同然。
     さらにそこに、陛下のご守護が加われば、それはもう天下を意のままに操れるも同然。陛下の憂いも、和らぎますでしょう」
    「であれば良いが。
     ……朕の体が脆弱なこと、今、殊更に悔やまれてならぬ。満足に政治もできず、跡継ぎとも満足に接せられず、そもそもが凡愚揃い。
     せめてあと少し、あと少し、……と、何度思うたことか」
    「陛下、それ以上は」
     口ヒゲが心配したような顔つきをして、白服をいたわる。
    「ご安心なさってください。彼の言う通り、この計画がうまく進みさえすれば、50年、いや100年、それどころか300年、500年と、神代の世は続きますでしょう」
    「……しかし、そのために彼らを食い物にするなど、神のやることだろうか」
    「いいのです」
     口ヒゲと丸眼鏡は、同時にそう言い放った。
    「神は万人の上に立って威光と慈悲を輝かせ、無条件に崇められる存在です。であるからこそ万人は、神に何らかの供物を差し出すべきなのです。
     その義務をあの狐商人どもは、ずっと拒否し続けています。これは言わば、神への冒涜そのもの! 神への反逆に他ならない、蛮俗極まりない行為です!
     これはその報い――家財の一切合財を奪われても、何ら文句の言えぬ罰なのです」
    「……うむ」
     白服はうつむき、小さくうなずいた。

     部屋を後にした丸眼鏡と口ヒゲは、小声でささやきながら廊下を進んでいた。
    「これで第一段階終了だな、ケネス」
    「ええ。これからが楽しみですね、バーミー卿」
     ケネスと呼ばれた丸眼鏡は、ニヤリとほくそ笑んだ。
    「我々が次代の覇者となる日は、もう間もなくです。
     ゴールドマン家を奪取すれば、この世の金は思いのまま。その上に中央政府の全軍を掌握した閣下が動けば、先程陛下に申し上げた通りの……」
    「この世の3分の2を、か。……くくく、お前に乗って大正解だった。
     最初はあまりに荒唐無稽と、そう思っていたが。やってみれば実際、陛下は何ら反対もせず、不思議なくらいにすいすいと政府各院を動かしてくれた」
    「陛下は長年の失政が、その心身に堪えています。かと言って老いた身では、それを挽回などできるはずもない。
     となれば、挽回してくれそうな人間に頼むしかない。こう言うわけです」
    「なるほどな。……しかしケネス」
     バーミーはわずかに眉をひそめ、ぼそっとつぶやいた。
    「お前こそが、神を冒涜しているような、そんな気がするのだが。
     お前は神を――天帝陛下をも、己の利益のために使っているのだろう?」
    「だから何です?」
     ケネスは眼鏡をつい、と中指で直しながら、平然とこう言ってのけた。
    「神様なのですから、少しくらいは人間の役に立ってもらわねば。でなければ、こちらが崇め奉る理由が無い」
    「……二枚舌め」
    「私にとってはほめ言葉です、閣下」



     この男、ケネスが後に取った行動により、ゴールドマン家は未曾有の危機にさらされることになる。
     そしてそれが、ケネスと「ニコル3世」――フォコとの長い戦いの、幕開けとなった。

    火紅狐・望世記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・望世記 3】へ
    • 【「火紅狐」、及び今後の小説の進め方について】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    やり方によります。

    NoTitle 

    世界というものはそう簡単に手に入らないものです。

    NoTitle 

    これからが悲劇の始まりです。

    NoTitle 

    びんぼっちゃまになってまうv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・望世記 3】へ
    • 【「火紅狐」、及び今後の小説の進め方について】へ