FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・三商記 5

     ←火紅狐・三商記 4 →火紅狐・三商記 6
    フォコの話、21話目。
    怪しげな入り婿。




    5.
     そして冬――299年の末。
    「初めまして、レオンさん」
     レオンの前に、レオンの妹であるリンダと、身なりの良い服を着た眼鏡の、短耳の青年が立っていた。
    「初めまして。……ええと、央北の方ですか?」
    「はい。サウスボックスと言う街で、商いを」
    「ほうほう」
     その青年は、終始ニコニコとレオンに笑いかけていた。
     この青年とリンダが来年初めに結婚することが決まったのだ。彼はこの日、一族当主であり、義兄となるレオンへの挨拶に来ていた。
    「えーと、えんてる……」「エンターゲートです」「ああ、失礼。エンターゲートさんでしたね。主にどんな商売を?」
     青年はつい、と眼鏡を直し、依然にっこりと笑う。
    「中央政府軍へ、武器と食糧などの、いわゆる軍事物資を卸売しています。大きい取引先なので一件一件は大きな稼ぎになりますが、競争も多い業界ですね」
    「それはそれは……。おいくつでしたっけ」
    「来年で35です。このまま独身かなと、多少諦めていたんですが」
     青年ははにかみながら、横にいるリンダに笑いかけた。
    「本当にありがとうね、リンダ」
    「うふふっ」
     レオンは二人の様子を見て、青年と同様に微笑んだ。
    「うんうん、お似合いですな。
     どうか幸せにしたってくださいな、ケネスさん」
    「ええ、勿論」
     青年――ケネス・エンターゲート氏は、深々と頭を下げた。

     傍目には、とても喜ばしいニュースであった。レオンもリンダも、他の金火狐一族も皆、これを明るいニュースだと捉えていた。
     しかし――。
    「不安ね」
     そう言ったのは、イデアである。
    「不安? エンターゲートさんに、何か変なとこでも?」
    「変な、と言うよりも、怪しいのよ。
     彼もノイマン塾の出身だったはずだけど、先輩のわたしがこっちに嫁いでるって、知ってたはずよ。でも彼、そのことについて触れてこないのよね。
     それに彼、中央政府相手に商売してたって言ってたけど、わたしが財務院に勤めてた間に会ったことも、一度も無いのよ」
    「それは……、流石に10年以上前の話やし、結婚した後に取引が始まったんやないですか?」
    「とすると、余計におかしいのよ」
    「へ?」
     イデアは長い髪を指先にクルクル巻きつけながら、気になる点を挙げる。
    「中央政府との取引って、大口のところは老舗ばかりよ? ウチとかネールさんとか。
     それなのに、ここ10年ちょっとの間に起業した彼が、いきなり軍事物資の供給なんて言う、政府の中核へつながる大きな商売ができるなんて」
    「うーん……、ノイマン塾生やったら、そんくらいはできはるんとちゃいますか? 優等生揃いなんやし」
    「そこもおかしな点の一つ。
     彼、そんなに成績良くなかったはずなのよ。わたしとは2年くらい一緒に講義を受けてたけど、成績は中の下くらい、ギリギリついていけてる程度だったわ。
     まるで別人よ、彼は」
    「ふうん……?」

     どうしても気になったため、イデアはリンダの部屋に泊まっていたケネスを、直接訪ねてみることにした。
    「久しぶりね、ケネス」
     イデアが親しげに挨拶すると、ケネスは一瞬言いよどんだ。
    「あ、……ええ、どうも、お久しぶりです」
    「どうしはったんです、義姉さん?」
     きょとんとするリンダに、イデアは手を合わせる。
    「ごめん、リンダ。少しだけ、二人で話させて」
    「え? ……まあ、はい」
     リンダは首をひねりつつも、部屋を出て行った。
     二人きりになったところで、イデアは本題を切り出した。
    「あなた、誰?」
    「えっ?」
     ケネスの目が一瞬泳ぐが、すぐにわけが分からない、と言いたげな表情を作った。
    「誰って、ケネスです。ケネス・エンターゲート」
    「じゃあわたしとどこで会ったか、覚えてるわよね?」
    「も、勿論。ええと、あの……、央北で」
    「そう、央北の……」
     イデアはここで、嘘をついてみた。
    「……文化院で会ったわよね? ほら、魔術書を買い付けた時の」
     イデアはここでボロを出すかと、相手の出方を伺った。
    「えっ?」
     しかし、ケネスの反応は期待したものではなかった。
    「勘違い……、されてますか?」
    「え、……そう、だったかしら」
     逆に、相手の方が怪しむ素振りを見せてきた。
    「ええ。確か、財務院で会ったような、……あ!」
     と、ケネスは突然大きな声を挙げた。
    「イデア! そう、イデアさんじゃないですか! ノイマン塾の先輩だった!」
    「え、え」
    「いやぁ、すみません本当に! すっかり忘れてました!」
     そう言ってケネスは、軽く頭を下げた。
    「そうそう、どこかで見たなと思ってたんです! 懐かしいですね、本当!」
    「そう、ね。ええ、思い出してくれて良かったわ」
     イデアは困惑しながらも、自分の予感が間違っていたと感じた。
    (やっぱり……、本人、なの? わたしの勘違い、だった、……みたいね)
     その後も二言三言交わしたが、偽者らしい反応は見られなかった。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・三商記 4】へ
    • 【火紅狐・三商記 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    寝取られたのは妹じゃないんですよね、これが。
    というか、リンダはこれが初婚なわけで。
    相手はケネスだけですから、「寝取られ」じゃないですね。

    NoTitle 

    困っちゃうなー
    妹NTRてーv-399
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・三商記 4】へ
    • 【火紅狐・三商記 6】へ