FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・奪督記 3

     ←火紅狐・奪督記 2 →火紅狐・奪督記 4
    フォコの話、25話目。
    悪夢の成就。




    3.
     黒ずくめたちを引き入れ、門前に一人残ったケネスは、ニヤリと笑いながら門柱にもたれかけた。
    (これで間もなく、第三段階完了か。……いよいよ、最終段階への秒読みがかけられる)
     ケネスは屋敷の最上階、レオン夫妻が眠っている部屋の窓をじっと見つめる。
    (いやいや、本当に長かったものだ。計画を発案してから、4年もかかるとは。……いや、大元から考えれば10年以上、か?)
     かしゃ、と窓から音が漏れる。
    (おっと、マヌケめ! バレたらどうする気だ!)
     注意深く他の部屋に目を向けるが、動じた様子は無い。
    (ふう……。こんな些細なことで10年の計画が破綻したら、元も子もない。まったく、愚図どもめ!
     そう、10年もかけたのだ。私が、世界を牛耳るための計画!)
     ケネスののどが、笑いをこらえようと引きつり、ピクピクと震える。
    (第一段階、それは中央軍を味方に付けること。……バーミー卿の助けを借り、達成された。
     第二段階、それはゴールドマン家に参入すること。……婿になることで、達成。
     そして今、第三段階――ゴールドマン家の家督と全権を、奪取することだ!)
     ケネスはこらえきれなくなり、門柱をガツガツと叩き始めた。
    「うく、くくっ、く、くは、はははっ、ははっ……」
     こぼれ始めた笑いは、凶暴な色合いを帯びていく。
    「はは、ひっ、ひはっ、ははは、アハハハハハ……っ!」
     ケネスは残忍な笑いを浮かべ、その場に崩れるように座り込んだ。
    「エンターゲート様。完了しました」
     と、そこに黒ずくめの男たちが戻ってきた。
    「はは、は……、どうだった?」
    「滞りなく」「嘘をつけ!」
     ケネスは黒ずくめに怒鳴りつけた。
    「さっきの音は何だ?」
    「そ、れは……」
    「女の方が、抵抗しまして。花瓶を投げつけられました」
    「我々は無事だったのですが」
    「お前らの無事なんかどうでもいい。私の依頼は、『誰にも気付かれること無く』だったはずだ」
     にらみつけるケネスに、黒ずくめたちは困った顔で弁解する。
    「いや、屋敷内の者は、気付いておりません」
    「私が気付いた。屋敷の外にいた、私がだ。契約違反だな。報酬は無しだ」
    「そんな……」
     声を荒げようとした黒ずくめに、ケネスは怒鳴りつけた。
    「このことはバーミー卿に報告させてもらうぞ! 肝に銘じておけ、私の命令は絶対だと!」
    「……分かりました」
    「分かったらさっさと帰れ! いつまでボーっと突っ立っているつもりだ!?」
    「……」
     黒ずくめたちはあからさまに気分を害したようだが、ケネスの威圧的な態度に何も言い返せず、その場を立ち去った。

     門を元通りに閉め、ケネスは屋敷に戻っていく。
    (さあ、これからが楽しみだ)
     ケネスはそっと、寝室に戻っていった。



     翌朝――。
    「きっ……」
     メイドの悲鳴が、屋敷中に響き渡った。
    「きゃああああっ! だ、旦那様!? 奥様!?
     だ、だだっ、誰か、誰かーっ! だん、旦那様と、奥様がっ……!」
     その叫び声に、屋敷中の者が集まってくる。
    「どないしたんや!?」「旦那様と奥様に、何やあったんか!?」
     当然、フォコもとたとたと階段を駆け上がり、両親の部屋の前に向かっていた。
    「な、何かあったんですか?」
    「き、来たらあきません!」
     ところが、青ざめた顔のメイドたちが行く手を阻んだ。
    「え……?」
    「み、見ん方がええですよ」
    「そ、そのっ」
     フォコはメイドたちの表情から、何が起こったのかは察し始めていた。
    「み、みせて、ください」
     だが、確認せずにはいられない。
    「だ、ダメ……っ」
    「見せてください!」
     フォコはメイドたちの横を抜け、部屋の中に入った。
    「……っ」

     そこは血の海だった。
     ベッドの上と、横に、血まみれになった両親――レオンと、イデアが横たわっていた。
    「……とうさん……かあさん……」
     フォコはそこで、気を失った。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・奪督記 2】へ
    • 【火紅狐・奪督記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ここからが、フォコくんの苦難の人生の始まりです。

    NoTitle 

    おおおおおおおっと!!!!!!
    こんな非情な展開!!??
    Σ(゚Д゚)

    現実は非情すぎるよ。。。
    フォコ。。。
    (ノД`)・゜・。

    NoTitle 

    現実は非常である。

    NoTitle 

    きっとパパとママが最後の力を振り絞って犯人を教えてくれるはずv-406
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・奪督記 2】へ
    • 【火紅狐・奪督記 4】へ