FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第1部

    火紅狐・奪督記 5

     ←火紅狐・奪督記 4 →火紅狐・奪督記 6
    フォコの話、27話目。
    別れ。




    5.
    「ケネス義叔父さん……」
     フォコはソファから起き上がり、クリオの横に立った。
    「気分はどうかね、フォコ君。あまり良くないとは思うが」
    「……」
    「この下衆野郎め!」
     クリオはそっとフォコの前に立ち、怒鳴りつけた。
    「いくらオレでも、人二人殺してまで、いいや、大量虐殺してまで商売しようなんて思わねーぞ!?」
    「それは君が単に、詰めの甘い商売をしているだけだろう。私はやると言ったらやる男だ」
     ケネスは見下したように、フンと鼻を鳴らす。
    「ま、君の所見はなかなか正確だ。流石にジョーヌ海運の主だけはある。
     そうとも、私は元々中央政府に対し、積極的に取引をしていた。中央政府を、真に世界を支配する大国にするために、ね」
    「ドコまで大嘘つき通すつもりだ、てめー」
     クリオはなお、追及を止めない。
    「そんならもっと平和的な方法があるだろうが!? 何でゴールドマン夫妻を、……っ」
     背後にいるフォコを心配し、クリオは直接的な表現を避けようとしたが、ケネスは意に介さない。
    「何故殺したか、ですか?」
    「……!」
    「簡単なことです。私がその座に、ゴールドマン当主の座に成り代わるためですよ。
     ……さ、お話はここまでだ」
     ケネスはニヤ、と笑い、大声を挙げた。
    「みんな、助けてくれ! 殺人犯だ! フォコが襲われている!」
    「なっ……」
    「クククク……、さて、この状況で誰が犯人になるかな?」
    「……とことん下衆野郎だな、てめえ」
     クリオはぎゅっとフォコの手を握り、窓に目を向けた。
    「え、えっ?」
    「このままあの下衆の側にいるつもりか、ホコ!? 付いて来い!」
    「あ、う……」
     フォコは逡巡したが、その時――ケネスと目が合った。
    (……っ!)
     ケネスはゴミを見るような視線を、フォコに向けていた。
    (ホンマに、ホンマに……、ホンマなんや! この人が、父さんと母さんを!)
     これまでの話を裏付けるかのようなその目つきに、フォコは決心を固めた。
    「……付いていきます、クリオさん」
    「そうしとけっ」
     フォコはクリオに引っ張られる形で窓を抜け、屋敷を出て行った。
    「……わざわざご丁寧に」
     一人残ったケネスはまた、ニヤリと笑った。
    「あの子をどうしようかと思っていたところだが、わざわざ片付けてくれるとはな」



     屋敷を抜け出したフォコは、走りながら一度、屋敷を振り返った。
    「……父さん……母さん……!」
    「走れ! 走れ、ホコ!」
     クリオに怒鳴られ、フォコは前を向く。
    「は、はいっ」
    「……見納めもさせられねーで、すまねーな、本当。でも今は逃げるしかねーんだ!」
    「はいっ」
    「ともかく街を抜けたら、港に泊めてあるオレの船に乗って、オレん家まで一緒に付いて来るんだ! 今のお前には、それしか他に手段はねーからな!」
     フォコとクリオは全力で走り、カレイドマインを後にした。
    (……さよなら……カレイドマイン……。
     ……さよなら……父さん……母さん……!)



     フォコが休んでいた部屋に、バタバタと使用人たちが集まってくる。
    「殺人犯はどこです!?」「大丈夫ですか、エンターゲートさん!」
     入ってきた使用人たちを、ケネスは一喝した。
    「遅いぞ、愚図め!」
    「……えっ?」「エンターゲート、さん?」
    「逃げてしまったぞ! この役立たずどもが!」
     ケネスはそれまでの腰の低い態度を一転させ、傲慢に振舞う。
    「それから、分かっているだろうな!?」
     ケネスは眼鏡をつい、と直し、こう宣言した。
    「義兄が亡くなった今、私がこの屋敷の――ゴールドマン家の主だ!
     これからはケネス・ゴールドマンとそう呼べ、馬鹿ども!」
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・奪督記 4】へ
    • 【火紅狐・奪督記 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    現実にはたまったものでは無いでしょうね。
    フォコくんの苦難が忍ばれます。

    NoTitle 

    ま、簒奪者とはそういうものです。
    それが野心。
    野心に身を焦がすケネスの生き方も一つの生き方だと思います。
    そういうのも好きですね。
    物語として読む分には。

    NoTitle 

    はい?

    NoTitle 

    うりまクリオ
    できるオカマやでv-415
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・奪督記 4】へ
    • 【火紅狐・奪督記 6】へ