FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂猫記 5

     ←火紅狐・砂猫記 4 →なんとなく作ってみたー
    フォコの話、33話目。
    太陽のような人。




    5.
     ティナと一緒に黙々作業していると、壁時計がベルを5回鳴らした。
    「よし、今日はおしまいだ」
     アバントが声をあげ、全員に終業を伝えた。
    「おつかれっしたー」
    「おつかれさまー」
     作業をしていた皆が一人、また一人と造船所から出て行く。
    「あたしたちも、終わろう」
    「あ、(はい)」
     中央語で促したティナに、フォコは西方語で返事をしてみた。
    「……(うまくなったね。頭良いんだね、君)」
    「(ティナさんの)、……えーと、おかげです。お礼の言葉は、まだ教わって無かったですね」
    「……クス」

     造船所を出ると、既に辺りは夕暮れになってきていた。
    「わあ……」
     南海の島なので、辺り一面は当然海である。
    「初めて見たの?」
    「あ、はい」
     西に沈み行く夕日が、海をきれいな濃橙色に染め上げており、フォコはその景色に、素直に感動していた。
    「あんまり雨の無いところだから、毎日見れるよ」
    「そうなんですか」
    「あたしは飽きた」
    「……そうですか」
     フォコは彼女との会話に、どうにも距離感をつかめないでいた。
    (何やろか……、どうも話が合わせ辛いちゅうか)
    「でも」
     と、ティナは帽子をちょい、と上げて夕日に顔を向ける。
    「嫌いになったこと、一度も無い」
    「……」
    「おやっさんみたいな感じ」
    「おやっさん……、クリオさんですか」
    「うん。おやっさんは太陽みたいな人。
     近くにいると暑くて騒々しくて、正直うざい時あるけど、いないと寂しい。いると安心する。それに、真っ黄色だしね」
    「……あはは、確かにそうですね」
     砂猫楼に戻るまでの数分間、フォコとティナは淡々と会話を交わしていた。

     砂猫楼に戻ったところで、フォコの鼻は美味しそうな香りを嗅ぎつけた。
     と同時に、クリオが怒鳴ってきた。
    「遅せーぞ、火紅、ティナ!」
    「あ、すみません」
    「初日っから早速デートかよ、まったく。手ぇ早えーな、おい!」
    「ちょ、違いますて」
     顔を赤くするフォコに対し、ティナは平然としている。
    「西方語教えてた」
    「ん、そうなのか? ……(火紅。今日は他に、何を教えてもらってたんだ?)」
    「え? えーと、(木材に薬品を塗る工程を、教えてもらいました)」
    「およ?」
     すらすらと返したフォコに、クリオは目を丸くした。
    「何だよ、折角イタズラでもかましてやろうかと思ってたのによぉ。コレじゃ、からかえねーじゃねーか」
    「ちょ」
    「ま、流石ゴールド……」
     言いかけて、クリオは口をつぐむ。
    「ゴールド?」
    「……ゴールドコースト、塾、で勉強してたくらいは、ある、な」
    「何ですか、それ?」
    「ほら、央中では結構有名な学校だよ、うん。な、火紅」
     クリオは適当にごまかし、フォコに口裏を合わせるよう目配せした。
    「ええ、まあ」
     調子を合わせながら、フォコは内心突っ込んでいた。
    (何や、ゴールドコーストて。どこやねんそれっ)
    「ま、ともかくだ。飯、そろそろできるから、早くこっち来い」
    「はい」
     フォコたちが座ったところで、ルーと、クリオに良く似た兎獣人の子供3人が、料理を運んできた。
    「お待たせしました」「ましたー」
     どうやら、昼間クリオが話していた、彼の子供たちのようだ。
    「おっと、そう言や会わせてなかったな。こっち来い、三人娘」
    「はーい」
     クリオの前に子供たちが並び、フォコに向かってにっこり笑う。
    「青チョーカーしてんのが、リモナ。白チョーカーしてんのが、プルーネ。んで、赤チョーカーしてんのがペルシェだ」
    「はじめましてー」「よろしく」「ねっ」
     三人揃ってぺこりと挨拶され、フォコもつられて頭を下げる。
    「あ、ホコウ・ソレイユです。よろしく……、ね」
    「さ、みんな席に付いてくださいな」
     その間にルーが料理を運び終え、一同は座り込んだ。
    「それじゃ、ま。新しいメンバー、火紅のこれからの活躍を願って」
     クリオは杯を挙げ、音頭を取った。
    「乾杯っ!」
    「かんぱーい!」



     こうして、フォコの新たな生活が幕を開けた。
     これから17歳になるまでの3年間、フォコはこの島に住み続けることになる。

    火紅狐・砂猫記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂猫記 4】へ
    • 【なんとなく作ってみたー】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    実質、高校3年間と変わりませんね、14歳から3年過ごすとなると。
    多感な時期ですから、かなり深いところまで影響されるんじゃないかな、と。

    NoTitle 

    ほほう。3年間もいることになるのですか・・・・。。。
    それはそれで大変そうな。

    3年って長いような短いような。
    されど、自分というものを形成するには十分な時間でもありますね。この生活からフォコはどうなるのか。。。
    予測がつかないですね。

    NoTitle 

    女難の相……、ありますね、確かに。
    と言うかフォコくん、第2部終わりに至るまで、運の無い子です。

    ティナは僕も気に入ってるキャラですね。かわいい。

    NoTitle 

    うーむ、わしが見るに、フォコくんには、「女難の相」が出ておる(^^)

    ティナさんかわいいですな。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂猫記 4】へ
    • 【なんとなく作ってみたー】へ