FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・初陣記 1

     ←なんとなく作ってみたー →火紅狐・初陣記 2
    フォコの話、34話目。
    海賊団、出動。




    1.
    「うん」
     向かい合って仕事をしていたティナが、ぽつりとつぶやいた。
    「うまくなったね」
    「え?」
     フォコはティナに顔を向け、尋ね返す。
    「何ですか?」
    「うまくなった」
    「……ども」
     それが西方語と塗装、どちらのことを指すのかは分からなかったが、フォコはうなずいておいた。

     フォコが造船所で働き始めてから、一月が経った。
     その間、フォコはずっとティナと一緒に働き、前述の二つを学んでいた。
    「……んー」
     が、その毎日に、フォコはしっくり来ないものを感じていた。
    「あの」
    「なに?」
    「えっと……、僕たちって、海賊、なんですよね?」
    「うん」
     その返答に何となく安心しつつ――犯罪行為をすると確認して安堵するのも、おかしな話なのだが――続けて尋ねてみる。
    「ずっと、船造ってますよね?」
    「うん」
    「そのー……、どこかに、襲いに行ったりはしないんですか?」
    「平和だもん」
    「は、あ……?」
     ティナの言った意味が分からず、詳しく尋ねてみる。
    「その、海賊ってむしろ、平和を乱す方じゃ……」
    「……?」
     と、今度はティナが腑に落ちなさそうな顔をした。
    「ホコウ君、『砂嵐』のこと知ってるって聞いたけど」
    「あ、えっと……、おやっさんからは、『オレたちは海賊やってるんだ』くらいにしか」
    「そうなんだ」
     そこでティナは、たどたどしくながら説明してくれた。
    「あたしたちは、何もしてない人たちを襲わないの。誰かを襲ってる、レヴィアとかの軍を襲うの。いわゆる、義賊」
    「あ、そうなんですか? ……って、軍を襲うんですか!?」
    「うん」
     コクリとうなずくティナに、フォコは目を丸くする。
    「そんな……、大丈夫なんですか? あ、危なくなんかは……」
    「うち、誰も死んだことないよ」
    「え……」
     そう返され、フォコは周りを見渡す。
    「アミル、それ取ってー」
    「ほらよ、っと」
     木板をぽいぽいと投げ、ひょいひょいと受け取る「狼」二人、アミルとマナはいかにも屈強そうに見える。
    (まあ、あの二人は強そうな気、すんねけど……)
    「……で、こうすると、……うーむ、少し大きいか」
     始業から終業まで、黙々と机に向かうモーリス。
    「お、っとと」
     木箱と木箱の間をくぐろうとし、大きな腹を引っ掛けるジャール。
    「……誰も?」
    「うん」
     もう一度、ティナはコクリとうなずく。
    (……この3人、強そうな気、全然せーへんねやけどなぁ)
     本当に海賊などできるのかと、不安に思ったその時だった。
    「おーい、お前ら!」
     ガラガラと音を立て、頭領のクリオが入ってきた。
    「どうした、おやっさん?」
     アバントが尋ねると、クリオは手をバタバタと振って怒鳴った。
    「どーしたもこーしたもねー! カトン島を、レヴィア軍が襲ってるらしい!」
    「何だって!? ……よし、お前ら!」
     アバントは造船所の皆に、手早く指示を出す。
    「10分で片付けだ! すぐ、向かうぞ!」
    「おう!」
     バタバタと片づけを始める周囲に、フォコは何が起こっているのか把握できない。
    「ホコウ君、あたしたちも準備」
    「え? えっ?」
    「海賊、やるの」
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【なんとなく作ってみたー】へ
    • 【火紅狐・初陣記 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    今でも「ならず者国家」と称されるような国や紛争の絶えない地域では、
    悖乱の限りがつくされています。
    いや、治安が行き届いていると言われている日本においてさえ、
    ほとんど毎日のように、犯罪に関する報道が成されています。
    平和などと言うものは、本当に稀有な事態です。

    こちらこそ、今年も一年を通してご笑覧いただき、
    誠にありがとうございました。
    来年もよろしくお願い致します。

    NoTitle 

    昔は治安も悪かったですからね。
    義賊みたいなところも実際多かったでしょうね。
    海の平和を乱すものは軍でも戦う
    戦国時代でもよくありましたしね。


    こちらは小説収めとなります。
    今年一年訪問誠にありがとうございます。
    本日で今年最後のコメントにさせて頂きたいと思います。
    一年間お世話になりました。
    来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください。
    (*^^)v
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【なんとなく作ってみたー】へ
    • 【火紅狐・初陣記 2】へ